<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2009年 07月 26日
海士町
c0043368_12421197.jpg

c0043368_12423134.jpg

c0043368_1342588.jpg


海士町
島根県の北60キロ、日本海に浮かぶ隠岐諸島の1つの島(町)。
後鳥羽上皇が流された流刑地としても有名で、神楽や俳句などの歴史文化や伝統が残る一方、島すべてが国立公園に指定されるほどの自然豊かな島。(海士音音楽祭パンフレットから)

人口が2400人で、過疎が進む中でも、若者のIターン者が2004年~2006年で145人というまちおこしのモデルとしても注目されているところです。

知人がその一人で海士に住んでいて、周りにはいったことのある人が多くて、みんないいところだと言っていて、ずっと行きたいと思っていた。今回、京都のmocomococafeチームとして友人と一緒に車で行くことに。出発前、こうしてみんなでどこかに行くというわくわくに久しぶりに興奮する。

海が近くにあるっていいなと思う。何より海産物が美味しい。正確に言うと、近くに漁港があるといい。新鮮な食材を安く手に入れられる。写真は岩牡蠣で、これは今が旬。こんなに大きくて、とてもおいしかった。
そして、海に入ったけれど、ほんとにきれいだった。

そして音楽祭。今回は、東京から来た人、そして私たちの京都組、関西から来た人、島にいるIターンの人であわせて30人で準備からやって、地元の人も一緒な、200人くらいのイベントだった。
写真3つ目が、今回作ったパオ。手製の屋根以外は、海士についてから竹の切り出しにいって作成。現地調達。

海士ではよく踊った。音楽祭の途中で、京都チームは踊りだして。
イベント最後は、前にスペースをつくって、みんなに楽器が配られて、踊って、歌って、最高だった。
最終日、片付けの後、海辺にいったけど、風が強くて海に入れなくて、ここでもみんな輪になって、太鼓たたいて、歌って、踊った。本当に、素敵な人たちだった。

来ている人たちは、いろいろな活動をしている人で、芯がしゃんとしていて、いい意味で変わっていて、濃い人たちだった。特に印象的なのは、音楽家の入江さんで、とてもやさしい、そして心がきよらかな人だった。帰りの車の中で、入江さんの音楽を流れているとき、その姿を思い出すのと一緒に、とてもやさしいものを感じた。そして、そうやって生きているから、芯がしっかりしているのだろう、と。

一週間前の出来事とは、信じられない。ずっと前だったような気もする。本当に夢のような3日間だった。
でも、ちゃんと残っているものを感じる。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-07-26 13:20 | 参加したイベント
2009年 07月 14日
なつ
セミが鳴き始めた。
なまぬるい暑さが、度を越してきた気がする。
ゴキブリの動きが余りにも活発になったので、夢にまで出てくるようになった。

7月も折り返し地点だというのに、でも、ぜんぜん、夏だという実感がない。
日中は、ずっとクーラーの効いたオフィスにいて、先週などは土日ともにやはりクーラーの効いた施設にいたからかな。去年は、もうどうしようもないほど汗をかいていた気がする。なんだか、このまま夏が終わってしまう気がする。

これといって書くことがないのに、なんとなく。
宮部みゆきの「名もなき毒」を買う。宮部みゆきは好きで、ミステリの方は大体全部読んでいる。
たぶん、宮部みゆきってとても気が利いたやさしい人なんだろうと思う。たぶん。
でも、悪いところは許せないのだ。特に、人間的な部分に関して。いつも、徹底的な悪人が登場する気がする。
「そこまで悪人にしなくてもいいのに」と思ってしまう。

そんな世界に引き込まれつつ、駅を降りたところで、電車の入り口のドアのあたりで、いきなり女性が倒れた。なんだか、びっくりして、ハッとする。荷物を置いて近寄るけど、もっと近くにいた男性が起こして、いすに座る。大丈夫ですから。

車掌が近寄る。大丈夫ですから。
もう一人の車掌は、すかさず、「ただいま、体調の悪いお客様がございまして、確認をしていたため、発車が遅れております・・」
最初の男性は、さっと引く。まあ、いてもしょうがないからね。

もう一人若い学生風の人がいたし、見ててもしょうがないので、後にする。
立ちくらみのようで、それほど深刻でもないようだったけど、しかし、倒れるタイミングがもう少し遅かったら、大変なところだ。あるいは、車掌はちゃんと見ていたのかもしれない。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-07-14 23:45 | にっき
2009年 07月 12日
オープンソースカンファレンス
京都で開催。京都コンピュータ学園にて。
家からすぐそば。

そういえば、去年もやっていたけど、行けなかった。
オープンソースという世界を初めて垣間見た。
面白い!

***CMSの話題

オープンソースのCMSといえば、XOOPSは仕事でもあるいは薪く炭くでも扱って、まあ、その大変さと一緒にちょっとお付き合いしたけど、それ以外は、WordPressがプラグイン充実してるよ、とか、MTは有料になったよ位しか知らなかった。

concrete5,Drupal,Geeklog,ek-MyWEB,SOY CMS,Joomla,TYPOlightの担当者が集まって解説するセッション。CMSというか、編集可能なプログラムというの宿命だと思うけど、自由な選択しが多いほど複雑になって、素人でもわかるようにするほど、選択肢が狭まる傾向になる、というのは宿命ではあると思うけど、ずいぶんと進化しているようだ。

SOY CMSの古荘さんは別の関係では話したことがあって、その時は農業関係の話しかきいてなくて、チラッと自社開発のCMSをオープンソースにしている、と聞いただけだった。なんで、オープンソースにするのかその時は理解できなかったけど、今は少しわかる気がする。

結局、アプリケーションを作って、単純にパッケージを売って、そのパッケージの販売だけで儲かっている会社って、Microsoft,Adobe,Oracle,SAPとあと少しくらいしかなくて、大抵の会社はカスタマイズとかで儲けている、というものらしい。で、そのときには、結局、そのもとのアプリケーションに詳しいところが圧倒的に強くて、で、開発元はその中では最も強くなれやすい。

最近読んだ記事に、マイクロソフトのいろいろな活動は開発者に知られていないことが多い、というのがあった。その記事によれば、知られないのは、開発中の情報を発信する人が少ないこと。そして、ソースが公開されていないこと。やはり、プログラマはソースを見ると安心する。実際にソースを読むのはごく一部だと思うけど。今日は、マイクロソフトの人も来てたけど、これはむしろ最近になってそういう発信に力を入れているということだと思う。

面白いのは、SOY CMSというのは小さな京都の会社がほんの1年半くらい前に開発したものなのに、今日の会場で結構知っている人がいたということ。まあ、かなり特殊なサンプリングだとは思うけど、それはオープンソースであることと無縁でないと思う。

CMSの発達の方向も面白い。
ひとつは、直感でできる領域が増え、ますます手間とHTML知識が不要になるということ。
アメリカでは、WordPressがインストール済みのホスティングサービスが多いという。確かに楽そうだな。
TYPO03の変種画面とか、ファイルをエクスプローラで確認できて、画像管理とかすごく簡単そうで、最初からこういうのがあったらホントに楽そう。

DreamweaverもCMSのひとつ、という話があったけど、実際、オフラインのCMSといえそう。
SOY CMSとかのしくみの説明を聞くかぎりかなり近いともいえそう。で、そういうHTMLタグを知ってる人を取り込むCMSという点で、SOY CMSは面白そうだと思った。

だけどHTMLの知識がなくても創れてしまう時代は間近に迫っていて、それで、HTML CSS Javascript書いてるコーダーはいらなくなるのかな。この辺はもう少し考えてみたいところ。

もうひとつの方向は、SNSとかの会員サービスとの連動。
mixiでコミュニティを作るように、コミュニティページを作ってしまうという機能もあるCMSがあって。
ごめんなさい、名前は忘れてしまった。そうすると、たとえば、 学校のサイトにログインして、倶楽部のページを作るときに、トップページ、掲示板だけでなくて、拡張機能をいれって画像ページだの動画ページだのを入れたり出来てしまって。
こういう、インターネットサービスの中でサイトをどんどん作ってしまえる、という方向。


***中小企業で活躍するOSS奮闘気

これ、面白かったです。
ちょっと場違いなほどハイテンションな声に最初は違和感があったものの、菅さんのその語りと展開にすっかりひきつけられてしまいました。

サーバ導入も、ECサイトも、Q&Aサイトも、仮想化までぜーんぶ独学・自社でやってしまったというお話。
毎回、
外注しようとする → 高い → 無理・やって → とりあえず創ってしまう

やる気があれば、できる!
その通りなんですが、結局Linux扱える人なんてほとんどいないわけで、、
なんて思っていて、実際そうだと思うんですが、菅さんの楽しそうな語りにちょっと考えが変わりました。

最近読んだ、
「地元の逸品を世界に売り出す引き出し方」
という本と絡めて妄想。

アウトソーシングでない、内部ソーシングみたいに、社内または同じ地域の中でそういう人材を共同で採用して、ある程度の教育と、オープンソースコミュニティへ連れて行って、なんかそういう人材を育てて、新しい社内情報課とかできないかな、と。

あと、面白かったのが、OpenOfficeをずっと進めてきたけど、みんなエクセルに慣れて、誰も聞いてくれない。

で、今2007が出てきた昨今。2007 のファイルって、下位互換モードで保存されないと開けない。
これを機会に変えませんか、という啓発活動をしているらしくて、それで同じく悩んでいる参加者側の話とか。


山下さんの黒箱をみて。
リンクサーバにUSBを(むりやり)差し込んであって、再起動させたりして「遊んでい」て、面白い絵だったけど、残念ながらそこをさらに突っ込む知識はなかった。残念。

オープンソースの世界は直接世界とつながっているのも面白い。
ドイツが本家のソフトは、「ドイツらしい職人のつくり」という表現とか。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-07-12 01:24 | ぷろぐらま
2009年 07月 05日
スキンを変えてみた
仕事でやら、なんやらでhtml、cssいじってるのに、なんだか機会がなくてブログのスキンずっと前に変更しただけだった。のを、なんとなくこの機会に変更。

まだまだですが、今日はこの辺で。画像も探してみよう。って、朝から何やってんだ。

朝起きて、PC立ち上げる。
やれやれ

前日飲みだったりすると、おなかもいっぱいなので、そのままお昼になったりする。
少し前は、お昼ごろに戸をたたく音がして、大家さんかと思いつつ、パジャマのまま戸を開いたら、同じ敷地内の事務所に来た知り合いが、こんにちは。(女性含む)

といっても懲りずに今もパジャマですが。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-07-05 09:13