<< コーダーのお話 ピクルス >>
2009年 09月 26日
お金持ちについて
お金っていうのは、基本的に使ってもらった方がよい。
そうしないと、経済が回らない。タンスに寝かしておくものじゃないよって。

だけど、「お金持ち」が「贅沢な」使い方をしているのを見ると、嫉妬するのだ。
あるいは、軽蔑する。

例えば、この間、京阪の深草から丸太町が最寄りに家が有るという人が、タクシーで帰っていた。
まあ、荷物も有ったし、腕を骨折していたというのもあるんだろうけど、
「丸太町までは電車に乗れよ」「お金持ちなんだな、」
とか思ってしまう自分がいる。

いいじゃないかと。
量に対する浪費は、例えば、とても食べきれないほど買って、ほとんど捨てるとかはまあ、反発しても自然かと思うのだけど。

利便性についていうなら、あるいは趣味とか、いいじゃないかと。
なんでそう思えないんだろう。

もっともっと使ってもらいたいのだ。
少しでも便利なもの、よいもの・サービスには惜しまずにお金を使って頂きたい。
使って、良いサービスならよいと、悪かったら、何これ?とか言って。
それで、いい仕事ができるようになる。

そう思えないのは、質素が美徳の精神なのかな。
それを、定着した階級にしてしまって、あの人たちとは違う、とかではなくて。

阿波踊りの会場で踊りをみるステージ内の席は有料で、なんで?
とか最初思ったけど、阿波踊りはそこに入らなくても十分堪能できて、
でも、ちゃんとしっかりと押さえておきたい人はお金を払って(まあ、これはけっこうたくさん入ってましたけど)観ればいいわけで。運営にしろなんにしろ必要なお金を、稼ぐことができる。

お金を使うってことについて、とてもネガティブになっていますね。
実際にお金がなくなっている状況下では仕方がないのだけれど、それ以上の「安さへの執着」があるし、それも仕方ないとしても、「安さへの執着を持たない人への嫉妬」はなくせないのかな。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-09-26 13:02 | 考え事
<< コーダーのお話 ピクルス >>