<< スキンを変えてみた ダイアローグbar・地域SNS... >>
2009年 06月 27日
ブロガー規制について
ブロガー規制の記事を紹介した、
ブロガーの責任を読んで、コメントに書いて、もう一度コメントしようと思ったところで、長くなったので、以下そこに書こうと思った内容。ちょっと、話がわきに行ったりしてますが。

>>>>>>>
日本は特殊らしい。

SNSで匿名なのは信じられないみたいです、海の向こうでは。

でも、インターネットで実はルーティングのログが残ってるから、実は現実よりすべての言動に記録があるんだ、ってどこかで読んだ。

自己満足な氏ね的発言が大半な現状の打開策には、実名しかないのかな、という議論はよく聞く。
実名以外にもないのかな。とも思ったりも。

意図して騙そうとすることは、これは違う次元かと。一言でいえば、騙されるのが悪い。

それは、マクドナルドが少し前にサクラをやったとき、個人的にはどうでもよいと思ったのと、似てる。

オレオレ詐欺のような、明確な詐欺の場合、これはルールとかあってもなくてもやるので、ここの議論とは少し違うのでおいておいて。。

マクドナルドのサクラのようなうそについて、あるいは特定の団体の人が偏った情報のみを挙げるときなどちょっと、微妙なケースかと。

「騙された」と後から言う人は、結局、最後の判断を自分でしていないか、有力な根拠としてその人を認めてしまっている。

前者について。影響力のある人に、多くの人が頼ってくるのだけれど、人の判断をこちらでしてしまうのは、やってはいけないことだと思う。その人の人生の面倒を見れるなら別。家族ならありうるかもしれないくらいの話。そうでないなら、人が判断することをこちらで決めてはならない。それは「人の心を弄ぶ」という。

後者について。偏った情報しか流していない人を「有力な根拠」として妄信してしまうのは、結局そう考える本人が甘いということだ。

ホリエモンがブログを最近ブログを熱心に書いていて、ちょくちょく読んでいる。堀江氏は、裁判に至る批判に対して「徹底抗戦」している。本人の考え方に若干変更があったように思えるのだけれど、それはともかく、私はその姿勢に共感する。ただ、堀江氏が「事実と異なる」として批判したブログへ行くと、ホリエモンの書いた意見まんまをそのコメントに書いている人がたくさんいて、なんだか悲しくなる。

読む人にとって、コメントを書いた人がホリエモンのブログを読んだという以外何の価値もないコメントだ。だが、そこが問題ではないのだ。コメントを書いた人は、自分は「真実を知っている」と思って、その気分のまま一緒にヒハンして、それが気持ちいいのだ。コメントの大半がこうなってしまっていることが、日本のブログ・SNSでの最大の課題だと思う。

ただ、ここでの論点は「書き手が意図的な情報を流すことを規制すべきか」だ。
そして、私はそう思わない。

悲しくなってくるが、一部のソースを妄信してしまう人がたくさんいることは日本の側面なんだと思う。別に日本に限らないと思うけど。インターネットをよく観る人は、マスメディアに批判的になるだが、よくよく話を聞くと一部のソースをそのまま信じ込んでたりする、という話はよく聞くし、私もそういう人を何人か知っているので想像できる。

だが、そういう人を守るために、書き手を規制する、というのはちょっと違うと思う。それより、どうしたらもっと視野を広く持てるような機会を作れるか、という話だと思う。

話がずれてきていて、たぶん、今話題になっているのは、口コミマーケティングとかの話。
そして、「信頼ある口コミマーケティング」をしている組織が、そうでなくて無尽蔵に何でもあり的な現状を何とかしようということなんだろうと思う。

私が思うことは、その動機はあくまで、「信頼ある口コミマーケティング」をやってるところが「自分のところは信頼ある(つまり本音を書いてもらってます)」と証明したいということだ。それは自然な動機だし、もちろん共感できる。自分のサービスが、健全なサイト(SNS)であることを証明したいと思うのと同じ。

だが、「人を騙すことを規制する」というなら話は別だ。
そもそも騙すという意味が曖昧だし、人格や倫理の話になってくる。基本的に倫理を規制によって正そうとすることは無理があるし、それでは幸せになれないと思う。

世の中には、機会があれば騙そうとする悪い人はいるし、簡単に人を信じてしまう人がいる。でも、そうやって回っている。もちろん、騙すレベルによっては法によって裁かれなければならないけど、世の中とはそういうものだというとこを出発点にしないとつらいよなあ。と思うわけです。

それを規制によって変えようとしても、無理だと思うから。

それに、すでに雑誌で起きてるとだよなあ、と思います。記事だと思ってたら広告だったとか。
でも、そういう雑誌って、読まれなくなる。だから、最終的には読んでもらいたいなら、ちゃんとした記事を書かなきゃならなくなるという話で。それを規制するとか、ちょっと考えにくい。ブログも同じだと思う。

まあ、雑誌の場合というか、この無料無料の社会で、ライターなどの職業クリエーターがどうやってお金もらうの、という話があるけど、それはまた別の話。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-06-27 10:45 | 考え事
<< スキンを変えてみた ダイアローグbar・地域SNS... >>