カテゴリ:にっき( 64 )
2012年 10月 08日
三連休
ソフトバンクからWILLCOMに変えようと思って、相談に行く。
江坂駅前には両方の店が隣の隣の隣の隣の隣の隣くらいに近接しているので、つまり、同じ通りに面しているので、便利である。WILLCOMの店内に入ると2人のお店のお姉さんがいるだけだ。

料金プランは基本的に一つのようだ。わかりやすい。
私に説明してくれたお姉さんは料金を説明する際に、紙に基本料金××円、掛け放題××円と数字を書いていくのだが、対面の状況でこちらに向けた状態で書いていく。つまり数字を反対向きに書いていくのだ。器用なことをするなあ、そういう教育なのかなと思ってみていたのだが、これが下手なのだ。

一生懸命に書いているので突っ込むのもどうかと思って逡巡していたが、あまりに進まないので、ついに横に置いてもいいですよ、と言ってしまった。しかし、言った時が最後の記入だった。

そのせいか一通りの説明をおえ、帰るときお姉さんはやや不機嫌だった。
もしかしたら、サンダルだったのがいけなかったかもしれない。いや、その場で契約の話がなかったからか。

ちなみに、ソフトバンクは11人待ちだったのであきらめた。がんばれ、WILLCOM。

* * *

靴の中が蒸れてしまって、靴を脱ぐともわんと臭いが漂うようになってしまったので、消臭スプレーを買おうと思って入ったドラッグストア。一通り散策したものの、どこに置いてるかわからないから、店員のお姉さんに聞いた。一瞬考え、無言でその場所に歩き出した。さすが店員と感心するが、一言も話さないばかりかこちらを見もせず指差して去っていった。無愛想なことだ。で、その道を戻ってレジにいき、商品を置いたら、そのコンマ1秒後に営業モードになってにこっとしてお辞儀した。お化粧がきれいな人だと思った。

* * *

5階に住んでいるのだが、道行く人の声がはっきり聞こえたりする。遮るものがないと、通るものなのだろうか。帰って窓に面している机に向かって座ったら、「了解」というトランシーバーの声がうっすらながら聞こえた。最初、iPhoneからなったのかと思うくらいすぐそばで聞こえたように思った。あるいは風呂場の換気扇づてに離れた場所の音が響いてくるような感じなのかもしれない。だけど、外にはそれらしき人の姿もなかった。

* * *

祝日の月曜日の今日は、第2月曜日だからビン/カンの日。ちょっと溜まっていたので、今週こそ出すことにする。今日は出かけるので、そのタイミングでもいいのだけれど、洗濯機は当分回っていそうで、家事もずいぶん溜まっているように思われたから、めんどくさいけど、ゴミ出しだけのために一階に下りることにする。しかし部屋に戻ると、洗濯は終わっていたというオチ。そして考え直すと、特に他にやることがないので、爪を切って、さらに爪切りの掃除というものをしようとしたら、外に回収車が来ていた。小さくよろこんだ。

* * *

我が家の爪切りは、爪切りの鉄の部分とプラスチックの部分がある。プラスチックの部分に収納する、というイメージだ。よくみるとプラスチックの部分の内側が汚れていたので掃除することにする。でもどうやって拭くのか。考えるのがめんどくさくなって、ティッシュで拭いた。乾いていると汚れは取れにくいので水を少しだけつけて拭いた。奥に届くように箸で押し込んだ。

こんなことをすれば、詰まってしまうと思ったが、そのまま作業を続けて案の定詰まった。取り出すのは容易でない。100均で買った爪楊枝はすぐに折れてしまうので使い物にならない。3本くらい折ってあきらめた。こんなときくらいしか使われないくせに、みっちりと蜂の巣の小さい版のように詰まっている爪楊枝はすこしかわいそうである。

箸の先にフックがついているのようなモノがあればいいのだが、と何度も思ったが、そんな都合の良い道具などない。押し込んでいるのか、取り出しているのかわからなくなるが、「こうやって自然にきれいになっていくという仕掛けなのだ」と思うことにして箸でつついては取り出そうとすることを続けた。

ティッシュがちぎれるばかりなので、下向きにしてとんとんと叩くことで振り落とす作戦にでてみた。失敗。落ちる気配なし。今度はえいやと水をもっと含ませる。これで箸でつつくといよいよ奥に押し込む作業になってしまう。

・・・ここまでか。
と思って、下向きにしてどんどんと叩いたら、すぽっときれいに落ちた。計算通りだ。

* * *

初めての喫茶店。喫煙席のほうには人がいなかったので、そちらに行こうとしたのだが、おタバコは吸わないと応えてしまったため、禁煙はこちらですと案内された結果、別の客のいる隣の席に座ることになった。

主婦の二人がドラマの話をしている。熱心に登場人物と話の筋を長々と説明している。俳優女優の名前を上げ、設定について一つずつ細やかに説明していく。たまにこういう場面に出くわすことがある。その週のジャンプのONE PIECEについて熱心に語る男性の声が聞こえたこともある。だいたいは二人組で一人が熱を込めて語っている。

勝手に聞こえている私はなんだか勝手に恥ずかしさを感じてしまう。誰にでもアクセスできる他人が作った物語を10分とかいう時間熱意を持って説明するというのはどういうことだろうか。聞いてる方は面白くないんじゃないのかなとか。

でも、チラ見すると聞き手は自然体である。たぶん、よくあることなのだろう。だとしたら、そんなふうに時間を過ごせる関係というのは悪くないなとも思う。いや、すばらしい関係なんじゃないか。
[PR]
by taiji_nakao | 2012-10-08 22:48 | にっき
2012年 08月 19日
明治維新とロケット
「オレのひいじいちゃんは、鹿児島から北海道まで歩いて行ったんだ」
と彼は言った。

後から振り返れば、それは照れ隠しと、ひがみが混じっていたのだと思われる。

××××と聞いて、歴史の教科書を思い出す。
明治維新でのかなりの人物だったはずだ。何をした人なのか思い出せないが。

「それは凄い有名な人物じゃないですか」
みたいなことを言ったら、そう言ってくれたのは初めてだ、と言って喜んだ。

戊辰戦争で函館まで戦ったということだから、確かに、当時は車も飛行機もないから、歩いていたというのは事実だろう・・

今度いつ来るんだい?家系図を見せるよ。

家系図をつくるのにもそういう業者がいて、営業をかけてくるそうだ。
営業リストは歴史の教科書から作るのだろうか。
いや、おそらくそういうリストも出回っているのだろう。

そんな風に考えると、別にさほど見る価値が無いようにも思える。

ずっと、ロケットの部品を開発している会社を経営していたそうだ。
その会社は今、宇宙に行けるエレベーターの開発に関わっているのだと言う。

つまり研究段階は終わっているということらしい。

「合金は重い。」
「ほんと、初めてなんだから。」
「若くて、学校の時期が近いから覚えていたんだねえ」
「カーボンは軽い。」

明治と宇宙エレベーターが行き来する。アルコールが潤滑油である。

そんなに安全なワイヤーは出来るんだろうか。

ただ、スペースシャトルほどは出せないが、そこそこの大金を出しても宇宙に行きたいという人はたくさんいるから、なんだか実現しそうな気がした。
[PR]
by taiji_nakao | 2012-08-19 13:02 | にっき
2012年 08月 16日
帰省雑感
この夏は、高校の卒業10周年の同窓会というのもあったので、久しぶりにお盆に実家に帰る。

高校の同窓会、ちょっと変わっていて、卒業後、10年の他、20年、30年、40年、50年!の人も一緒の「全体会」というのがある。

書面の案内が来ただけで、幹事からの連絡もなかったから、まあ、少ないだろうなと思ったら、なんと270人いたうちの8人しかいなかった。興味半分で行くことにしたのだけれど、20人はいるかと思っていた・・

ちなみに、上の世代はもっと多く、特に40年(69歳)の代は50人くらいいた。

これは、最近の若者の傾向と思いきや、そういうものらしく、上の年代の方が集まっていくものだという。まあ、普通に平日だし、若いほうが集まれないよね。。。

ちなみに、男子校なので、参加者は全員男。
現校長は、国公立なのに男子校という希少性を誇りにしていた。北関東にしかないらしい。

世界は広いということを、高校生ぐらいの年齢なら知っておくべきだし、男子校はやめた方がいいと思っているけれど、85キロを夜通し歩くというイベントを強行できてしまう高校があってもいいのかもしれない。

ちなみに、昨年は暴走族のあんちゃんがこのイベント中に歩いている学生に消火器をふざけてかけるということをしたら、警察沙汰となり、なんと下野新聞の2面を飾ったそうである。
そして、その本人は「こんなに大きな騒ぎになるとは思わなかった」といって自首したらしい。

黙っていればバレる可能性は極めて低く、立証することは困難であることを思うと、田舎の論理を思うのと、平和だと思う。

***

先生も3人しかきておらず、一番会いたい先生には会えなかったけど、一時数学を教えていただいていた先生が、定年後も非常勤で勤めていて、もう20年以上も同じ高校に勤めて、ちょっともういいかな、と照れながら話している様子が、キリっとして教えていた姿とギャップがあって、知らなかった一面をみた。これが同窓会なのかな。

そして、各世代で1人感想を書かなければならないのだが、ジャンケンになって、こういう時に限って勝ち残ってしまうという栄誉を頂、これから書かなければならない。夜の手紙にならないように注意しないといけない。

その後、同世代の人と飲んだ。来た人の多くは地元の公務員で、県庁、市役所といるのだがかなりの情報を共有していて、こういう世界もあるのだと知る。その一人は、私も親しい同級生の姉とつきあっていて、つきあっている当人は面識がないので、このネタ話に花が咲く。

小学校で転勤、中学卒業後も引っ越したので、家がすぐそばという彼とも今回初めて知り合った。親戚も近くにおらず、お盆休みというのに墓参りもしない。冠婚葬祭などの田舎の話を聞くたびに、そういった苦労と無縁なことの自由を思うのと同時に、根無し草だととも思う。

ただ、10年以上も前の何かの時に、自分は根無し草と言った返しだったかは記憶が曖昧だが、小学校のときに野球などでお世話になった方が、ここで育ったことを忘れるなよといった風のことを言われたことは覚えている。

***

小学校3年まで住んでいた函館時代の親友と、数ヶ月前にmixi同級生で「再会」して、今回の夏休みに会えませんかと、ドキドキしながら送ったメッセージの返事が今日あった。ずっと、mixiを見ていなかったということ。まあ、そうだろうね。

6年生の時に一度会っているので、17年ぶりの再会ということになるのだが、残念ながら今回は実現しなかった。でも、近々実現しそうである。これは本当に楽しみだ。

土曜日には、大学時代の友人と会う。こちらは、1年弱ぶりか。
こうして年をとっていくのだと感じる。
[PR]
by taiji_nakao | 2012-08-16 23:17 | にっき
2010年 09月 12日
引っ越しました
ずいぶん、ひさしぶりの投稿です。

3週間ほど前に、大阪に引っ越しました。
2年半ほど、1時間ほどの時間をかけて通勤してきましたが、今は5分で着くところに住んでいます。

会社近くに、マット席でぎりぎり足を伸ばして寝ることができて7時間1200円の漫画喫茶があり、5月くらいから、帰れない日は利用するようになったのですが、こうなると1時間かけて帰って、また1時間かけて来る、ということがいっそうめんどくさいと思うようになります。11時まで終電に間に合うのに、10時を過ぎると帰る気がなくなるということになって、頻繁に使うようになって。

2日連続で漫画喫茶のマットに寝転んでいたある日、さすがにこのままではいけないと思ったのでした。

家がすぐそばということが、気持ちの上で非常に楽になったのは意外でした。
そして、引越し2週間後の日曜日に、引っ越す前は週に2冊3冊当たり前に本を読んでいたのに、全く本に触れていない自分に気づいて驚いたのでした。

読み出すと、どんどん読む方なんですが、読まないと全然だということに気づきました。
それで先週、図書館のカードをつくりました。
借りてきた、SOKKI!は予想以上によかったです。

ただし、本は読んでなくても、活字中毒なところはあり、最近はもっぱらTwitterを読んでいます。
http://twitter.com/ntaiji
あまりつぶやいてませんが、ツイッターもブログももっと活用していこうと思います。
[PR]
by taiji_nakao | 2010-09-12 10:30 | にっき
2010年 05月 05日
島根と鳥取
c0043368_19341921.jpg
c0043368_19343955.jpg


夜行バスで、出雲市に7時着。
出雲大社-松江 (泊)
松江-安来・足立美術館-鳥取(泊)
三徳山-浦富海岸-鳥取(泊)
鳥取砂丘-智頭

島根・鳥取を動きまわって、思ったのは、山陰って、とても魅力的で、コンテンツが豊富なこと。
島根・鳥取の海がこんなにきれいだとは知らなかった。
山も、新緑がきれい。

魚料理はもちろん美味しくて、温泉もたくさんある。
歴史もあって、たくさんの物語の舞台があって。

それから、芸術というものは、お金持ちが支えているものなのだ、ということを実感。
手銭記念館、足立美術館、石谷家。

足立美術館とか、あの庭のスケールが違いすぎます。
智頭の石谷家の、惜しむことなく銘木が使われているのを、地元のガイドの方が、「この部屋にも一切節がないでしょう」と説明する。「このつくりの工事は、大正8年から昭和5年までかかりました」・・・


少し残念に思ったのは、出雲大社付近はもう少し、地元の魅力が味わえる場所がもっと整備されていてほしいなと思った。

手銭記念館、案内が不親切だし、GWだというのに、誰も人がいなかった。
最初は受付の人もいなかった・・・

でも、中身は充実していると思った。布施名焼っていいなと思った。
神無月に集まってきた神様が、また戻るときに出発するという、今もある「神立橋」の、
名前が書かれた柱の一部も展示されている。
ストーリーとしても面白いし、それがちゃんと受け継がれているということが、世界に誇る財産だと思うのだけれど。
[PR]
by taiji_nakao | 2010-05-05 20:06 | にっき
2010年 01月 24日
立った状態で本に付箋をつける方法
1時間弱の通勤時間は、読書時間。
ここは大事だなと思ったとき、付箋をつけたいのだけど、たとえばポケットに入れといても取り出すのは手間。しおり代わりにはさんでおくと、油断すると落ちてしまう。

付箋をあきらめて、めんどくさいからページを折ってしまえ、という流儀でいたけれど、やっぱり本が悪くなる。
付箋がついている台紙が2つ折になっていて、それを本にはさむ事ができるタイプがある、と教えてもらったことがあるが、結局見つからず。

そんなこないだ、ロフトでDemi-Clipなるものを発見。
これは、紙の束を簡単にとじられますよ、というものですが、これをつかって付箋をとじるとこれはいい感じで、お勧めです。

c0043368_2142329.jpg

[PR]
by taiji_nakao | 2010-01-24 22:05 | にっき
2010年 01月 03日
お正月のことなど
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

お昼過ぎまで、栃木県にいて、8時頃に帰ってきました。

カメラを持って行こうと一瞬思って、いいや、結局持って行かなかったことを少し後悔。

新幹線から、見ていたら、大宮駅近くに立つビルが、灰色で、見るからに不気味で、都市の不気味さとしてステレオタイプに表現されるそのままの不気味さがあって、なんであんなものが立つのか不思議なくらいだった。

那須塩原駅は、混んでいて、でも、大阪駅の日常なのだけど、階段は狭い階段しかなくて、ここはやっぱり田舎だった。ホームの駅員の部屋の入り口に、「泥棒進入禁止」のシールが貼ってあった。

31日の夕方、家につくと、月がものすごく大きかった。
地上にちかいと大きく見える、ということなんだろうけど、それはもう大きな満月で、しばし見入ってしまう。
携帯では、まったく映らない。。

高校の友人と集まっていたら、斜め向かいの部屋にも別グループで集まっていた。
8年ぶりに会う人も。

お笑いを目指してたとかいう話とか。
ちなみに、「U字工事」は母校が誇るタレントなんだけど、「U字工事さん」っていってるのが、なんだかリアリティがあった。

みんな就職していて、電話で呼んだりして、地元ではそういうことはしてこなかったのでなんか新鮮だった。
高校の時の友人の話というのは、同じ業種に就職した人の話でもなんだか意味合いが違うようで、自分の生活を見る目が相対化された気がする。少し離れた視点でみれるというか。
[PR]
by taiji_nakao | 2010-01-03 22:32 | にっき
2009年 12月 31日
ことしもおしまい
なんで、
var input = document.createElement('input');
input.name = XXXでダメなんだ、IE・・

そんなことを悩んで、結局scriptaculous.jsさんのお世話になって解決させる。
(原因は不明・・)
そうやって、深夜でやってるくせに、昼間に漫画を読んだりしている。

ぜんぜん、自分をうまく制御できていない。
かつてに比べたら、ましかな、とは思うけど。

明日から実家へ。
お正月は、ネットはみないことにする。
液晶テレビが来たらしいから、テレビでもみることにしよう。

その前に、2009年を少しだけ振り返ると。

悩んだりしながらだけれど、時間が進むにつれて、より仕事に強くコミットするようになった。

勤め先は小さな会社だし、学生時代からのつながりとかで、仕事以外で人に会うことの方が圧倒的に多い。
京都つながりとか。意図的に、会おうとしているのもあるし。
いろいろな人に会ったな。まあ、もっとずっとたくさんの人に会っている人もいるし、もう少し欲張って動けた気もしていますが。

去年なら、それが仕事と結びつく可能性は限りなく小さかった。
今だって小さいし、いつも仕事(商売)の話をするつもりはないけれど、その可能性を考えるようになって、うっすらした線が、少しずつ見えてきたりもする。

自分が、やりたいんだ。ということはわかった。
というより、そういう心境になったのか。
いろんなことがそうだけど、しゃべってばかりいるのは、もういいや。と。
自分が参加する活動の目的は本気で考えたいし、本気で考えるなら、達成したい。

最終的に、何をどうするんだ?っていうことは正直わからない。
でも、少なくとも、今、ぜんぜん、自分に足りてないものが多いことは明らかなわけで。

では、2010年を楽しみにして。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-12-31 01:52 | にっき
2009年 09月 23日
京都観光
c0043368_18425160.jpg

土曜日は、比叡山へ。
鳥取から来てた友人が家に泊まって、朝7時に起きて午前中どこか行こうかなんて話していたら、比叡山へ行くことに。とりあえず、叡電に乗って。

ケーブルカーに乗って。
行きはロープエーに乗らずに歩く。ここのコースがよかった。
秋晴れで、景色がとてもきれいだった。

それから、蝉が鳴いていた。
もう9月下旬だって言うのに。

午前中で帰ってきて、駆け足だったけど、かなりよかった。これは、もっと近場も見てかなきゃ損だな、と思った、土曜日。

昨日は、ひょんとしたことから泉桶寺の夜間拝観へ行くことに。
家から徒歩10分程度というのに、夜間拝観を認知していなかった。

これがまた、よかった。

展示もよかったし、
「竜の舞」や地元の神輿、音楽演奏、豪華な庭、部屋、ついで、この機会に写経もして、抹茶もいただいて、たっぷりと満喫。
一人だとなかなか、ここまでしないので、いい機会でした。

お寺がもっと親しんでもらうと取り組んでいるようです。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-09-23 18:53 | にっき
2009年 09月 15日
小説2冊
「FINE DAYS」 本多孝好

村上春樹チックで、ワザとらしい描写がちょっと鼻について、長いこと放置された後、再読。
短編集で、なかなか引き込まれてしまった。
相変わらず、ところどころの不自然な表現が気になるけど、こういうストーリーのがすきなのかな。

Book OFFは正直なのか、主張なのか、「850円」と「200円」の2つの値札がついている。
(払ったのは250円)

今思ったけど、このシールをうまいこと貼ったら、ごまかせたりするんじゃないだろうか・・・


「おがたQ、という女」 藤谷 治

これも、ブックオフにて。
おがたQ、というタイトルに惹かれて。
これも引き込まれました。

引き込まれると、「降りた」駅のベンチで座って読んでしまう。
これが最近のマイブーム?
[PR]
by taiji_nakao | 2009-09-15 22:46 | にっき