カテゴリ:ITのこと( 5 )
2013年 03月 30日
iPhoneにみる市場の成熟過程
携帯売り場の者ですが、iPhoneが本格的にヤバいです

という記事を読みました。

要約すると、

iPhone5にインパクトがなく、売れない。
Androidの方が売れている。
Androidの方が売れるのは、機種が多く、選択肢があって多様なニーズに答えることができるからだ。
iPhoneがスマホの絶対的な王者に返り咲くことはないだろう。

ということです。

おそらく、この書き手の売り場に限らずに、全体として上記の通りなのだろうと想像します。
ただし、アップルの製品数が少ないことを批判している点には同意できないですが。

一言で言えば、「スマートフォン市場が成熟化した」に尽きると思います。
ビジネスの書籍でよく「市場の成熟化」という言葉を目にしますが、スマートフォンのここ数年の状況を見て、「市場が成熟していく過程」を消費者として実感できたように思います。

私のスマホ歴について書くと、スマホデビューはIT業界の人としては少し遅れてiPhone4が出る少し前くらいに3GSを買いました。当時、キャリアの選択肢はソフトバンクしかなく、学生時代から使っていたauから乗り換えました。その後、auがiPhoneを取り扱うようになった時、ソフトバンクが4Sに「実質無料」で乗り換えられるキャンペーンを始めました。iPhone4や4Sを見て、欲しいなと思っていた私は早速それにのりました。
使ってみると、やはり3GSに比べて画面はきれいだし、薄いし、早いし、バッテリーが持つ時間も伸びました。

その後、モバイルルーターを使えるようになったこともあって、ソフトバンクを解約して、電話はウィルコムになりました。それでも、iPhone4Sはいつもポケットに入っています。WiFiが使える家と会社ではもちろん、外でも主にカメラとメモ帳として使っています。

iPhone5が出た時、気にはなりましたが、iPhone5を使っている人のものを見せてもらって、特段欲しいとも思いませんでした。リアルでネットで見聞きする限り、iPhone5がよく売れているという話は聞かないです。新しくスマートフォンを買うにしても、5でなければならない理由はない、というのが大方の見方です。

先に紹介した携帯売場の話で言えば、アップルにとって一番の問題は、iPhoneの種類が数が少なくてニーズにこたえられない、ということではなくて、iPhone5と4Sが同列になってしまっていることだと思います。

ノキアなどもありましたが、現在「スマートフォン」と呼ばれているカテゴリーはアップルのiPhoneから始まったと言ってよいでしょう。

これをレースに例れば、ジョブズがiPhoneの発表をした日からスマートフォンのレース大会が開幕したわけです。その時、走っているのは初代iPhoneのみ。スマートフォンがほしい、という人はとにかくそれを買うわけです。一人しかいないので、当然の一人勝ち。

その後、Androidもエントリーされ始めますが、全く勝負になりません。みんな、アップルの新機種である、3GSや4、4Sの車(機種)の走りに夢中です。なんて速さだ!(薄さ、画面の美しさ、処理の速さ、ぬるぬる感など)。観客は後継機種を圧倒してみせる姿に魅了されました。私もその一人でした。

ところが、Android勢も段々侮れなくなってきます。ぶっちぎるiPhoneと団子状の数えきれないAndroid勢(あとノキアとかWindowsPhoneとかも)。先頭を行くiPhone5は、4Sとあまりかわらず、それほど差が見えない。部分的なところ(カーブのテクニックとか??)では、Android勢に負けてすらいるようになります。

確かサーバのメーカーの人の話だったと思いますが、
「お客さんに、『もっと性能をアップしてくれないと困るんだ』と要求され続けているとき、現場は大変だったけど、その当時一番利益が出ていた」というツイートを読んだことがあります。
なんだかしみじみします。

※ただし、2013/03/30現在 iPhoneはまだまだAndroid勢より使いやすいと思います。


iPhoneはこれからどうなっていくのでしょうか。
おそらく2,3年でOS間の差異はほとんどなくなるでしょう。その時、iPhoneを買うことに対するまなざしは、現在高級車を買うことに対するまなざしに近くなるのではないかと思います。

スマホは何を使っているのかと聞かれて、おもむろに数千円のFirefoxOSのデバイスを取り出して、ウェブアプリが充実しているしこれで十分、という方が、高額もしくはキャリアの縛りのきついiPhoneを買うよりずっと「クールだ」と言われるようになりそうです。その時、別のものにお金をかけているはずです。スマートフォン、タブレットの次の。

アップルとしても、成熟した市場で今の利益率を維持できるはずがないので、その「次」でも存在感を示せるか、が勝負になるはずです。「次」は、ウエラブルコンピュータと呼ばれる分野でしょうが、ヒットするのはグーグルグラスなのか、スマートウォッチなのか、あるいは別の製品なのか誰にもわかりません。

そして、その分野で勝てなければ、大規模なリストラが待っているわけです。

iPhoneが売れなくなるとか、次の市場でうまくいかなければリストラが待っている、なんて書くと否定的に取られるかもしれませんが、これは当たり前のことだと思います。市場は変わりゆくものだし、挑戦には失敗がつきものです。

ただ、日本では当たり前ではないようで、新しい市場への挑戦もせず、利益を出せていないのに、高給取りをリストラできず、追いだし部屋なんてものを作っているようなのですから。
[PR]
by taiji_nakao | 2013-03-30 13:14 | ITのこと
2010年 12月 09日
要求開発アライアンス忘年会
「要求はあるものではなく、開発するものである」
というコンセプトのシステム開発の方法論、「要求開発」は素晴らしいものだと思う。

ITの世界では、要求されたものをつくり、その過程における作り手側の開発工数で対価を計算するという慣習が一般的だが、それではだめで、ビジネスとしての価値を提供し、その対価をいただく、という形でなければならない。

そのためには、開発者/経営者/ユーザーの三者が膝を交えて話、「要求を開発」していく必要がある。ちなみに、これを「こたつモデル」と呼んでいる。この用語からもわかるように、日本で考えられた方法論。開発のプロセス全体を俯瞰しつつも、それぞれの工程のモデリングなどの方法論の解説も具体的かつ考え込まれている。

その考案者の一人が手弁当で講師をしていて、参加者も現状に問題意識を持った人が多く、とても刺激になる勉強会。関西でも勉強会が開かれていて、もともと、モデリングの勉強をするための勉強会を探していて見つけて2回ほど参加てきた。

今日の気づき

*情報システム部の発注側の視点
  何か問題があれば自分たちの問題。
  会社の社員に対して説明責任がある。

*利用されているかを調べる
 例えば、全部ログをとってしまいましょう、なんて話もあるという。

*だんじり祭り ※要求開発とは関係ありません
 あのだしを作る作業は高度に分業化されているらしい。
 車輪には最新の技術が組み込まれているという。
 車輪の摩耗も激しいので、何度も交換が必要でさながらF1

要求開発
http://www.openthology.org/

開発初期費用無料のSIも登場してきた。
http://www.esm.co.jp/trial/new-agile-contracts-service.html
受注開発のこれからも大きく変化してきそうだ。
[PR]
by taiji_nakao | 2010-12-09 23:40 | ITのこと
2010年 02月 11日
Viewerの進化と電子出版について考えてみる(2)
最近、feedlyについていろんな人に宣伝してしまう。
Firefoxを使っていて、グーグルリーダーを使っている人は、おすすめ。

これは便利だ、と。

RSSリーダーなんだけれど、使い勝手がすばらしい。
見やすい。読んだ情報がチェックされていくから、効率的だ。
感覚としては、メーラーでメールをチェックしているのに近い。

ところで、私はHTMLメールが嫌いで、一つには、サンダーバードが画像を読み込まないようにしているから、不格好なのもあるのだけれど、それはフォーマットが変わってくるからだ、ということに気がついた。

メールはシンプルに、文字と改行だけで表示されているのがいい。
装飾はあっても、強調で太字にするくらいまでだ。
そのフォーマットがすきで、プレーンテキストはそうやって表示される。

ところが、HTMLメールときたら、送り手のフォーマットで送ってくる。
それまで、プレーンテキストのフォーマットでスッスッと読んでいたら、そこで止まってしまう。

RSSリーダーもそういうことなんだ、ということに気がつく。
第一に、feedlyのフォーマットは、大抵のブログサイトそのものよりも読みやすい。
たまに、登録している本家サイトの方が見やすいこともあるが、すべて同じフォーマットで読める、ということに読みやすさの理由があったのだ。

feedlyを使っていると、インターネットを閲覧している、という感覚が薄れてくる。
自分でコンテンツを選択した、雑誌に近い感覚だ。
feedlyのコピーにも、「your magazine」とある。

Viewerの進化

インターネットのViewerの進化は3段階あるんじゃないか、と説明してみる。
ここでは、feedlyの例に出すため、インターネットでも特にブログのViewerという観点でみる。

第一段階は、普通のブラウザ。
これは、feedlyのようなブログを読む為に作られたRSSリーダーにはかなわない。
なぜなら、このブラウザでYouTubeだってみるし、Yahoo!検索だってするから、ブログ閲覧のことばかりに構っていればいいわけではない。
したがって、ブログに特化したソフトにはかないっこない。

それで、第二段階は、ブログの閲覧を便利にするRSSリーダー、アドオンということになる。

そのfeedlyは非常に便利だが、どうしてもかなわない相手がいる。
それが、第三段階で、iPadでありKindleである。
PCは、ブログを閲覧する為だけに存在しているわけではない。
メールもチェックするし、文章も打ち込む。だから、ブログを閲覧することに特化したハードウェアには理論的にかなわないのだ。

ハードの筐体そのものに、ふんだんにアフォーダンスを活用し、コンテンツ提供側がそれに合ったフォーマットでデータを送るようになれば、ブラウザでは太刀打ちできなくなる。

電子出版

Kindleが登場すると、電子出版が非常に簡単になる、といわれる。
確かに、今まで出版となると物理的な紙をどうするかという問題があったから、お金もかかるし、出版社に頼らなければならなかった。
それは、きっと電子出版なら楽になるだろう。

ところで、電子出版とは一体何なんだろうか。

自分の書いたものを公開する、という意味でいうなら、ブログを書くということは電子出版ということになる。

私の感覚では、あるフォーマットにまとめて保存して公開する、というのが出版という言葉から来るイメージだ。

実際、exciteではPDF出版という機能があるようだ。使ったことはないが。
表紙があり、目次があり、ページが割り振られている、そんなイメージ。

ところで、ある統一したフォーマットという言葉から、再びfeedlyに戻る。
feedlyはRSSリーダーなので、RSSのフォーマットを読みこんで表示している。

合わせて考えると、RSSを発信する、ということは、電子出版の第一歩なのではないだろうか?

KindleやiPadや、その後続の電子書籍リーダーたちは、コンテンツを独自のフォーマットで送ることを要求するだろう。
実際、ファイル形式の一種としてKindle形式があるらしい。

さて。
このそれぞれのフォーマットが普及する為にはいくつかの条件があるが、単純な話、
1)それを読めるアプリケーションが普及し、読む人がいること
2)そのフォーマットに対して(良質な)コンテンツを供給する人がいること
は必須だ。

そのための、プラットフォーム戦争が今後激化していくんだろう。
で、電子出版とは、2)のようなことをする人たちを指すんだろう。

話を戻ると、この定義を広く捉えると、HTMLを書いてウェブサイトを公開するのも、RSS配信するのも、HTML、RSSというフォーマットに対してコンテンツを供給しているから、電子出版ということになる。

あるいは、書籍の出版を考えても、最終的には電子データになって印刷しているはずで、
それを「フォーマット」といえなくもないから、「電子出版」といえるかもしれない。

この話を続けていくと、私もそうだけれど、HTMLタグをいじったりする人っていうのは、印刷職人の立ち位置で、ウェブディレクターは編集者といえるかもしれない。この辺をもう少し考えてみると面白そうだ。

ウェブ雑誌

有料のメルマガ、というのはいくらか普及してきているらしい。
ホリエモンも始めたようだ。月840円。
ちょっと、躊躇してしまうんですよね。

再度feedlyで、ここでブログを登録して、有料をチェックすると、すでにfeedlyにクレジットカードとかの登録は済んでて、規定の料金が追加されるだけ、とかになると、ほんとにfeedlyは「magazine」になりますね。

おそらく、iPadとかKindleはそうするんだろうけど。
[PR]
by taiji_nakao | 2010-02-11 21:55 | ITのこと
2010年 01月 30日
Viewerの進化と電子出版について考えてみる(1)
しないで済むならタイピングはいらない、という人が大半

とは、ずっと前から思っていた。
就職する前に、紙copyの制作者の洛西さんが、今のコンピュータは使いにくい、ということを語っているのを聞いた影響が大きく、以下の文章はほとんどその影響の延長にあるかもしれない。

「コンピュータは難しすぎて使えない」とか読んで、そうだそうだ、と思っていた。

今でこそ、タイピングはもちろん、コンピュータの管理設定、
例えば、Windowsの「コントロールパネル」を開いてもなんと思わない。

でも、ほんの4年前は、「Administrator」の意味さえ知らなかった。
LAN経由で別のパソコンのフォルダを開いているのを見て、驚いていた。
その設定とか、さっぱりわからなかった。

そういう「むずかしさ」がパソコンにはつきまとっている。
もちろん、ウェブアプリケーションを管理するというなら、コントロールパネルのようなものを避けて通れないだろうけれど、単にネットサーフィンしてメールするくらいならもっと簡単でいいはずで。

キーボードも、その延長で捉えてみて、ほんとに一般的なユーザに必要なんだろうかは疑問がある。
コンピュータの設計が、まだまだ、一部の研究開発機関や大手の情報管理部門でしか使われていなかった時代を引きずっていると思う。

現在ですら、開発者の中には、「正しい使い方をしないユーザが悪い」という考えを持った人がいるようだ。もちろん、そうではない。
「正しくない使い方ができてしまうアプリの方が問題」なのだ。

でも、エラーが起きたときにユーザが「私が変な使い方をしてしまったんでしょうか」とか言ったりする。
本来はそんなエラーを可能にしてしまった開発者に問題があるのだけれど、そういうやりとりが通用するほどに、「むずかしくて、気を付けて使わなきゃいけないもの」として、コンピュータが認識されている。

こんなに普及しているのに。

エラーが起きないことはもちろん、より直感的に使えるように、そう、アフォーダンスが重要だ。
「誰の為のデザイン」に、
「駅の構内にガラス戸があり、度々それが割られて駅員は困っていた。それで、素材をガラスでなくて合板に変えた。そうしたら、もう割られることはなくなって、かわりに落書きが書かれるようになった」
という例が紹介されている。
ガラス→ 割りたい 合板 → 落書きしたい
これは人間が自然に考えることで、行動を誘発している。それがアフォーダンス。

このアフォーダンスを活用して、エラーが不可能にすることはもちろん、設計者が意図している行動を誘発するようなインターフェースが必要で。

そういう考え方に、技術者になる前から、共感してきた。
就職後もその考えに基づいてアプリを見て批判していたから、前の会社では「クレーマーだ」みたいなことをいわれたこともあった。まあ、難癖をつけているように聞こえますけどね。

iPadは何がどうイノベーティブなのかについてご説明します
を読んで、iPadはそういう考えの延長にある、キーボードを無くした具体的な製品なんだという説明になるほどと思った。

私はiPadはおろかiPhoneもろくに使ったことがないので、その具体的な点については何ともいえないものの、画面を見る限りその可能性を感じさせる。
(スマートフォンはあと3ヶ月ほどの「しばり」がなくなったら買う予定です。)

ただし、実際に普及するとなると、機能面だけでなくて、マーケティングの要素で正否が変わってくるから、iPadが現在のコンピュータを置き換えていくかは不明ですが。

ところで、文字入力の効率性、という点でいえば、やっぱりキーボードはすぐれていると思う。
音声入力もあるけど、例えばプログラミングを音声入力するのは、非効率じゃないかな。

しかし、ネットサーフィンをするのと、それほど長くないメールを書く程度なら、タッチパネルでも十分だろうし、他にいい方法があるかもしれない。

最も効率的だからといって、その用途にそのやりかたが合うわけではない。

素早く膨大なメモを取る為には、速記法は有効だろう。
だけど、ほとんどの人は速記法を使えない。存在すら知らない人もいるだろう。
そういう必要性がないから。たぶん、キーボードも本来はそういう存在であるべきなんだろうと思う。

長くなったので、電子出版のこれからについては(2)で。
[PR]
by taiji_nakao | 2010-01-30 09:52 | ITのこと
2009年 11月 14日
現代の「また会いましたね」
ずいぶんひさしぶりの投稿。

youtubeに、あなたの知り合いというのが出てくるようになった。
自分が登録したわけでないのに、自分が知っている書き方で名前がでてくるとインパクトがある。

gmailのアドレス帳-そのアドレスでID登録している人。
とう紐付けで、アドレス帳で登録している名前でててくる。
いかにもグーグルらしい、全くの自動だ、と言うわけ。

例えば、パーティーで名刺交換して、その帰りに、タワレコに寄って視聴してたら、その人もいて、
あれ、また会いましたね、ミスチルとか好きなんですね、
とかいう展開を期待していると思われ。

でも、そうはうまくいかないですよね。
まず、データを登録している人が少ない。 
・・・これは登録している人だけ取ってくれば解決する面もある

あくまで、コミュニティ機能を使っていない者の私見だけれど、シェアという感覚がなくて、「覗いている」感じで、ちょっと気が引ける。
それにそこまで、見たくもないかな。

でも、やっぱり新鮮だった。
「また会いましたね」の新しい感覚。

※もちろん、もっとよく知った友人同士での利用も想定しているのだろうけど
[PR]
by taiji_nakao | 2009-11-14 18:41 | ITのこと