カテゴリ:短歌( 2 )
2011年 12月 10日
現代っぽいこと3首
近況報告を兼ねて、ちょっと気になったことを元に作ってみました。


秋の日の虫の音を聴いてポケットのスマホをさぐる現代人です

 ー アラーム音(コオロギ)を毎朝聴いて暮らしています。


くり返しくり返し見る待ち合わせ 場所と時間にスリル感なう

 ー 久しぶりに会う予定の友人が携帯が使えなくて、しかも直前に場所と時間の変更があって、そのやり取りをパソコンと携帯でメールのやり取りをしました。
そして、約束の時間になっても相手は現れないぞ、というときにツイートしました。という句。
携帯時代においてはレアな経験をさせていただきました。
結局20分遅れで相手が到着。どこまで待とうかなんて考えたのは、いつぶりかわかりません。

その時は11時22分頃まだ早い それいけ今だ! わっしょい!! バルス!!!

ー 時間はどなたかのツイートのうろ覚えです・・ テレビを持っていない私は、もちろん観ていないのですが、後からツイッターのタイムラインを読んで知りした。昨夜は「ラピュタ」が放送されていたようです。そもそも、その時間帯は「ブロガー飲み会」の最中で、リアルにタイムラインを見ていたわけでもないですが、これはなかなか興味深いイベントだと思いました。 なので、これはたんなる想像です。

宮崎アニメのラピュタの有名なセリフを、そのシーンの時にみんなでツイートする、というもののようです。古くは、にちゃんねるからあったようで、こうした状況を「祭り」というのは、うまく言ったものだと思います。最大1秒間で1万ツイート以上だったということなので、直接参加(ツイート)しなかった観客(その時間にツイッター見た人)を合わせれば日本でも最大規模の「お祭り」だったといえそうです。

で思い出したのが、本物のお祭りのことで、小中学校時代住んでいた栃木県塩原町(現那須塩原市)では、毎年9月中旬にお祭りがあり、この2日は学校は午前中で終わり、各地区ごとに山車を引きます。一日ずっとある、かなり熱の入ったイベントなわけです。で、山車を引いてるときに、テンションを上げてかけ声を出したりします。

「まだまだまだまだ!」「それそれそれそれ!」「まだまだまだまだ!!」「それそれそれそれ!!」「わーしょっい!」「わっしょい!」「わっしょい!」

みたいな感じです。

昨日のタイムラインを読む限り、祭りで「わっしょい!」というのと、「バルス!」とツイートする心境はかなり近いように見えました。

さらに、中には「みんなバルスとか言ってるけど、私は興味ないよ」みたいなツイートもあって、これもまた、「みんな学園祭とか言ってるけど、俺興味ないもんね」というセリフを彷彿させたのでした。
[PR]
by taiji_nakao | 2011-12-10 20:24 | 短歌
2010年 03月 06日
短歌をつくってみる
現代短歌は、なんとなくいいなと思っていて、それでこないだ、
「かんたん短歌の作り方」 桝野浩一
を購入。

「かんたん」は、「かんたんにつくる」でなくて、「かんたんに理解できる短歌」という意味で使われていて、そして、そういう短歌をつくるのは難しい。

この本は、もとも少女コミックに連載されていたということだから、面白いですね。

それで、さっそく作ってみる。
働いてばっかりとか、そういう時だから、思い浮かぶのかもしれない。

1.去る電車急いだ息はきれるけど今日のところは許してやろう
2.駅近く主人見送るママチャリは朝から晩まで満員自転車
3.日替わりで鍵に財布に探してる隠す場所などない部屋なのに
4.早朝の踏切の上の満月に今日一日にいい日と言おう
5.ビールでは飲んだイコール寝るだから今日ヨーグルト昨日ナタデココ
[PR]
by taiji_nakao | 2010-03-06 11:42 | 短歌