<   2006年 01月 ( 15 )   > この月の画像一覧
2006年 01月 31日
新聞
 4ヶ月取っていた新聞、今日でおしまい。

 4ヶ月前に販売店の人がやってきて、(ちょっと新聞家で読んでみたいな)と思っていた頃で、しかも就職先に新聞記者というのも考えていたから、「安くするよ」「とりあえず一ヶ月」の言葉につられて、取り始めた。
 こういう人間がいるから、訪問販売は絶えないのだ。

 やはり、家で読めるというのはなんだかいい。毎日読むし。

 1ヶ月が過ぎた後、「一ヶ月分勉強しますから」という言葉につられ、三ヶ月の契約を結ぶ。

 新聞は、最近低調気味である。ネットを見ればわかる。情報はいっぱいあるもんね。新聞社自身もかなり充実したページを持っているし。
そういうこともあって、「これから新聞はどうあるべきか」ということを日曜版で特集していたことがあった。その中での「にちゃんねる」のひろゆきが、「新聞を読む必然性が必要」と言っていたが、なるほどと思った。(当然の話なんですが)

 そこで、自分なりにも考えてみたが(何しろ新聞記者になる気でいたのだ)、それは取材のみを仕事にする記者の存在にあるだろう。と思う。

 よく、メディアは中立であるべきだという議論がある。本質的なことはその通りなのだが、言葉どおりの中立であったとしたら、それはつまり、インターネットのような状態になるということだ。読みきれないほどの、そして無駄な情報で溢れるのである。
 
 なぜ自分がお金を出してまで新聞を取るのか、と言えば、
取材のプロフェッショナルの「フィルター」を通して世の中を見たいからなのだ。だから、ちょっと大げさに言えば、記者の持つ専門性、現状に対する分析・把握、未来へ対する展望、そして的確な切り口に惹かれるからこそだ。

 しかし、実際はどうだろうか??

 ここ三ヶ月の間で一番興味深かったのは、大阪市の助役の大平氏が議員から不当な圧力を受けていたという独白の記事である。
 それまで口を閉ざしていた大平氏が、朝日新聞に独白した、という形である。この、立場の弱い者が、しっかりと自分の意見を社会へ発信できるところは新聞の一つの存在価値だなあと思う。

 さて、それから数日後に、その指摘を受けた議員の一人が反論する記事が載った。その記事を見つけたときはすぐに飛びついた。が、
内容は、大平氏が「議員は~な嫌がらせをしてくる」ということに対する、そのことの意味を説明したものや、自分がしているのはそんなことだけじゃない、というものだ。
 そして、インタビューがまるまる載って終わりである。記者のコメントは一切なし。

 どんな行為にも、社会的に評価できない面もあれば、評価できる面もある。そんなことは言われなくてもわかっている。それに、この議員が「まっとうな」仕事をしているのは、議員として当然で、そんな具体例を聞いたところで何の役にも立たぬ。これでは子供の使いではないか・・・
そこには、記者自身の取材や知識、認識に基づく判断が何もないし、それを感じる質問もない。


 もっとがっくりきたのが、「ホリエモンショック」である。
ホリエモンが逮捕されてから数日後、一面に「ライブドアの軌跡を探る」という記事が載る。
なんと白々しいことか!!

 ホリエモンは登場してから、もう長く続くというのに、このタイミングで出てくるということの意味は、①情報操作 か②取材力不足 と考えるよりないと思うのだが、まさか天下の朝日新聞が警察が発表するまで、ライブドアの現状を把握できなかったということはあるまい。

 となると、①か。どう考えても、今回の茶番は展開が速すぎるし、背後で何かあるのは間違いないとして。「財界は去年12月にホリエモンを迎え入れた」(これは、奥田会長がこのことが軽率だったとコメントしたニュースを聞いたので) 「政府も全面的に応援していた」あたりから推測すれば、「おおきなちから」は当然堀江氏の弱点を知っていたが、(まだまだ利用価値あり。もう少し泳がせておこう)と考えていたに違いない。

 となると、新聞はその「おおきなちから」といったいとなっているということである。まあ、こんな話当然ですよってなもんかもしれませんが。

 がんばっている記者の方は多いと思いますが、読者としてのちょっと早急な結論は、

このままいけば、月3700円だして新聞を読む必然性は、ない、

ということになりそうです。


 
 
  
 
 
[PR]
by taiji_nakao | 2006-01-31 22:54 | 考え事
2006年 01月 30日
一休さん
 今日、銀行へ、置き忘れた傘を取りに行った。

 てっきり、かさ置きにそのままになっているかと思ったが、そんなことはなかった。
中で保管してくれているようだ。受付で、かさを置き忘れた旨を伝える。
 すると、「いつのことでしょうか」と聞かれる。
 毎日、忘れ物は何かを把握して管理してくれているようだ。木曜だったので、そう言った。

 しばらくして、中から、あのビニール傘を持ってきてくれる。よかった。
しかし、どういうわけか、「お名前をよろしいですか」と聞かれる。

 誰が受け取るのかを気にしてくれているようだ。。「ナカオタイジです」と答えると、
「大変申し訳ありませんが、この傘は既に別のお客様が申し出ておられます」
と言われる。。

**

 しかし、どう見ても自分の傘だし、あの日置いていったのは疑いようもない。
そこで、

「すみません、ちょっと傘を見せていただけますか?」
と言って、傘を手に取る。

そして、
 「あの、ここ(傘の取っ手の一番下)にシールがついてるんですが、ちょっとその申し出た方に、ここにシールがついてる傘だったか確認していただけますか?」

 と言う。受付嬢(といっても、おばさんだったが)は、ちょっと困った顔をした。
しかし、こちらは引く気配を見せないので、「少々お待ちください」と言って、仕方なく奥へ引っ込む。


 しばらくして、、
「ただいま確認いたしましたところ、確かに、そのようなシールが貼ってあるということです」
と言う。

 直ちに、
「それなら、この傘ではありませんね。実は、このシールはさっき貼ったのです。」
と言うなり、傘をもって、颯爽と銀行を出て行った・・

**

 と、

 「既に別の人間が申し出ている」という話を聞くなり何も言わずに引き下がった男は、自転車をこぎながら妄想した。
[PR]
by taiji_nakao | 2006-01-30 18:10 | エッセイ
2006年 01月 30日
半年振り
 ほぼ、半年振りの更新。

 いきなりばあっと更新してますが、もちろんこれは他のところ(mixi)で書いてあったのを移転しました。パスワードと、秘密の質問を忘れていたのです。
 やっと、直接問い合わせて更新できるようになりました・・

 なんか、うれしいです。今度こそ、地道に更新していこう。。
[PR]
by taiji_nakao | 2006-01-30 17:40 | にっき
2006年 01月 29日
初面接
今日、初めて面接を受けた。

インターンの面接だけど。
大阪である。交通費バカにならんす。

控え室から、5人くらいずつ呼ばれて部屋に案内される。
ここで、まずミスをやらかす。
机が縦長に2つある奥行きがあったのだけど、
(とりあえず、奥から詰めよう)と思って、一番奥に座った。そしたら、一番手前に面接官が座って、「好きなところにどうぞ。」と言った後、「手前の机に、左右に2,3でいいですね。(一番奥に荷物を置いた俺を指して)そちらでもかまいませんが」
とくる。まあ、そんなに悪質に言われたわけではないが、明らかに減点一。第一印象って大切なのにな。

続いて、またミスる。

More
[PR]
by taiji_nakao | 2006-01-29 17:37 | 就活
2006年 01月 28日
環境教育ミーティング
今日は、エコロジーセンターの環境教育ミーティングへ。杉良も、広く参加者を募って活動している、広義の環境教育実践者として呼ばれた。
 当初当てにしていた団体が参加できなくなって、こちらにお声がかかったらしいのだが。
 活動紹介をしてくれればよいとのこと。つまり、エイギョウである。一人、ML登録者をみつける。なんでも、環境教育を養成する機関に勤めていた人らしい。

 まあ、面白かった。いろんなことを実践してる話も面白いのが多かったけど、シンポジウムの話も面白かった。
 シンポジウムでの報告をちょっとまとめると、、

●NPOサイド
 環境市民、気候ネットワークなど一部の団体では既に学校での環境教育での実績を残しているし、多くの団体でも経験を重ねつつある。そして、教育全体の中のどのような位置づけで行われているかに興味が持つようになっているが、どこまで教育の現場に踏み込めるのかといった点で戸惑いがある。

●学校サイド
 教師側としては、週休二日制に伴う授業数減や、総合学習に求められる分野の多様さ等から受け入れられる時間には限界がある。また、最終的にはその学校の校長、担当教師のやる気の有無にかかっており、いなくなれば途絶えてしまう。ビオトープなどは典型で、後は文字通り野となる。こうした現状では、「単発的な「体験学習」になってしまうのはやむを得ないし、それでも十分生徒にとっては、とくに成長という観点から見れば大変有益であると考える」(高校講師)

 一部のNPOは力をつけてきており、もっと時間も欲しいし、継続してやりたいし、全体の中での位置づけもはっきり知りたい、と考える段階にきているようだ。
 このやりとりを聞いて思い出したのが、福祉における、園芸療法の話。姉は園芸療法の勉強してて、園芸療法が施設に働いている人に「たまに外につれてってくれて、気分転換にもなるし、いいね」程度に扱われていることに不満を持っている。そこには、「便利屋」てきな見方をされているという憤りもあるようだ。園芸療法も「療法」の一環であり、それはその施設の経営方針の中で位置づけられた上で実施されるものであるべきのだと。そのためには、「植物大好き」だけではダメで、もっと福祉の専門家としての自覚と実力が必要なのだと。

 現場の高校教師が、「単発的な「体験学習」になってしまうのはやむを得ないし、それでも十分生徒にとっては、とくに成長という観点から見れば大変有益」と発言している心情は、まさに福祉施設の職員が園芸療法の対するものとそっくりだろう。そして、当然ながらプログラムの質の向上こそが一番大切というのは、今日も強調されていた。「環境が大切という思い」だけではダメなのだ。

 ここから、より実力のあるNPOは総合学習のプログラムを作成する段階から加われるようになればより良い、という結論になる。

 しかし、いきなりそうした教師とNPOがうまく出会うとは考えにくい。NPOのデータベースが必要だろうというのが今日いくつかでた意見だった。そして、それをコーディネートする人が必要であると。さらには、それはエコロジーセンターがその役割を担っていきたいということだ。

 現状からいうと、学校の現場では、意欲のある校長または、教師のいる元でなら、NPOと学校の協働はありえる。まず、この校長なり、教師なりが、コーディネーターと相談する。ここでコーディネーターはコンサル的な役割も求められる。

(外部の人と協働するということは、その行為そのものに、コンサルティングを受けるのと同じ意味があり、実は組織にとっては、協働による結果そのものよりも、それによる意識変革に一番意味があると思うし、今日、さらにその思いを強くしたが、その点についてはまたあとで)

 こうして、相談して、現実的にどういった関係がいいか検討する。そうして、依頼するに適したNPOを一緒に選び、今度はその人たちと授業を作っていく。校長と連携できれば、数年スケールのカリキュラムも可能かもしれない。

 こうした実績が重なっていけば、今度は何らかの権力のある機関が音頭をとって、教育委員会に働きかけ、その地域の教育のガイドラインそのものを変えていく、ということにつながるかもしれない。そうなれば、特に意欲ある先生がいなくても、NPOと協働の授業は可能になるし、お金も出てくるだろう。

 エコセンはその音頭を取る団体になりうるか、という質問をしようとした。が、まず手を上げている人を確認し(最初は認識されていた)、その後順に指していく中で、忘れられてできなかったけど。まあ、今はその段階ではないね。

 あと、その後の交流会ではいろんな人と話せて楽しかったのだけど、こういう懇親会、立食パーティーからでて一人になると決まって虚しい気持ちになる。いろんな人と話せるが、いつもその人は他の人とも話したい、ということを考えないといけない中での会話。そして、「ああ言っておけばよかった」とか「誤解されてるな」とか思うことばかりが残る。

それでミスミルを大音量にして、歌いながら川端を北上して帰ったのでした
[PR]
by taiji_nakao | 2006-01-28 17:36 | 参加したイベント
2006年 01月 27日
ばとん
バトンなるものを受け取ったのは初めて。きっとネタに困ったやつが始めたのだ。俺は書きたいこといっぱいあるもんね。

とかいいながら書いてみる。ってか、このテーマはなあ。


1.もてたと思う時期は?

う~ん。8歳くらいまでは、写真を見ても我ながらかわいいと思います。

2.似てるといわれたことのある芸能人は?

DA PUMPの誰だっけな、に似てるといわれたことがあります。昔の話です。

3.恋人を選ぶポイント

見守ってくれること

4.ここぞというときの香水や服

コンタクトは苦手だが、コンタクトの方がいいといわれてたので、わざわざコンタクトつけていったことがある。
過去3回(もっとかな?)コンタクトに挑戦したが、俺にはやっぱ無理。

5.告白されたことある?何人?

ないです。

6.わざとデートに遅れていったことある?

ないです。ってか・・いいです。
[PR]
by taiji_nakao | 2006-01-27 17:35 | にっき
2006年 01月 27日
のんだくれ
昨日、近くのお気に入りの店、「ホール&チェーン」で遅い晩御飯を食べていたときの話。

この店は、雰囲気いいし、ご飯おいしいし、店の人も気軽に話せるし、しかも家のすぐそば。

カウンターに座ると、既に出来上がったおじさんと若い男が話している。そのうち、八文字という、木屋町にある、ほんやら洞の甲斐氏が経営してる飲み屋に行ったという話になる。

「私、前あそこで働いていたことがあったんよ」
と店の人。
んで、俺も2年以上前だけど、八文字には行ったことがあったので、話に加わる。

そのうち若い男氏は帰る。
おじさん寂しそう。おじさんをみていると、見るんならこっち来いよ、と。

 そのうち、なあ、話そうよ、というし、後から来た俺の隣のここでバイトしてる女の人の隣には連れの男がいるし、そっちに行った。

 このおっさんは、京大の石田研あたりのことを知っていて、それから、最近京都にやってきた、マツタケ山再生に取り組んでいる吉村氏のことも。
 石田紀郎といえば、環境問題等の活動家として有名な京大教官で、もちろん、俺も知っている。まあ、直接その農薬ゼミとはかかわりはないけど。

 よう知ってるなと思ったら、この人、京大のすぐそばの古本屋の店主らしい。

 そして、そのうち、「資本主義について」語りだした。
まあ、こういう話は嫌いじゃない俺は、かなりマジメに聞いてたけど、これはのんだくれに対する姿勢としては間違ってるな。

 店の人もそう思うのだろう。いや、絡まれてると心配したか。しきりに、おじさん(たまちゃん)の飼ってる猫の話にしようとする。

 たまちゃんは、以前行方不明になった、ごんちゃんの話をしてくれた。

 しかし、そのうち、今度は構造主義についての話になった。曰く、「A=A'=A''」が構造主義の本質らしい。
 俺は構造主義に詳しくないので、よくわからなかった。

 やはり店の人が猫の話しようと言うと、
「ここに一匹の猫がいるとする。その猫の、猫たる存在は構造主義的な・・」

 たまちゃん氏は、3時から飲んでいるらしい。
念のため言うと、昨日は水曜日である。まあ、この際、曜日は関係あるまい。

 前に、大学の図書館のDVDで、確かイタリアの、飲んだくれの映画を見たことがある。
 ホームレスの男が、ある日紳士に大金をもらって、それで、友人に再会したり、踊り子と仲良くなったりするのだが、最終的にそのお金はワインと消え、その男も永遠の眠りについてしまうという、救えない話だ。

 のんだくれは、いつの世にも、どんなところにもいる。
本人も、周囲も大変なのであるが、どうしようもない面もあるのだと思う。
[PR]
by taiji_nakao | 2006-01-27 17:33 | エッセイ
2006年 01月 26日
林業者のつどい
今日は林業者のつどいに出席。
去年(http://taiji.exblog.jp/m2005-01-01/#478762参照)に引き続きであるが、今回は「里山活用分科会」の話題提供者の一人だった。

 前にも書いたけど、京都府の林業関係者(特に所有者)の総会みたいなイベントである。おそらく少ないだろうと見込まれていたこの分科会に、一番多い80人が集まった。

 府の担当の方に前日に、午後から参加しますとメールしたら、「なんと予想以上に参加者が多く、55人を越えそうです」
とあったが、さらにそれを越えたようだ。
 みなみに、そのメールの最後は「わくわく」で締めくくられていた。素敵だよね。自分もこうやって仕事したいな。

 イベント全体に関しては、不満だらけ。
 それから、分科会の内容は全体で要約(というよりお偉いさんの感想)が発表されたのだけど、杉良の部分は特に偏っていて、ああ、怖い怖い。年配者(出席者平均年齢60超えてるかも)とは違う新人類的に理解されてしまったようだ。
 お金の話はもっと慎重にすべきだったとか、でも、その偏った発表した人が近くにいたのに、非難する会話をしてたり、その人、謝りに来てくれてたのに、そっけなくしたり、しまった、悪かった、それにこれはその話を聞いてたとき俺の隣にいたその人の友人が、声をかけてくれたからだろうのに、あの人にも悪かったなとか。そして、自分の発表の反省、ああ、最後あの人に声かけられなかったなとか。
 
 そして、不満やらを友人に話していると、どんどん高ぶってくる。ハイテンションになる。疲れてることもあるんだろうけど、ものすごいハイテンションになってくる。
 いろんな感情がごっちゃになってるのに。

 こんなとき、去年までは突っ走ってきた気がする。
上のリンク先のブログを読んでいれば、「ようまあ、書くなあ」ってのがいっぱいあると思う。
 若さゆえってのあるだろうな。
 それが自分の魅力かもしれないが、そういう状態を続けると、見えなくなるもの、失うものも多いということは散々学んだ。

 それで、今日はその後、落ち着かせるために掃除したり、洗濯物たたんだりしている。
  
今年で23です。
[PR]
by taiji_nakao | 2006-01-26 17:32 | 参加したイベント
2006年 01月 24日
困った客
すでに閉店時間を30分オーバーしているのに帰る気配を見せない。
 もう、客がいる状態で片付けられるところは全部片付けてしまった。
早く帰れ~
 ラスト(照明を暗くして歌い、その後前より明るくする。こうして、おしまいですよ、帰ってね、といってるのだが・・)のタイミングで帰らずに、そう、昨晩のように恋愛談義に花が咲いてしまったときなどは最悪だ。
 しかも、途中でママが店に着てない客のアフターで帰ってしまった(こちらも困った客だ)ので、なおさら帰るタイミングに切り替わりにくい。しかもこの客、全く帰る気配なし。
早く帰れ~

 こっちは、バックの掃除をしていたらずっと使っていなかった水道の蛇口が緩んで水が漏れて、その処理に追われて疲れているのだ。
 全くの不運。最近客の入りが悪いからチーフという名の雑用係は、時給1,000円もらってるからずっとおしゃべりと携帯じゃまずわけで、ここんとこよく掃除をしている。
 冷凍庫を動かした後だから、てっきり露取りとかそういうところから少し漏れたんだろうと思った。で、とりあえず、使い済みお絞りを持ってて、すわせてはバケツに絞りを繰り返す。
 そしたら、客、結構入ってくるし、いつまでたっても水は出てくるし、ああ、蛇口から漏れてるし。バケツいっぱいになったから、客の目を盗んでトイレに捨てに行き・・
 
 もう帰ると思いきや、トイレに。何を期待してるんだろうかかわらへん。と、ホステス。
 帰ってきたら、おもむろに辞書のような手帳を取り出し、「これを勉強している」らしい。わかったら、早く帰れ~

 それに今日は、7時に来て1時間ほど一人で準備するのだが、その間カラオケをかけて、鼻歌歌ってたら、花屋のお姉さん登場。まあ、月曜はいろんな業者が来ることはわかってるんだが。しかも二回。気まずかったけど、仕事はちゃんとしてるもんね。(って、これもたいしたことないんだが)

 ようやく、腰を上げ帰る。やっとか、もう2時近いぞ。
さあ、さっさと片付け。片付け。
 そしたら、送り出したホステスが帰ったらすぐにメールが
「もうバイバイなん?」だってさ。
 しかし、この客は最近来た客、なおざりにはできない。
あ~もうどうしよ!?である。全くね。
大体月曜の夜だぞ。

 もう36になる独身。この歳なら、祇園では「ひよっこ」だそうだ。まあ、そうね。金かかるもんね。「遊び方わかってへん」

 何はともあれ、早く帰って欲しいもんです。
[PR]
by taiji_nakao | 2006-01-24 17:31 | エッセイ
2006年 01月 23日
困った一日
今日中には、エントリーシートを出さねばなるまいと思いつつ、「ホームページを見てどういう会社だと思いますか」という質問もあるし、ウェブを見る。

 事例紹介や、オピニヨンを見るに、ビジネス誌のような趣だ。その情報量、先進性に圧倒される。
 とりあえず、一通り目を通そう、とも考えたが、途中で無謀であることに気がつく。

 また、採用のページには仕事の流れ、社員の声など非常に充実している。体験ゲームまである。「もっと知りたいことはなんですか」という質問もあるから、考えるが、もう非の打ち所のないように思える・・

 そしたら、下のような文章に。

 「グローバルなネットワークを持ち、常に広域な分野のビジネスの最先端の現場に立ち会っており、そこで経験とデータを蓄積し、現状に対して的確な知識を持っていると思います。また、それらの知識を分析することで、ハイパフォーマンスを実現する為にこれからどうあるべきかを的確に提示していると思います。結果、ビジネスの最先端のさらに先を提示し、個々の課題解決を通して、クライアントとともにそこへ向かっていく、ビジネス全体のリーディング企業であると思いました。」

 ベタ褒めじゃないか。でもそう言うよりないな。
ハイパフォーマンスが、灰パフォーマンスと変換されたときはワラタが。
それで、困ったのが「あなたはどのような貢献ができると考えていますか」という質問。これは本当に、自分が入った後、そういう貢献ができるかと思っているのと尋ねているのか?
 中途ならともかく、新卒でそんなんあるかい。
・・いや、世の中にはある人もいるけどさ。そろそろ嫌になってくる。 
 800字も書けるかい。

 このまま一日が終わるのもまずいので、テスト勉強すべく図書館へ。うわあ、人、人、人。空いてる席が、ああ、かろうじてあったという感じ。

 しかし、なぜか、プリントは前に進まないのに、時計の針だけ進んでいく。
 いかん、睡魔と戦っているうちに時間は過ぎる。

 そして、今、こんなことしてる。やらんかい。
ああ~、今からバイトだ・・・
[PR]
by taiji_nakao | 2006-01-23 17:31 | 就活