<< 本 Kanasan.JSに参加 >>
2009年 09月 08日
ウィリアム・ケントリッジ
実家で柴犬を飼っている。

「ぴっぴ」:メス:今年で確か11歳
もうおばあちゃんですね。

それが土曜日の夜の夢に出てきた。

ぴっぴは、どういうわけか2匹いた。
分裂したらしい。
で、一方はちょっと病気というか、傷ついていた。

そっちに対して、もう一方が、襲いかかった。
襲いかかった方が、もともとの「ぴっぴ」だということはわかった。

大きな、なぜか、口がとてつもなく大きくて、それでもう一方をくわえてしまうくらい大きくて、
それでかみついた。
「ぴっぴ~!!」
と私は叫んで、なんとか、口を外した。
そんなこと、たぶん、難しいと思うんだが。

それで、かまれた方を解放する。大丈夫か???
気がついたら、毛むくじゃらの犬がもう一匹いて、どうもそいつも家で飼うことになってるらしい。

それで、そんな、意味不明な状況の中で、ぴっぴの行動は、
ほら、弟や妹が生まれたとき、みんなの関心がそっちにいっちゃって、それで寂しがっての故なんだな、
と理解していた。。

・・寝起きは、わるい。
まったく、なんでこんな夢をみたんだろう、と思ったら、結構単純で、
土曜日に図書館に行って、最初、ついでに向かいのルーブル展に行こうとして、
とてつもない人混みに5秒で嫌気がさして、それでその向かいのがらがらの国立美術館に入った。

そこでは、ウィリアム・ケントリッジの展示をしていた。
もちろん、それが誰かしらなかったけど、久しぶりに入って。

で、けっこう、シュールで、ちょっと怖いドローイングというのですか、
絵やアニメーションがたくさんあって。
もう、おなかいっぱいになるくらい。

わるくはなかったけども。

昔から、映画とか観ると、すぐに夢に出てくる、けっこうわかりやすい体質だと改めて実感。


人間だと77歳になろうかというぴっぴは元気かなと思いつつ。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-09-08 00:00 | にっき
<< 本 Kanasan.JSに参加 >>