<< 「炎上」とは、カビの生えること... 英語教育について >>
2006年 04月 06日
ぽかぽか陽気
郷に入っては郷に従え

という言葉、現代的意味は、
「新しく、集団に加わるときは、その集団のしきたりに従ったほうがいいよ」
というものだけど、田舎の排他性とか、京都の外の人への排他性(それはおそらく、排他性の強く、京の町人の信仰の厚かった法華経の影響もあると思うわれ)なんかに触れると、そんな甘いもんじゃなく、
「やむ終えず、新しく集団に加わるときは、その集団のしきたりに従わないと生きていけない=村八分になってしまう」
という、強烈な意味があったのでは、と勝手に推測している。。





* * *

最近、お金の消費が多く、貯金もなくなったところで、知り合いかっら短期バイトの誘いを受けて、それも時給1000円の割のいいのだったので、受けた。
医療専門書の店。

店の奥が、こじんまりした事務室になっている。
社員が2、3人プラスバイトとおもぼしき2人がいる。
全体に、経営不在感がぷかぷか浮いている。

9時からといくが、
「ちょっと、待って。」と言われ、40分くらい、時間をやり過ごす。
バイトAくんは、別のところへ移動。Bさんは、医療の専門書を読んでいる。
そして、社員はせっせとなりやら、本を移動するなどして働いている。
普段なら、ここはすぐに手伝いに行くところだが、手伝わないことが当たり前という空気で溢れているし、第一、本人も自分でやりたい、(人にやってもらう気は100%ない)オーラを出している。

ゆえに、ぼはーと、考え事をするくらいしかない。

* *

移動中、車の中では、
「タバコを吸う人種って、ほんとに追いやられてるよね、」
トークで盛り上がる。

この中で一番頼られている社員さん。
彼はたばこを吸う。私は、吸わない。でも、昨今の異常なまでのタバコを吸う人種への攻撃は異常だと思っている。

面白かったのだが、アメリカなんかでは、建物は完全禁煙なので、青空の下が、喫煙場所になる、という話。

* *

能率協会(略称JMAC)の会社説明会で。
ここは、例えば、世界的にも有名な、トヨタをはじめとする工場での「カイゼン」を一緒になって進めてきたコンサル。ニュージーランドなどでは、こうしたカイゼンをしていないような工場を、

not JMAC

という表現をするらしく、それを幹部が誇らしげに話していたのを思い出す。

今日は、専門学校へ行き、ダンボールに詰まった教科書を出して、一人一人の机に全種類を積み重ねる。
とまあ、こんな仕事。

not JMAC at all

それも、最初に1時間はよいが、その後、どんどか人が集まり、やることはなく、ぽかぽか陽気の下で、うとうとしていた。。

* *

南から北へ帰るのに、わざわざ込んでる東一条をつかうとか、もうぐだぐだ。
そして、正社員になって1年目のひと、「働いている自分をほめてあげたい」
ようだ。

そして、かれは疲れているようだった。

* *
全体に恐るべしコスト感覚で、う~ん、どう考えてもこの仕事、午前中で終わるな。
半日仕事、お金はいいけどなあ。

経験と成果は、ひれいしない。
[PR]
by taiji_nakao | 2006-04-06 23:33 | にっき
<< 「炎上」とは、カビの生えること... 英語教育について >>