<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2009年 08月 31日
(アカウンタビリティの)問題は公務員じゃなくて議会にあるのでは(追記)
昨日、東京から来た友人と話して気づいたことのメモ

公務員はムダが多いと批判されるけど、ほとんどの公務員の人は一生懸命働いているだけ。
問題なのは、予算を通した議会であって、本来はそっちが批判されてしかるべきだ。

なるほど。
会社でいえば、結果責任を経営者が負うのと同じでは。
たとえば、極端な話「ダムを100個つくる」という目標が設定されていたら、「70個」つくるより「90個」作る努力を現場はすべきだ。当然の話で、それをやって現場ばかり非難されるのは道理に合わない。

そういえば、四国で公務員で働いてる先輩に、一般論として「税金を使う根拠を100%合理的に説明することは無理」とかるくいったら、とても怒られた。
「ちょっとでもすぐ批判される。だから小さな工事一つでも、批判されたときにはちゃんと説明できるように準備している」それは切実に話していた。

本来は、そういう説明責任より、より効果的かつ効率的な運営に力を注ぐ方が健全なはずだ。

その根は、議会に政策立案能力がなく、行政が政策立案と執行の両方を兼ねているなんだけど、これはじゃあ、お金はどうするのって言う話。

一つの現実として、少なくとも地方議会は(なにもしていない)議員が多すぎると、ある若手議員は入っているのを聞いたことがある。
200人なんていらないから、4人にして、それぞれに優秀なスタッフを雇うお金を出すべきだ、と。

4人がいいかはわからないが、議員は多すぎるし、
なにより、「公務員批判」ばかりで、より本質的であるはずの「地方議員批判」がでてこないのはおかしな話だ。

(9月3日 追記)
あまりに雑な議論だったので。
話題を広げている割に、知識もないのに

この投稿で言いたかったのは、

アカウンタビリティ(説明責任)が強調される余り、行政の現場に理不尽な負担がかかっているのではないか
ということと、
予算を承認した議会にも説明責任があるはずなのに、そこは余り問われていない

ということです。

(9月4日 追記)
さらに、メディアは、何か起きるとその一面だけ取り上げてヒハンするのが大好きなのだけど、物事にはいろんな側面があって、すぱっと「こうすれば良い」など言うものはないのであって。

正解がないから、議論して、これでいきましょう、となるのであり、
そうやって議論して予算は決まったはずであって、その議論の過程こそが本来、説明責任を果たすべきなんじゃなかろうかと。

かなり建前論のような気がしますけれど、
現場は決められてことをやってるのに、その結果だけを見て、おめらはダメだダメだと責める経営って最悪なんじゃないかと。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-08-31 23:30 | 考え事
2009年 08月 25日
数学ガール
結城浩著

プログラム関係の本がおおいですね。

私の初めて手にした、本格的なプログラミングの本はJava言語プログラミングレッスン
就職直後の、(いや正確に言うと、技術系の勉強が始まったのは、2ヵ月後くらいだったが)、10人くらいの会社の技術リーダーが講師だった。

さっぱりしたというか、気張らない人で、「私はこの本より上手に説明することができない」といって、基本は各自で進め、わからないときに聞く、というスタイルだった。どちらにしても、専門学校のような、牧歌的な研修だった。

この人は、えらそうなことを言わないという姿勢が強すぎるし、どうよ?って思うこともなくもなかったけど、気張らない、くだけた感じでよかった。一番感銘を受けたのは、テストをする、という研修で、エクセルのリストをやって、画像のハードコピーを保存する(=エビデンスをとる)なんてことをしてたとき、どう考えても、これで全部網羅できるとは思えず、その旨聞いてみたら、

「私は、自分の書いたコードはプロジェクトのテストと関係なく、徹底的にやる。私のところからは、絶対にバグがでないようにする。それが、私のテストへのモチベーションです」
と話してくれました。

日本的な、暗黙知的な、いかにも現場のノウハウというところだ。
こういう人が日本のものづくりを支えているのだなあ、と思うのだけれど、もう、それだけでは限界が、といわれて等しかったり。

閑話休題

とにかく、わかりやすかったのは確かで、それがスタートだったのは幸運だったと思う。
その後に手にした、「Java言語で学ぶデザインパターン」(結城浩)は今、ちょうど読み返している。

で、その人が書いた、「数学ガール」は評判がよいみたいで、気になっていて、で、本屋で見つけてしまって。
数学への憧れはずっと持っていたけど、大学では変微分のあたりからサヨウナラ

本は、面白かった。
2人の女の子から好かれる、という男子の夢的展開も、よい。

それで、久しぶりに数学がときたくなったところに、404 Blog Not Foundで数学の話題があって、
整数の問題で、9桁の整数を二度ならべると7で割り切れるのはどうして、というような展開で、そのあたりの問題を定食屋で解いたりして。
ここの問題は比較的スムーズに解けたが、「数学ガール」の方で出てくる課題は、相当難しくて、とても解にはたどり着けなかった。

久しぶりに数学をやってみて(もう3週間以上も前の話なのだけど)、思ったことは、
1.あー、自分は考えることそのものがすきなんだな、ということ。
いろんなことを考える。仕事のこと、山のこと、あるいはプログラムのこと、・・・・
数学の問題をう~ん、と考えているそのとき、それらのことをう~んと考えている時となんら変わらないことに気づいた。
ある意味、なんでもいいのかもしれない・・・・・

でも、じゃあ、何を考えようか。
さあ、これは大きな問いですね。一生かけて考えて、実践し続けることって何かな、と。


2.ケアレスミス多いなー
受験のとき、イチローの打率並みにケアレスミスをしていた。
原因は比較的に自明だった。第一に字が汚くて、自分でも半分くらい読めないノートを書いていた。
繰り上がりを間違えていて、30分くらい悩んでいて、成長してんのか?って思ってしまう。


それから、結城浩の姿勢も素敵ですね。

例えば、こんな一節

「僕たちは、好きで学んでいる。
先生を待つ必要はない。授業を待つ必要はない。
本を探せばいい。本を読めばいい。
広く、深く、ずっと先まで勉強すればいい。」

中学・高校の時にこの本に出会っていたら、もう少し数学とは違う付き合いをしていかも、と思わせます。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-08-25 23:08 | お勧めの本
2009年 08月 22日
阿波踊りと四万十川
たこフェリーにのる
c0043368_10391589.jpg

たこフェリーの敵
c0043368_10393555.jpg

この連のヒーロー
c0043368_1040113.jpg

広い空・とても撮りきれない
c0043368_10403477.jpg

須崎の鍋焼きラーメン
c0043368_10411663.jpg

どうしてこんなにきれい
c0043368_10413934.jpg

ここから飛び込む
c0043368_10415774.jpg



すっかり道路国家の様相だけれど、本来は海運の国。
たこフェリーも経営難だという。

膨大なお金で橋をかけるより、もっとなんとかならないのかな。

作ること、否、ばら撒くことが目的ならば、四万十川みたいなきれいな川にすることにお金をつかったらどうだろう?
それにしても、どうして、あんなにきれいなのだろう。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-08-22 10:55 | にっき
2009年 08月 01日
できそこないの男たち
福岡伸一の本。「生物と無生物のあいだ」は評判どおり面白く、ファンになる。「世界はわけてもわからない」と本書をまとめ買い。ちょっと懲りすぎじゃない?って思うほど、小説のような構成になってるけど、この「物語」がいい。

高校の生物の先生はとてもユニークな人で、授業はいつも自前のプリントを使っていた。そして、たくさんの「物語」を語っていた。生物学の物語は、2種類に分けられる。ひとつは、研究者たちの物語。「一番乗り」そして、「ノーベル賞」を目指した熱い、人間ドラマ。それから、生物たちの物語。やつらは、どんな戦略をとっているのか。擬人化されたストーリーは聞いていて面白いし、興味がわく。うちの学校の生物はいつも成績がよかった。

ちなみに、その先生は3年間担任の恩師で、大きな影響を受けた。だけど、大学に行ったら、生物学の勉強はほとんどしなかった。この本を読んでいたら、その授業を思い出した。

ボーヴォワールは、「人は女に生まれるのではない、女になるのだ」と言ったが、生物学的には、「人は男に生まれるのではない、男になるのだ」というのが正しい、と筆者はいう。もともと生物は、無性生殖で殖えていたのであり、それはつまりみんな女だったということだ。受精卵からの発生の過程をみると明らからしく、男女関係なく女仕様で始まるのだが、男は、途中から仕様変更されていくらしい。

ママの遺伝子を、誰か他の娘のところへ運ぶ「使い走り」。現在、すべての男が行っていることはこういうことなのである。


以前、「ハンディキャップ原理」という本を読んだことがある。
見事な孔雀の羽は、生きていくうえでは不便極まりない。外敵から目立ってしまうので、非常に危険であり、生存競争という視点でみて、不利な遺伝子を持っているように見える。しかしメスは、立派な羽を持つオスを選ぶ傾向がある。なぜか?

それは、見事な羽を持っているということは、「そのような羽を持っているにもかかわらず生き残ることができる能力を備えていること」になるからだという。ハンディキャップ原理で面白いのは、肉食動物側もそのことをわかっているので、よく目立つ相手を狙わない傾向があるということ。つまりは、

ハンディキャップを持った草食動物:
「目立っていても逃げる自信がからこういう格好をしているのです。だから、追ってきても時間と体力の無駄ですよ。」

見つけた肉食動物:
「そうだろうね。やめときます。」

というコミュニケーションをしているということだ。これは人間も使っていること(例えば、あごを前に出すしぐさ)で、面白い理論だ。

肉食動物はしかし、たまに上記のようなコミュニケーションをせずに、目立つオスを追いかけてくる。だから、目立つだけでなくて、「本当に逃げるだけの実力を持っていること」は生き残るためには必須だ。
さて、ここで、本書の視点でオスのハンディキャップを説明するとなかなか生々しいことになる。

メスは敢えて不利な性質をオスに与えることで、それでもなお生き残りうる遺伝子を選別している。

追記:20:30 一部修正
[PR]
by taiji_nakao | 2009-08-01 10:13 | お勧めの本