<< ためらいの倫理学 クリエイターズミーティング >>
2006年 06月 29日
ギャル語でバトン
指定型バトンなるものが渡された。
バトンはあんまり好きでないけど、せっかくなので書いてみる。

最近、ギャル語変換というサービスを見つけて、気になっていたので、この際に利用してみることにした。

しかし、こんなんほんとに使ってるのかなあ。
変換の度合いが、ちょっと→そこそこ→とことん とあるので、徐徐にレベルを上げていくことにした。読めるでしょうか。ここまでくると、暗号に近い。

文字化けしてるわけじゃないです。
あ、でも、上の変換のサイトでは使うごとに文字化けでしたが。
「とことんを超える」と、文字化けなのでしょう。
案外、そんなもんなのかもね。

ちなみに、指定は[杉良]でした。

■■■[指定型★バトン]のルール■■■
◆廻してくれた人から貰った【指定】を【】の中に入れて答える事。
◆また、廻す時、その人に指定する事

◆最近思う【杉良】
すτきた〃

◆この【杉良】には感動!!!!
作業後にも、夜遅<まτ〃食∧〃飲み
みωな、個性的τ〃す

◆直感的【杉良】
某俳優K似τぃる
ゃま ぃも、・然派

◆好きな【杉良】
日中は、鎌を研き〃、草を刈り、
夜は、存在ッτイ可`⊂語ゑ

◆こんな【杉良】は嫌だ!
ゐωTょτ〃、≠〃ャ儿語τ〃⊃彡ュニヶ→ショ冫すゑ

◆この世に【杉良】がなかったら
今σ禾ムレ£レヽTょレヽ★`⊂レヽぅ人ヵゞ、結構レヽゑτ〃Uょぅ★

◆次に回す、5人(『指定』付きで)
ゃレ)T=レヽ人、ゃッτ<T=〃±レヽ指定レ£、[≠〃ャ儿語]τ〃
[PR]
by taiji_nakao | 2006-06-29 00:05 | にっき
<< ためらいの倫理学 クリエイターズミーティング >>