<< OST(オープン・ソース・テク... 茹でガエルと植えた木を飛ぶ忍者... >>
2009年 05月 19日
新型インフルエンザ
すごく騒がれているらしい

らしいというのは家にはテレビがないからよくわらない。
でも、今朝の電車のマスク率は昨日よりぐんと高まっていたのはまちがいない。
あれは、噂話とか個々人が気になって変わる変化ではない。

でもよくわからない。
主に情報源は日経新聞とヤフートップのニュースといくつかのブログと、ちょっと検索した程度だけど。
なぜ、今こんなに騒がれなければならないのか。

インフルエンザの変異の確率が今年になって増えるとは考えられない。
なぜ、去年とか一昨年はなんもなかったのに、今年なの?
いえ、SARSはありましたけど。
でも、こんなんではなかった。

日経新聞なんて、毎日「世界の患者数」が出ている。

長期的に考えれば、人間が増えすぎたことが原因の1つなのは間違いないと思う。
それは思想的な意味じゃなくて、草食動物が増えればそれを食べる肉食動物が増えるのと同じことで。
人間という似た「環境」が膨大になれば、その環境で特に強く増殖する生命(?)が大繁殖する可能性にさらされるのは自然の摂理だと思う。

でも、もちろん、人口増加はここ数年の話じゃあない。

もう1つは、ペニシリンなど強力な抗生物質に耐えうるウィルスが現れ始めているということだ。
こないだ読んだ「生物と無生物のあいだ」(これはよい本でした)にも書いてあったし、いろいろなところで聞きます。薬が効かないインフルエンザが流行したら、それは恐ろしい。

だが、今回のはどうも効くらしい。

とすると、専門家はこれから流行しそうなウィルスを予測できて、その予測されたウィルスが今までにないほど感染力のある、恐ろしいもの、ということなのだろうか。

こないだ、セキュリティの勉強会で、ウィルスはウィルスでもコンピュータウィルスの話で、今世界のウィルスのほとんどは-まだ世に出ていないのも含めて、巨大なセキュリティ会社(S社とか)が持っているらしい。
世に新しいウィルスがでてから、そのワクチンがでる速度があまりにも早いので、そうでないと説明できないという。

「リアル」のほうのウィルスでも、同じような話はアメリカ映画とかにありそうな話だ。
だから、いよいよ今度はやばいのが(実物?をすでに持っている??)来そうだ、とか予測しているのだろうか。

スペイン風邪以来の、とかウィルスが特定される前から騒いでいたことに根拠があるなら、そういうことでないと説明は付かない。

でも、鳥インフルエンザが警戒されていたところに、豚は意外だったとかいうところからすると、そうでもないらしい。

結局よくわからないけれど、あれこれ考えて、やはり、「今年だけが特別」ではない
というのは確かな気がする。

今回のウィルスが想定したウィルスと違っているなら、現在は今回の新型ウィルスが現れる前と同じ、すなわちいつ(今回とは別の)新型ウィルスが新たに現れ流行してもおかしくないという状況なはずだ。

そうすると、次のどちらかの結論しかない気がする。

1.実は今年は特別でないし、今回のウィルスもそう騒ぐほどでもない
だといいですね。

2.今後、ウィルスが現れるごとに同じ状況に晒される
でないといいのですが。

で、どっちにしても、今の対応は合理的でない気がする。
初めてだから仕方ないのかもしれないけど、もう、「対策をしないでいて、何かあって責任取らされるのだけはごめん」がどんどん際限なく連鎖しているように思う。

2.だったら、どうするの?
医療現場はただでさえ疲弊していると聞く。
こんなことを繰り返されたら、現場はたまらないと思う。


でもやっぱりわからないこと。
新型インフルエンザが今まで騒がれず、今年になって騒がれている理由は何なのでしょうか??
[PR]
by taiji_nakao | 2009-05-19 21:30 | 考え事
<< OST(オープン・ソース・テク... 茹でガエルと植えた木を飛ぶ忍者... >>