<< リンク集のこと 木の家 >>
2006年 02月 12日
泳ぎ始める
今日、ついにスポーツクラブに入会した。
何も、四万十川で溺れそうになったからではない。

*お隣に施設がある。
*シャワー・サウナ付。家に風呂がなく、いつもコインシャワーまたは銭湯。コインシャワーも、最近のように寒いと、100円10分ではつらく、自然200円かかる。となれば、シャワー代わりとしても機能。
*最近いっそうの運動不足は解消せねば。

と好条件が重なっていて、いつ入会してもおかしくなかったのだが、今日やっと手続きしたのだ。

一昨日、体験的に入ったとき、受付のお姉さんが、
「今なら、最初の月の会費・入会金無料のキャンペーン中です」
と、まるで、来月になったらこのキャンペーンは終わってしまうかのように話した。
うまい。プロだ。
以前、ADSL・光ファイバーのキャンペーンスタッフのバイトをしたことがあるが、この種のキャンペーンはいつでもあるので、あたかも「今しかない」と思わせるのは難しいのである。

私は読心術ができるわけではない。毎日のように前を通っていれば、一年前からずっとこのキャンペーンをやっていることはわかるのだ。(大きな幕がはってある)
そして、(あ、もう日が経ってしまった。来月の初めに入会しよう)と思い続けて半年たったのだ。

トレーニングルームもあって、走ったり、自転車こいだり、筋トレもできるだが、やっぱりプールだ。
ひたすら、平泳ぎ。1キロ泳いでやろうと決める。延々泳ぎ、あと100メートルというところで、店舗の業種を問わず、日本全国地域を問わず、早く帰るように呼びかける「あの曲」が流れ始める。
あと50メートル(一往復)のところで迷うが、ええい、行ってしまえとスタート。でも、なんだか悪い気もするので、ピッチ全開。気分は北島康介である。ちなみに、気分にまったく体はついていっていない。
無事終わって、シャワーを浴びるとさすがにフラッとくる。

サウナには、インストラクターのお兄さんがいた。
学生もたまに来るらしい。農学部の海洋生物の院生が来て、仲がよかったようだ。
そして、もっとくつろげるスペースがあったらいいですよねえ、と言っている。
ぜひぜひそうして欲しい。
既に、雑誌・新聞があるのはチェックしてあり、帰りは、閉まるぎりぎりというより、10分オーバーして追い出されるまで、粘ってしまった。
これで、くつろげるスペースがあったら、もう第二部屋のように居座れるのになあ。

まあ、何より、運動はいいです。体が、心地よい疲労感と、元気です、というような、軽く感じるようなサインを出している。

もう、年会費と来月分会費は払った。通い詰めるぞ~ と思って帰る。
[PR]
by taiji_nakao | 2006-02-12 18:01 | にっき
<< リンク集のこと 木の家 >>