<< 広告論(Ⅰ) 線路は続くよ  >>
2005年 03月 15日
梨の木神社
今の私の部屋の水道水は、毎日使っていても、最初は麦茶色で、そうでなくても鉄分が豊富なです。飲むと、なんだか味がするし、飲む気になれないこともあって、週に二回ほど梨の木神社に水汲みに行っています。

 平日だとそれほどでもなのですが、運悪く(計算せずにいると)、けっこう人が並んでいます。

 こういうときはできるだけ、汲んでる人を見ないようにしています。私は、4リットル入る、焼酎のペットボトル(*自分で飲んだものではない)と1リットル入る、プラスチック製の水筒に入れますが、前の人が終わったらすぐに(水は蛇口から出てくる)無駄に流さずに4リットルのペットボトルに水を入れていき、終わる前に1リットルの容器を持ち、ほとんど間をいれずに入れていくのです。

 平日来る人は、大体慣れているので、この辺の動作は素早い人が多いのですが、休日に来る人は、前の人が終わってから、容器を取り出す、なんてことをする人もいるのです。
 次のペットボトルに移るときも、無駄に時間をかける人。

 見てるといらいらします。しょうがないので、そのとなりの木の葉なんかを見てます。まったく、平日にこりゃあ、こんな思いしないで済むのに、、と考えながら。

**

 挨拶はしたり、しなかったりですが、やっぱり、お互いスムーズに挨拶したときは気持ちいいですね。 一度、ここは夜6時半なんですが、ぎりぎりに来て、1リットルしか汲めなかったとき、前に来てた人と、

「ここって何時までですか?」
「そろそろですよ」
「あっ、ちょうど今止まりました」
「私の少しあげましょうか」
「家、すぐそばなんでいいです」

と話したときは、その人との相性もあるのでしょうが、気持ちよかったですね。

 こないだは、わざわざ、列から離れたところにいて、私が入ってから5分ほどそこにいたままで、いきなり、「私並んでましたから」と、割り込む形で入ってきたときは、そうなんだろうけど、
なんだか、わざわざ人を不快な思いにさせるのを楽しんでるようで、いやですね。

**

 朝早いといいですね。6時に、犬を連れたおっちゃんが、栓を開けに行きます。

 6時半になると、ちかくの、おじちゃん、おばあちゃんたちが集まってきて、ラジオ体操がすぐ横で始まります。

 最近、こんな時間に行ってないですが。。

 梨の木神社も、時間ごとに、違ったひとびとが違った絵を映し出します。
 
[PR]
by taiji_nakao | 2005-03-15 01:24 | エッセイ
<< 広告論(Ⅰ) 線路は続くよ  >>