<< 「男のロマン」についての考察 世界展開は文化の伝播 >>
2012年 07月 08日
キュレーションは人がすると精度が高いならその人を支援するのが良いのでは
Twitterで自分のフォローワに声をかけてオフ会をしたという話を聞いた。その話の中で、この会は出会い目的ではないですからね、と念を入れた、というエピソードから連想したのが、

やってみよう研究所のブログ、
学生街のニュービジネス
いきなり声をかけて異性のマッチングを商売にしているという人に会った体験談。

オフ会の企画もそうだけれど、その場が良いものになるかはひとえにオーガナイザーのセンスと力量に掛かっている。

それで、そこからまた思い出したのが、
人材業界 と零細ブロガー【採用マッチングパーティーの人集め】
人材マッチングのビジネスは現在非常に高額だが、ある程度の力のあるブロガーは一定層を集める事ができる。
そんなブロガーが力を発揮すれば人材業界では価格破壊が起こるだろう、ということ。

これはそうなりそうな気がします。

同じ理屈で、結婚紹介サービスも変わるかもしれない。

ちょっとここに書くのは恥ずかしいのだが、以前、某大手の結婚紹介サービスに登録した事がある。
どんなシステムになっているか興味があったのと、広告のバナーはいかにも少しの情報を登録するだけで完了するようであったからなのだが、実際は相当に詳細な情報の登録を要求され、ちょっとやめようと思いつつ登録した、と言い訳。

そうしたら、郵便で資料が送られてきたのだが、中にあなたにマッチするであろうというA子さんの情報があった。
もちろん、匿名なのだが、住んでいる市町村、職業、年齢、そして身長までが書いてあり、なるほど、こうやって妄想、もとい、想像をさせてイメージを鮮明にしていくのだなと思った。

そのまま放っておいたら、おばさんから電話があった。
いかがですか、という営業電話である。システムとしては、その後に実際にこのおばさんと面談して自分の状況や望みなどを話すのだろう。そして、実際に紹介してもらうためには確か5万とか払う必要があった。行きませんでしたけど。

各種サポートのしくみがあると予想されるにせよ、このシステムの要はおばさんであろう。
だから、このブログの文脈で行けば、おばさん、個人紹介サービスとなる。こう書くと、昔から自然にあったことのようにもおもえる。
でも、人材系なら情報を持っているアクティブな人の元に若者(=転職候補)は集まるのは自然だが、このようなおばちゃんの元に自然に若者が集まる事はちょっと想像しにくい。
いや、「私は400組を成立させました」というカリスマが出てくるかもしれない。ちょっと気持ち悪いけど。

少し考えてみると、飲み屋の店主なら、このキュレーターというかコーディネーターになりそうななので、最近流行の街コンと組み合わせて、街コンの参加者のエントリーを店経由として、対象を絞って小さめに開催するとマッチングだけを考えるなら効果的かもしれない。

それともう一つ。これは先日のワークショップで自分たちのチームで話していたこと。

最近、キュレーションサービスというのがある。
TwitterやFacebookのIDを登録し、興味のあるキーワードを入れるとそれに関連するニュース記事を抽出してくれるものだ。
VingowやGunosy、Flipboard、Ziteなんかがある。
最近、私は、英語の学習も兼ねてZiteをチェックするのと、日本語のニュースはFlipboadでいずれもiPadからみている。Gunosyは登録すると毎日メールを送ってくる。
そこではTwitterやFacebookで、私のフォローしている人や友人間で話題になったニュースが中心に紹介されている。

Vingowなんかをみても精度はとても高いと思うが、しかし集めだすと情報はそれでもたくさんになるので、これらのキュレーションサービスから情報を拾ってフォローワーに渡すという形は理にかなっている。

佐々木俊尚さんのように、情報を探して紹介する事をしている人はいるが、佐々木さんクラスに有名どころだと、日刊佐々木新聞なわけで、フォローしている人にマッチするかではなく、フォローする人が佐々木さんの情報を欲しいと思うか、という世界。

ならば、フォローワーが関心を持つと思われる情報を収集し、キュレーターが自分のフォローワーがその中から自分のフォローワーが関心を持つ情報を抽出し、かつ関心のある人だけに情報を発信する、ということを支援できればなお精度の高い情報を取得できる。これは便利では。

ちょっとだらけましたが、

人材紹介、異性紹介、情報の配信
のどれも、人間(コーディネーター)が介した方が精度は高いので、
システムはそのコーディネーターを支援する方向に進化していくのもありなんじゃないかな、というお話。最後の結論は、以前少し手伝っていた、京都府内の地域SNSでの会議でも議論した内容なことを思い出した。
京結び
[PR]
by taiji_nakao | 2012-07-08 12:41 | 考え事
<< 「男のロマン」についての考察 世界展開は文化の伝播 >>