<< コンビニのポイントカードは作るまい 中小大学が生き残るには >>
2009年 09月 15日
小説2冊
「FINE DAYS」 本多孝好

村上春樹チックで、ワザとらしい描写がちょっと鼻について、長いこと放置された後、再読。
短編集で、なかなか引き込まれてしまった。
相変わらず、ところどころの不自然な表現が気になるけど、こういうストーリーのがすきなのかな。

Book OFFは正直なのか、主張なのか、「850円」と「200円」の2つの値札がついている。
(払ったのは250円)

今思ったけど、このシールをうまいこと貼ったら、ごまかせたりするんじゃないだろうか・・・


「おがたQ、という女」 藤谷 治

これも、ブックオフにて。
おがたQ、というタイトルに惹かれて。
これも引き込まれました。

引き込まれると、「降りた」駅のベンチで座って読んでしまう。
これが最近のマイブーム?
[PR]
by taiji_nakao | 2009-09-15 22:46 | にっき
<< コンビニのポイントカードは作るまい 中小大学が生き残るには >>