<< 自己実現という言葉の違和感と価... コミュニティが広がっていくための条件 >>
2012年 01月 14日
人口の流動性が高い時代のコミュニティ(1)
先週、京都シェアハウスサミットというイベントに参加しました。

コンセプトを先に決めて、その後に住む人、住む物件を決めるという流れをサポートするサービス、コリッシュの代表小原氏と、京都の6つのシェアコミュニティ(共有オフィスも含む)の人たちが参加するイベントでした。

コリッシュのサービスは非常に刺激的でした。
たとえば、トキワ荘プロジェクトでは、漫画家志望の人だけが一緒に住むスペースが提供されています。
本気の人限定で、すでに最低ひとつの漫画を書き上げていることが入居条件の一つということです。

この他にも、農園つきの家で毎週、農家の方を呼びつつとれた野菜でパーティーをするシェアハウスなど非常に興味深い事例が盛りだくさんでした。

また、シェアハウスの住人、管理人の人たちと話していて、非常に面白かったです。

イベントについては、以下のページが詳しい報告があります。
1/8 京都シェアコミュニティサミット、開催しました

私自身は、大阪の一般的なマンションに一人暮らしですが、京都のシェアハウス「お結び庵」には月に一度くらいは泊めてもらっていて、とてもお世話になっています。

このイベントを契機に考えたことを、まとめてみます。

近所づきあいが変わったことの根底にあるもの

 モラルの低下という話なのか

 私は住んでいるマンションの人たちとは全くといっていいほど交流がありません。引っ越したとき、結局挨拶のしなかったですし、ごくまれにすれ違うときも、軽く会釈するか、しないか程度です。

 大きな声で挨拶する、引っ越したら何かとお世話になるんだから、挨拶する、というのはマナーのひとつと言われてきました。なので、私はマナーがなっていない、と言われてもしょうがないとは思っています。

 でも、以前は当たり前だとされていること、あるいは、田舎では当然とされている、挨拶だとかを含めた近所づきあいがなくなってきているのは、「モラルが低下したから」なくなってきていると言えるのかは疑問に思います。

 鶏と卵のような話ですが、私が今まで読んだり聞いたりした中で一番納得したのは、人口流動性が高くなったことが原因、という説明です。

  うるさい飲み会を静めるモチベーション
 
 Aさんがすんでいる家に、Aさんのお兄さんが友達数人を連れて遊びに来て、飲み会をはじめたという状況を想定してみます。AさんもAさんのお兄さんの友人たちと面識があり、一緒飲んでいる、というような想定です。

 さて、深夜にもかかわらず、若いAさん兄弟と友達で盛り上がってしまったとします。Aさん、ちょっとタイミングを見計らいつつも、「もういい時間なんで、ちょっと静かにお願いします。」みたいなことを言うでしょう。
しかし、よくあることですが、10分もするとまた騒がしくなってくる。

 ここでのAさんが注意するモチベーションを考えてみます。

その1として、Aさんが生まれ育った土地で、いわゆる実家だったとします。Aさんの祖父の世代からこの土地に住んでいて、両親も近くに住んでいる。Aさんもずっと住むつもりだし、その子供、孫もこの土地に住むであろうという場合。

その2は、Aさんは都会で暮らしている。1年前に引っ越したが、2年契約で更新時はもちろん、その前に他に引っ越すかもしれない場合。

1と2では、注意するモチベーションは、全く違ってくるのが人間というものでしょう。

その1のケースの場合、ずっと生活する自分はもちろんですが、自分の親や祖父、下手をすれば子供にまで悪影響が出る可能性があります。静かにさせるでしょう。

しかし、その2のケースでは、隣人たちとは数ヶ月後には別れる可能性が高く、そして、おそらく一生会うこともないのです。

あまりいい例でないかもしれませんが、しかし、これはあらゆる「近所づきあい」と呼ばれるものに共通します。例えば、旅行へ行った時のお土産を買うか、なども同じ構図にあるでしょう。何世代にもわたってお世話になる人と、数ヶ月後には二度と会うこともない人とでは、相手にコミットする動機が変わるのが人間というものです。
(つづく)
[PR]
by taiji_nakao | 2012-01-14 18:00 | コミュニティ
<< 自己実現という言葉の違和感と価... コミュニティが広がっていくための条件 >>