<   2009年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2009年 04月 29日
価値観・理念・ミッション・ビジョン
少し前に、自分の関わっている団体でパンフレットを作るとかで価値観とかミッションとかいう言葉についてずいぶん考えた。このテーマはずっと興味があって、それでこの機会に自分なりに整理してみる。
難しいテーマなので、少しずつ改良していきたいと思いつつ。


0.理念・ミッション・ビジョン
 今書きながらも、理念とかビジョンとかミッションってわかりにくいなと思う。

「理念」:このメモでは、理念という言葉は使わず、ビジョン・ミッションを考える上では、「理念型」という考え方が重要という使い方にとどめる。

「理念型」:理念型とは、社会学で生まれた言葉。「~であるべき」ということである。
この「~であるべき」という主張は、帰納的に個々の事象から導かれたわけでも、演繹的に公理から導かれたわけでもない。個人がそう発想している、ということである。

「価値観」:ミッションやビジョンは、現状の問題を解決するために記述されている。問題とは、現実をある価値観に基づいて判断したときに生まれる。価値観がすべての出発点となる。価値観は理念型である。

「ミッション」:使命。組織の使命。

「ビジョン」:実現したいと思っている理想の状態の記述。少し曖昧であるが、「特定の瞬間の記述である」が基本と思うが、ある程度動的な状態(システム)の場合もあるかもしれない。どのようにしてそこに到達するか、というプロセスも含まれる印象もある。理想の度合いやどれくらい未来の話なのかはケースバイケース。
 
1.組織の存在理由の根本は「理念型」である必要がある
 組織がその活動をなぜするの?ということを突き詰めていくと、「~であるべき」という主張に行きつかざるを得ない。その主張から現在の活動をしている理由を導くことができる。
 
2.考える順番
 あくまで一つの方法と思うが、組織の中核となる、ミッション・ビジョンは次の手順で考えるよいと思う。
 
「中核メンバーの価値観の明確化」(ミッションにある背景の部分)
→「ミッションの明確化」
→「ビジョンの明確化」
→戦略へ

3.価値観が腹からでたものであることが重要

いろんな市民活動をしている人とこの種の相談・議論をしていて、その人が迷っているときは、世間で言われていることをそのまま自分たちの「価値観」としていることがある。

 例えば、「温暖化は止めるべきである」とがスタートの主張になっていて、「なぜ温暖化はダメなの?」「温暖化に伴って起きるどんなことにあなたは問題を感じているの?」「どうしてそこを問題だと思うの?」「その背景は?」「どうなったらいいと思うの?」ということが掘り下げられていないので、「価値観」にまでたどり着いていない。
 たぶん教育の影響だろうけれども、そもそも正しいとかじゃなくて「私はこう思う」と言い切ってしまうこと自体を躊躇している人も多い気がする。
 
すべての出発点となる価値観が頭の中にある知識でなく、腹からでていれば、どんなときでも自分たちの存在理由を迷うことなく言い切れることができる。

4.ミッションを考える上では範囲が重要
 組織はミッションを持つから存在する。
 
 ここでは、範囲が重要となる。現実的な要請から的確な範囲を与える必要がある。
 範囲が的確であるほど、経営(選択と集中)がやりやすくなる。
 
 ステークホルダーとの関係もある。業界のリーダーたちが関わるなら、その時点で業界を牽引してほしいという要請は強いだろうし、過疎化が進んだ村で若者が集まる組織なら、また違った立ち位置となる。
 
 もちろん、スタート時点の組織が小さいからと言ってミッションが小さくある必要はない。
 
 一人で運営しているとしても、その組織にミッションを与える、と考えた方がすっきりする。
 
5.ビジョン・戦略
 ミッションが明確になれば、後はどう実現するかという話になる。
 
 何が理想かという話は、ケースバイケースでミッションとビジョンに含まれ、
 どう実現するかという話は、ケースバイケースでビジョンと戦略で語られると思う。
 
 戦略にも長期・中期・短期とある。
 ビジョンとは、超長期な戦略とも言えるかもしれない。 
[PR]
by taiji_nakao | 2009-04-29 13:28 | 考え事
2009年 04月 25日
AaaF
今日、ちょっと久しぶりに銭湯に行く。家にテレビがないので、休憩場所のテレビを久しぶりにみる。
それで、iPhoneのCMをみた。

iPhoneではアプリがどんどん出ているのが有名だ。

特に、開発者では開発する環境とそれを売る場所まで確保されているのだから、とても有難い、ということで発売のあたりではいろんなブログで話題になっていた。

でもアプリに関していったら、日々に何十どころでないほどのアプリケーションを果たして人間は必要とするのだろうか?と疑問に思っていた。
実際、全部使うわけでないけど、そんなにいらないでしょうよと。

それで、、iPhoneのCM見て、そうか、これはiPhoneの「機能」なのだ。と理解したわけです。
今どきの携帯に山ほど付いている(そしてほとんど使われていない)、あれですね。
そういう機能がサードパーティーによってどんどん開発・修正されていくと。
しかも、ウェブ上のいろいろな機能を組み合わせて・・

なんて話、それこそ、iPhone発売あたりですごく話題になっていたことを今頃なんですが。
それで、近頃言われる、SaaS(Software As a Service)だのPaaS(Platform As a Service)とかと同じのりでAaaF(Application As a Function)と言ってみました。

まあ、言葉遊びです。
山ほどあって、辞書のような説明書があって、そして、陳腐化してしまう機能でなくて、必要な分がどんどん進化していくという機能になるというわけですね。
デジタル家電も将来はそういうことが実現するかもしれません。
そうしたら、未来の電化製品の「機能」という概念は今とはずいぶん違ったものになるかもしれませんね。

**
ところで、テレビ右上の「アナログ」という表記を最初、ドラマのタイトル化と思ったのですが、いつになっても消えないので、そうか、「お前はアナログ放送を見ているぞ。早くデジタル対応に買い替えなさい」という意味(ほんと?)なのかなと理解。

それから、クイズ番組製作をしている人たちのドラマだったんだけど、質があんまりだと思った。

テレビの中の番組が始まったときに、ほんとにスポンサーの紹介が始まったのは面白いなと思ったけど、その中の番組が余りにも安っぽすぎて。まあ、こういうのってある程度は目をつぶるっていうものだと思うけど、それにしてもさあ。

それから、水をかけるシーンがCGだったりして。それぐらい、ほんとにかけろよと。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-04-25 21:50 | ぷろぐらま
2009年 04月 24日
共有の森ファンド
先日、株式会社 トビムシが進めている、「共有の森ファンド」の説明会に行ってきました。

岡山県の西粟倉村というところで、行う森づくり事業へ小口の出資を募っているという取り組みです。

気づいたことのメモ。

「西粟倉村の村長が年間50回近くの説明会を開き、地元の山主を説得して、1500ha余りの山林を一括して村に管理をゆだねる、という合意を得た。」 これはなかなか出来ないことです。この村長が、強い意志を持って進めている、ということのようです。

出資の取りまとめをしているのは、ミュージックセキュリティーズという会社で、その名の通り音楽でミュージシャンがファンを中心に出資を募って売り出すという活動から始まり、同じフレームでシェフや蔵元に出資を募るという事業を取りまとめているそうです。いずれも小口を集めているのがポイントで、今回の共有の森ファンドも一口5万。

こうした取り組みはとても興味深い。
今回、投資、ということを考えさせられる。

この出資で、事業が回り、森林施行に携わる意欲ある人が食べていける。
そして、その人が消費する分、お金が回っていく。
今、日本に眠っているといういわれる個人資産何百兆円のほんの少しでも、意欲ある若者に回ったらな。
と思わずにいない。この辺は、最近ブログ上でも「徹底抗戦」しているホリエモンもそういうことを言っている。
お金を稼いで、宇宙開発の事業に投資しているんだと。ぜんぜん使わない方がよっぽど問題だと。

出資したお金は、主に大型林業機械のリースと間伐材(とっていも50年生以上が大半)の売り上げで返却に影響するとのこと。1立米いくらかで返って来るお金も変わってくるというわけ。
こういうお話は、聞いて考えているだけならシュミレーションとして楽しい。が、それがいざ自分のお金、となると二の足を踏んでしまうところ。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-04-24 22:17 | 山と木材のお話
2009年 04月 19日
Kanasan.JS, わんくま同盟、まっちゃ139
春です。

家の隣に桜の木があって、2週間前は満開でした。
花びらが大量に落ちてくるので、洗濯機をあけていて、洗濯物は花びらまみれになりました。

そうこう言ううちに、4月も後半へ。

他にも、鴨川産菜の花はけっこう美味しかったよ(かなり食べました。)、とか、六館堂はとてもすてきなお店ですよ、とかあるのですが、ひとまず、勉強会参加の報告から。

Kanasan.JS
4月12日(土):JavaScriptは、本格的に付き合いだしてから1年弱くらいだけど、最近はかなりはまっています。意味不明だったことも、だんだんわかってきたりして。最初の読書会では、内容の半分もわからなかったけど、今回は、だいたいはわかりました。
相変わらず、IEの標準化無視に対するつっこみで盛り上がります。(前回ほどでないけれど)
過去のバージョンとの互換性の問題があるので、変えられないようなのですが、やめて欲しいです。
まあ、JavaScriptはまだよくて、CSSの互換性のなさに、全世界のコーダー及びデザイナーが泣いています。ボックス内のpaddingとか、marginとか、なんとかして。私もその一人。

最近、ようやく関数型言語の魅力がわかってきました。
var a = function(x){
//
};
var f = function(a){
///
a(y);
};
とかできちゃうことの感覚は、オブジェクトで継承させて、・・というのとはまた別の軽く、スイスイ進む、という感じですね。まあ、隠蔽はけっこう面倒だったり(というか全般的に晒されている)するんですが。


わんくま同盟・まっちゃ139

参加者80人以上!
非常に知識レベルの高い人たちで、サーバ運用とか、こちらの知識は弱いので今後はもっと参加したいと思います。こちらは、半分くらいついてくのが必死でした。すごい。
先約があって、懇親会に参加できなかったのは残念です。

わんくまのなかさん、毎週のように勉強会を日本中でしています。
すごい。ここまできたら、何かこの活動で食べていけないのでしょうか、と思ったりもします。

それから、高校生も来てました。
それも高1.今度、オンライン勉強会を企画してるみたいです。
相方は、中一とのこと。
彼よりすこし上の91世代というのがひとつあるらしい。

小学生のときからウェブがあった人たち。
しかも、最近はAPIもいろいろと充実してますから。
何か新しい動きになるかもしれません。

ちなみに、同じ学校では話の通じる人はいないらしいです。
まあ、そうか。
でも、80人の前の自己紹介でも物怖じしてなかったし、すごいです。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-04-19 22:04 | 備忘録