<< ゼミに参加する 小説2冊 >>
2009年 09月 16日
コンビニのポイントカードは作るまい
コンビニは使わないほうがよいのはわかっている。

第一に、高い。
同じ商品が、スーパーなら半額とかで売っている。
自炊するか、お茶を作れば遥かに安い。

そして、健康によくない。
それに、おいしくない。お茶屋さんで買ったお茶を沸かせば、20分の一の価格で遥かにおいしいお茶を飲むことができる。

だけれど、週に何度もコンビニに入ってます。
飲み物がないとき。朝ご飯を家で食べる時間がなかったとき。
疲れて、甘いものがほしくなったとき。お腹がすいたとき、ビールが飲みたくなったとき・・・・

便利なんですよねえ

会社の近くにローソンがあって、一時期は週に3度は買っていた。
毎回のように、「ポイントカードはございますか」と聞かれる。
「ありません」という。

ファミリーマートでは、「ツタヤかファミリーマート・・」と言われて、
たいていは、もっていないのだけど、たまたまツタヤに行こうと思っていて
持っているときでも、「ありません」という。
これは、ちょっとやけだ。

でも、最近、その方がよいのだ。
と思っている。
ポイントなんざ、ただの1%引きだ。

月に5,000円使っているとしても、50円だ。
しかも、複数の会社でつかうだろう。

1年に1回でもいい、ポイントカードを持たないことによって、200円の買い物をやめるようになったとしよう。
この場合、200円の「得」だが、この分のポイントを稼ぐためには、2万円分の買い物が必要なのだ。
ひとつの会社で年に2万も使わないから、金銭的にも十分ペイ(?)する気がする。

私は、多くの人がそうであるように、ポイントが貯まるのを快感に思う。
それなら、自分が「溜まるほどよい」と思うことで貯めたい。
例えば、スーパーのポイントカードとか。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-09-16 23:23 | エッセイ
<< ゼミに参加する 小説2冊 >>