<< 木の家(2) 思わず目が涙で潤んだ話 >>
2006年 05月 27日
小島さん
さっきまで、サンアクトの小島さんと居酒屋で飲んでいた。

ビール3杯+焼酎1杯で頭はまわっている。

小島さんと始めてお会いしたのは、1年と半年くらい前の「喋り団」のイベントの時以来で、そのときが初対面だった。このとき私は始めて、「ブログ」という単語を知って、以来、バーチャルの世界での行ききはあった。

それで、久しぶりに会うということになって、今日。

この居酒屋は、マスターおじちゃんは、入ったとき寝ていたのだけど、うん、雰囲気悪くないお店。焼き鳥を一通りいただく。

小島さんはかっこいいひと。う~ん、なんと言ったらいいか。尊敬する大人というか、先輩というか。そういえば、会うのは2回目であって、待ち合わせ場所でも、一瞬本人かためらうような関係なのだが、なんだかずいぶん前から知っているような気がする。
うん、それは小島さんの気配りもあるのかな。

いろいろな話をしていたけれど、やはり、社長という言葉は重い。
18人社員がいて、その社員には家族がいて。両親がいて。その全員を背負っていると。

あと、サンアクトのイメージではなんとなく、「ベンチャーの会社」というより、「社会貢献の会社」というイメージだったけど、年収という側面から見ても急成長を遂げている会社なのです。確かに、これは世間一般の「ベンチャーの会社」のイメージです。

会社を、社員が家族に誇れる会社にしたい、という話、そのために自分は、社員の3倍も働かなければならないと。
カッコいいです。

経営者であり、常にコスト意思がある、という話のとき、じゃあ、今日はどうなんだというとき、アルコホールがたまりつつの頭をひねろうとしていましたが、出てこないですね。そうは。

出て時間を見ると、12時を回っていた。
時間経つのが早い。
[PR]
by taiji_nakao | 2006-05-27 01:05 | にっき
<< 木の家(2) 思わず目が涙で潤んだ話 >>