<< 10月備忘録2 10月備忘録 >>
2008年 10月 23日
初耳
朝、いつもの1本後、8時代の電車だと、京都駅の乗り換えは忙しい。
奈良線から山陽本線まで、一番前の車両に乗って、えっさと走って、ようやく間に合う。

今日は、前は込んでいるし、あきらめていた。
これだと、到着がややぎりぎりなってしまうがが、それでも大丈夫ではある。

それで、人が多いから、いつものようにホームの端っこの方を歩いていた。
あー、あの新快速だな、と向こうを見ながら。これは、やはり無駄だな、と。
そろそろ走り出すかなー。

右足がツルっと滑った、ところまでは、はっきりしているのだが、
その後、気づいたら、ホームの下に落ちていた。

!!

まず、かばんやら、弁当入れやら、JavaScriptの分厚いサイ本やらが散乱しているのがわかった。
右手の溝は、青くもが生えていて、そこに使った、本には、色がついた。
かばんを拾い、濡れ具合をチェックする。

今思えば、回りの人はどういう風に見ていたのだろうか。
とりあえず、拾って、ふははは、と笑う。

幸いなことに、本当に幸いなことに、奈良線の終着駅であり、
すぐそこに止まっている、さっきまで乗っていた電車は、そのまま引き返す場所だった。
したがって、落っこちた、(そう、高さ約1.3メートルほど)落っこちたところに電車は来ない場所だった。

荷物を先に載せて、えっこらしょ、と上ろうとすると、おじさんが手を差し伸べてくれた。
「手を差し伸べる」
まさにその表現がふさわしい。
まあ、一人で余裕で上れたんですが、せっかくですから、おじさんにえいっと引っ張ってもらって。そこには、後2人くらいいただろうか。

全体的に、周りは変わった様子も無く、人々は歩いているように思えた。
だけど、面白いだろうな、目の前で、人がいきなり、ホームから落ちたら・・

それから、やはり、自然と歩いてきた、車掌さんは、「大丈夫ですか?」と話しかけてきた。
といっても、ついでに、という感じだ。
何しろ、こちらとしては、階段で転んだ程度にしか思っていなかったから・・

この話をしたら、知り合いでホームに落ちる人なんて、初めて聞いた。
といわれました。

私もはじめて聞きました。


それにしても、、ホームからは、けっこう、簡単に落ちます。

みなさま、気をつけましょう。

*幸いにも足をくじいたりとかは無かったです。
ただ、家に帰ってから、うったひざがちょっと痛いですけど、たいしたことはありませんでした。
[PR]
by taiji_nakao | 2008-10-23 23:06 | にっき
<< 10月備忘録2 10月備忘録 >>