<< 合同説明会 環境・農業ネットワーク ベンチャーフォーラム in 京都大学 >>
2006年 04月 17日
サークルの運営 (1)
やりたいことがあって、時間がある → 活動に参加する

好きだからうまく回って欲しい
新しいことをやりたい やっている人が気持ちよくやってもらいたい
後輩に伝えたいことがある
→ 無理ない程度、運営に参加する

杉良は、まだまだ一部の人に負担が偏っているとはいえ、
けっこう、この理想に近い形になっていると思っている。

****

院生がビラを配ったり、ミーティングに参加していると、
「かわいそうだね」
という感想を持つ人が多い。

確かに、1,2回生が一番自由な時間をもっている。

が、上の方式に当てはめる対象は、
2回生だろうと、3回生だろうと、院生だろうと、社会人であろうと、定年後であろうと関係ない。

そうでしょ?
[PR]
by taiji_nakao | 2006-04-17 21:06 | 考え事
<< 合同説明会 環境・農業ネットワーク ベンチャーフォーラム in 京都大学 >>