<< 英や米に産直住宅 当ブログは、、 >>
2006年 07月 17日
テスト前の兆候
テスト直前になると、やる気がなくなる、という持病がある。
これは、中学校に入ってから「テスト前には、テスト勉強はするのがあたりまえ」となって以来、何度かに一度は発病し、困ったものである。

だから、前回の投稿で「ねたがないければ書けない」などと書きながら、ネタがないのに書きたくなってしまう。

ご飯を食べて、ふう、と一息つくと寝転がって本を読みたくなる。
こないだ、友達が思いがけずたくさん本を貸してくれた。まず、最近ここでよく登場する、内田樹の本、5冊くらい。この人は、やはり好きで、すらすら読んでしまう。
小説は、田中小実昌の「ポロポロ」はなんだか少し好きだったが、小島信夫の「抱擁家族」は読んでいてしんどくなってきた。
府立図書館でてきとうに借りてきた、「大砲のある村」金子修は、ちょっと前にはまった星新一的なショートショートで、そのシュールさがいい。けど、文章に洗練さがたりないね、などと批評する。

なんだか、歩いて移動したくなって、雨の中をかさをさして出かける。
狭い道が好きで、そういうところがあると、入りたくなってしまう。百万遍の少し西北あたりを歩いていると、なかなか面白い。
ずいぶん狭いけれど、扉にもレンガがついていたり、あるいは、空き地に石がしいてあって、その上になぞな置物が置いてある空間があったりする。

図書館より、喫茶店の方がお金を払ったということもあるし、集中できる。
最近のお気に入りは、ジャズ喫茶「ムーラ」。
アロアナも飼っている。
今は、ワシントン条約で野生のものを輸入はできないから、育てたものを(ICチップで管理されているらしい)購入したという。

やや暗いのが難点だが、店の中のやや大きい音量は逆に集中させる。
ここは、ライブもやっていて、こないだ、知り合いを誘っていく。
マスターは面白い人で、よくはなしかけてくるけど、ここでは、ひたすら勉強することにする。
まあ、最低2時間は粘る。
昨日もライブがあって、こないか、と誘われる。ヴォーカルの声は聞いてみたいなと思ったが、さすがに1500円をとんとん出せないし、(勉強しなさい)という声が聞こえてくる。

ここの店では、コーヒーチケットを買っいる。
この手の回数券は、すぐに手を出す癖がある。
京阪の時差別回数券を買って、期間内に使い切れずに、金券ショップに売ったこともある。
目下の不安は、8月12日までに京阪の淀屋橋への回数券を使いきれるか。
今のところ、一回分余りそうである。。
しかし、この喫茶店は、コーヒーに限らずなんでも使えるし、だいち、まだできて半年くらいだ。いい店だし、つぶれないだろう。

プールにすぐ入れるというのは嬉しい。
ひたすら、平泳ぎ。今日も泳いでいたが、たまにはクロールもいいかと思ったが、なぜかクロールは飽きる。めんどくさい気がしてくる。平泳ぎは、上手になった気がするが、じっさいのところはわからない。

そうして、メールを読んで、ネットを開き、mixiをチェックし、お気に入りブログをチェックし、やれやれ。。。
[PR]
by taiji_nakao | 2006-07-17 18:16 | にっき
<< 英や米に産直住宅 当ブログは、、 >>