<< 終電とサラリーマン(未) 止まった時間 >>
2006年 09月 21日
辞めるなよ
一昨日、バイトの最後の日だった。
もう、バイトを辞めて規則正しい生活を送ろう、と思った。
やらなきゃならないこともたくさんある。

最後なら、おれが奢ったる。
と最近のお得意さんナンバーワン氏はいう。

この人が、最初に来たとき、やくざかと思った。
そのときは店が混んでいて、カウンターに座った。
店の人や女の子は他に当たって誰もいないので、話しかけたほうが良いかと思って、話しかけたら第一声、「お前はおんなか?いらねえ。あっちいけ」
である。まあ、そういわれればあっちへ行くしかないのだが。

そのあと、「さっきは悪かった。まあ、ビールでも飲め」とくる。
そんで少々話していると、就職しますという話になって、それで、「どこに就職するんや?」ときかれ、「多分、知らないと思いますが」と言ってしまった。
確かに、失礼な言い方だった。「あっち行け」

そのとき、この人は自慢の後輩を連れていた。
今日はこいつに、自由に金つかわすんや。
とかなんとかいって、出してみい。といったら、懐からなまで100万(らしい)の札束をポン、と出した。

**

それ以降、俺がこの店をよくしたる。
といいながら、店の常連となった。
さすがに、最初に来たほどのことはなかった。

一昨日最初に来たときのことを、「世の中には理不尽などうにもならないことがあるということをいいたかったんや」
といっていたが、どんなもんやら。

何が食いたい?
なんでもいいぞ。

といわれて困り、ちゅうか。
と言ってみる。

店の人は、こんな時間(午前1時半)に開いてる店あるかしらといって、探す。

それで、その先では、初めて、ふかひれだの、あわびだのをたらふく食べた。
確かに美味しかった。

特にふかひれのスープをかけたチャーハンは旨かった。
出てくるえびは大きくて、歯ごたえがあった。
などというと、子どもっぽい。

あわびは、いうほどうまいもの、とも思わないが、しかし、美味しいね。

**

ものすごい自信家で、まあ、それだけ実績も残してきたのだろうけど、いつも、いろいろ話す。
というより、言い聞かせる。
おととい一番繰り返していたのは、ちょっと意外で、「やめるなよ」だった。

最初に、自分で選んで入った会社を、ここでは自分の力を発揮できないなどといい、転職を繰り返すようなやつにはぜったいなるなよ。
そこでできねえのなら、他でもできるわけがない。そうだろ?
嫌なら、その会社を変えろ。

何度も何度も、「やめるなよ」と繰り返し、握手を求める彼は、酔っ払いとはいえ、ちょっと冷静に見ると不思議なものだ。

ただ、言ってる事にはかなり共感する。

**

暇な時間はメールをしていたし、かなりダメなバイトだったのだけど、1年半弱やっていて、店の人も名残を惜しんでくれて、今度、給料を取りに来るとき、その後、ご飯食べよ、と誘われる。

人情だなあ。と思い、もうちょっとちゃんとやってれば良かったと少し後悔する。
[PR]
by taiji_nakao | 2006-09-21 08:04 | にっき
<< 終電とサラリーマン(未) 止まった時間 >>