<   2009年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧
2009年 09月 26日
お金持ちについて
お金っていうのは、基本的に使ってもらった方がよい。
そうしないと、経済が回らない。タンスに寝かしておくものじゃないよって。

だけど、「お金持ち」が「贅沢な」使い方をしているのを見ると、嫉妬するのだ。
あるいは、軽蔑する。

例えば、この間、京阪の深草から丸太町が最寄りに家が有るという人が、タクシーで帰っていた。
まあ、荷物も有ったし、腕を骨折していたというのもあるんだろうけど、
「丸太町までは電車に乗れよ」「お金持ちなんだな、」
とか思ってしまう自分がいる。

いいじゃないかと。
量に対する浪費は、例えば、とても食べきれないほど買って、ほとんど捨てるとかはまあ、反発しても自然かと思うのだけど。

利便性についていうなら、あるいは趣味とか、いいじゃないかと。
なんでそう思えないんだろう。

もっともっと使ってもらいたいのだ。
少しでも便利なもの、よいもの・サービスには惜しまずにお金を使って頂きたい。
使って、良いサービスならよいと、悪かったら、何これ?とか言って。
それで、いい仕事ができるようになる。

そう思えないのは、質素が美徳の精神なのかな。
それを、定着した階級にしてしまって、あの人たちとは違う、とかではなくて。

阿波踊りの会場で踊りをみるステージ内の席は有料で、なんで?
とか最初思ったけど、阿波踊りはそこに入らなくても十分堪能できて、
でも、ちゃんとしっかりと押さえておきたい人はお金を払って(まあ、これはけっこうたくさん入ってましたけど)観ればいいわけで。運営にしろなんにしろ必要なお金を、稼ぐことができる。

お金を使うってことについて、とてもネガティブになっていますね。
実際にお金がなくなっている状況下では仕方がないのだけれど、それ以上の「安さへの執着」があるし、それも仕方ないとしても、「安さへの執着を持たない人への嫉妬」はなくせないのかな。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-09-26 13:02 | 考え事
2009年 09月 24日
ピクルス
c0043368_2139969.jpg


この緑色の容器は、確か2年くらい前に買ったものだ。
ピクルスなんかが作り置きしてあって、ちょっと食べたい時に出してこれる、そんなのいいなと思った。
でも、ずっと、ほとんど使われることがなくて、最近まで眠っていたのが。

久しぶりに買った料理の本に、ピクルスが載っていた。
水とお酢を半々いれて、砂糖入れて湯だてて。薄く切った野菜をゆでて、さきの液につけて時間を置いたら出来上がり。とても簡単。

レンコンと、ゴーヤを試してみる。これはいいですねえ。


それから、昨日、東寺の近くでいい感じの乾物屋を発見。

山クラゲと、梅干、干ししいたけ、雑穀と、ずいぶん買ってしまう。
山クラゲ、さっそくきんぴらにして、これはおいしい。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-09-24 21:46 | 料理
2009年 09月 23日
京都観光
c0043368_18425160.jpg

土曜日は、比叡山へ。
鳥取から来てた友人が家に泊まって、朝7時に起きて午前中どこか行こうかなんて話していたら、比叡山へ行くことに。とりあえず、叡電に乗って。

ケーブルカーに乗って。
行きはロープエーに乗らずに歩く。ここのコースがよかった。
秋晴れで、景色がとてもきれいだった。

それから、蝉が鳴いていた。
もう9月下旬だって言うのに。

午前中で帰ってきて、駆け足だったけど、かなりよかった。これは、もっと近場も見てかなきゃ損だな、と思った、土曜日。

昨日は、ひょんとしたことから泉桶寺の夜間拝観へ行くことに。
家から徒歩10分程度というのに、夜間拝観を認知していなかった。

これがまた、よかった。

展示もよかったし、
「竜の舞」や地元の神輿、音楽演奏、豪華な庭、部屋、ついで、この機会に写経もして、抹茶もいただいて、たっぷりと満喫。
一人だとなかなか、ここまでしないので、いい機会でした。

お寺がもっと親しんでもらうと取り組んでいるようです。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-09-23 18:53 | にっき
2009年 09月 21日
大文字山・夕焼け
今日は、久しぶりに8ruくんと会う。
まずは、場所は吉田山の茂庵。
c0043368_2374983.jpg


すごい人で、待ち時間は1時間半。
でも、景色はすばらしく、満足なところでした。

明るいうちから、ビールとワインをつまみながら、あれこれお話。
まあ、すぐに話は深いところへ・・・

前回の投稿の続きのようなお話。採用コンサルをしている関係でいう話で言えば、来年度の新卒は2割は内定はとれず、再来年に至っては5割しか内定を取れないのは、ほぼ確実な情勢だとか・・・
とにかく、現在人事担当はコストとしか捉えられていない状況であり・・・

十分に気持ちが沈んだところで、大文字山へ。

夕日に間に合わせるべく、急ぐ。
汗をたっぷりかいて、到着。


最近、カメラにはまっている8ruくんが、一眼レフをもった、5日前に日本にやってきたというフランス人とおしゃべりしだす。そのフランス人の友人と私は、普通のデジカメを見せ合って笑い、4人で夕日が沈むのを待つ。

c0043368_2316143.jpg


夕日をバックに、「カメハメ波」のポーズで写真を撮ったりしていた。
ジャパニーズアニメってすごい。

ワンピースも知っているといっていた。
ワンピースは私もいまだ、毎週チェックしている。

つまり、現在進行形の共通の話題を、国境を越えて持っているということであって、これって、すごいことだなあ。とか下る最中に話していた。

薄暗い山道は、なんだか魅力がある。
マンガニッポン昔ばなしに出てきそうな風景だった。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-09-21 23:26 | エッセイ
2009年 09月 21日
昔はよかった。の意味することは変化した
昔はよかった。
という話を、私は、基本的に信じない。
仮に、ある基準でそういえたとしても、トータルで言えば、そんなことはない、と言いたい。

いつの時代にもいいところも悪いところもあるのだけれど、人は過去を美化する傾向があるから。

これまで、昔はよかったという文脈は、経済が発展して、失われたものに向けられているロマンチズムである傾向があった。
衣食足りて礼節を知る、は真理だと思う。
衣食足りている人たちが、足りていない時代がよかったというのは、基本的に間違っていると思う。


でも、時代は変わってきた。経済は、悪くなっているのだ。
右肩上がりの、シアワセな時代は終わったのだ。
だから、今までよく言われてきた「昔はよかった」という言葉の意味するものが変わってきた。

「終わりの始まり」の足音が聞こえてくる。

学生と話していても、9月の段階で内定がないという4回生がたくさんいるし、卒業しているが定職がない、という人も多い。
私は、就職して間もないので、好景気、というものを知らないから、よくわかないけれど、仕事をしていても、ああ、これが不景気の影響なんだな、と思うシーンが多い。

その一員である自分がいうのもなんだけれど、これからを担う若者の内情、というのも大変のようだ。

現実と自分の思い込みのギャップを思い知らされる場面がないまま、大人になること。
それは、自分でも思い当たる節がある。

たとえば昔は、大学院に進むことは難しかった。特に文系で、博士をとるなどとても大変だった。
ところが、大学院改革で大学院は乱立、学生の数に応じて助成金が決まるから、みんなたくさんとる。
たくさんとって、卒業させない、ということもできずに、結局質が下がる。
挫折を知ることなく、しかも自分の可能性を社会の現実より過大評価する20代後半が量産される・・・

人材会社で働く人は、面接をすっぽかすなどする転職希望者の礼儀知らずさにため息をつくが、
大学関係者は「そこに行く人はまだましな方だ」
という。

昔もそういう人は同じ比率でいた。
でも、そういう人は大学に来ていなかっただけだ。
というロジックが正しいと信じたい。
だが、仮にそうだったとしても、「そういう人」はどこかで働いていただろう、きっと。


今の日本はかつてのアルゼンチンに似ている、とというエッセイを読んだ。
アルゼンチンは、かつて、先進国だった。
農業が基幹産業の時代の覇者だった、らしい。
しかし、その後、世界が工業社会に移る中、移行できなかった。人材は農業が囲い込み、政治はリーダーシップを取れずに、政局争いに終始した。

工業が基幹産業だった時代、日本は覇者だった。
しかし、その後、世界が情報社会に移る中、移行できなかった。人材は、工業が囲い込み、政治は・・・・
[PR]
by taiji_nakao | 2009-09-21 08:54 | エッセイ
2009年 09月 20日
竹林日和
c0043368_20293137.jpg


昨日、クドゥさんから電話があって、久しぶりに深草の竹林で活動をするからと誘われて、何も知らないまま、10時に深草へ。

駅を出たら、参加者が多くて驚く。しかも、女の子が多い。
この界隈の活動は、いつも4,5人の男、と思っていたのだけれど。
最近、一緒にやっている人が神戸外大の人で、とても顔が広いらしい。

c0043368_2029596.jpg


竹を切って、器をつくって、キムチ鍋を作って、食べて、まったりする。
という一日。

オランダから旅行に来てるカップルが、たまたま昨日誘われて参加、なんていう例も。
話しながら、自分の英語力のなさを実感する。
箸づくりにはまって、ずいぶんたくさん作ってました。

印象的だったのが、殺菌するウェットティッシュが用意されていたので、それを使わないかと彼に言ったら、強く「ノー」といわれたこと。私はあってもなくてもいいが、準備してもらったし使おうか、という人だが、「そういうのはいらない」という毅然とした調子だった。

c0043368_20302072.jpg


火について。
こないだ、オール電化の家って増えてるみたいですね、とかいう話をしている時。
火事の心配がないから、老人にも安心だとかさ、いうよね。
でも、オール電化の家で生まれた子供って、暖房もエアコンだし、火を知らないまま育つことになるよね。
それって、すごく怖くない?
確かに。人類の歴史上、考えられないよね。

>>>>

機能としては、キャンプ場の炊事場を持った、でももっとおしゃれさを持ちつつ、オープンな公園を街中に作れないかな。
BBQじゃなくて、ご飯炊いたり、鍋をしたり。薪を割ったりもできて。
そんなスペースがあったらいいな、と。
単純に、焚き火ができたら、いいのだけれど。
BBQする、とはまた違って、パーティーのようなイメージで、そこに集まる、というのがひとつの「たまにすること」の選択肢の一つになる。ネーミングも大事かな。みたいなことを考えていたことがあった。

今日のイベントは、それを体現してるなあ、と思った。
今日の参加者も、けっこう層は広かったし。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-09-20 20:47 | 参加したイベント
2009年 09月 19日
ゼミに参加する
2時から7時過ぎまで、精華大の野口さんのゼミに参加。

テキストは、「サイファ覚醒せよ!世界の新解読バイブル」宮台真司 速水由紀子

野口さんは、大学の時からの山仕事サークル杉良太郎(すぎよしたろう)の先輩の結婚式の3次会で知り合って、それ以後よく飲むようになった。という話は、今日は4回くらいした。

先週誘われたこともあって、テキストの本は帰ったら家に届いていたくらいで、のんきな参加者で、こういうゼミはほとんど参加したことがないが、面白かったですね。
いつもは、アルコールが入ってからしか話していなかった。思想・哲学をちゃんと勉強していないので、いろいろ聞いて、ああ、なるほどと思うことがたくさん。


以下、酔っ払いながらのメモ。

■社会には法が必要。そうすると、そこであぶれる人がどうしても出てきてしまう。
宗教は、そういう悪人が救われる可能性を提示する、という役割がある。
例えば、貧しくて罪を犯さないと生きていけない状況におかれた人に対して、
キリスト教・・心の中で神を信じる
親鸞・・心の中で1回、ナミアミダブツ

という役割を果たす以上、社会とは常に緊張関係を持ってきた。

■ゲーテルの不完全性定理
数学の限界を示すものとして有名だが、高度な数学の論文であり、単純なものではない
(公理そのものを証明できない、という意味ではないらしい)
証明(定理?)を階層にわけ、最終的には循環参照になってしまう、というような内容らしい

■現象学
今(これは、いわゆる客観的な時間における、今ではない)、体験しているそのものを記述して分析する。それは、その外(いわゆる客観的)なものを軸とせず、あくまで主観による記述になる。
そういう行為をする数だけ主観が存在することになるが、そこにはそれらの主観同士に共通する「超越論的主観」があるだろう(カント)

例えば、ハイデガーはもの(道具)は、有用性という観点から、現存在の「生にとって」に行き着くものである、と認識されるもの、とした。
この話は、ビジネスでコーチングでいう、why?を繰り返せ、に似ている。
その仕事を何のためにするのか。という問い。
トヨタは3回するだとか。3回くらいがいいという、4回以上やると、社会とか、生きるため、とかいう抽象的な話になってしまうから。ハイデガーは、つまりそうやって繰り返せば、最終的には生きるため、というところに行き着くのだ、と主張しているらしい。

これは帰納的でも、演繹的でもない、理念型なんだろうな、と思った。

■心について
人間は心を持っているが、観察可能性がなく、報告可能性しかない。
それに、「心的存在」という言葉を使う。

・・・・・・・・
疲れたので、この辺で。


ちらちらと読んで。
宮台氏は、非常に断定的な書き方をしている。
が、けっこう「転向」しているらしい。
2006年に文庫本が出たのに、今は絶版になっているとか。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-09-19 23:46 | 参加したイベント
2009年 09月 16日
コンビニのポイントカードは作るまい
コンビニは使わないほうがよいのはわかっている。

第一に、高い。
同じ商品が、スーパーなら半額とかで売っている。
自炊するか、お茶を作れば遥かに安い。

そして、健康によくない。
それに、おいしくない。お茶屋さんで買ったお茶を沸かせば、20分の一の価格で遥かにおいしいお茶を飲むことができる。

だけれど、週に何度もコンビニに入ってます。
飲み物がないとき。朝ご飯を家で食べる時間がなかったとき。
疲れて、甘いものがほしくなったとき。お腹がすいたとき、ビールが飲みたくなったとき・・・・

便利なんですよねえ

会社の近くにローソンがあって、一時期は週に3度は買っていた。
毎回のように、「ポイントカードはございますか」と聞かれる。
「ありません」という。

ファミリーマートでは、「ツタヤかファミリーマート・・」と言われて、
たいていは、もっていないのだけど、たまたまツタヤに行こうと思っていて
持っているときでも、「ありません」という。
これは、ちょっとやけだ。

でも、最近、その方がよいのだ。
と思っている。
ポイントなんざ、ただの1%引きだ。

月に5,000円使っているとしても、50円だ。
しかも、複数の会社でつかうだろう。

1年に1回でもいい、ポイントカードを持たないことによって、200円の買い物をやめるようになったとしよう。
この場合、200円の「得」だが、この分のポイントを稼ぐためには、2万円分の買い物が必要なのだ。
ひとつの会社で年に2万も使わないから、金銭的にも十分ペイ(?)する気がする。

私は、多くの人がそうであるように、ポイントが貯まるのを快感に思う。
それなら、自分が「溜まるほどよい」と思うことで貯めたい。
例えば、スーパーのポイントカードとか。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-09-16 23:23 | エッセイ
2009年 09月 15日
小説2冊
「FINE DAYS」 本多孝好

村上春樹チックで、ワザとらしい描写がちょっと鼻について、長いこと放置された後、再読。
短編集で、なかなか引き込まれてしまった。
相変わらず、ところどころの不自然な表現が気になるけど、こういうストーリーのがすきなのかな。

Book OFFは正直なのか、主張なのか、「850円」と「200円」の2つの値札がついている。
(払ったのは250円)

今思ったけど、このシールをうまいこと貼ったら、ごまかせたりするんじゃないだろうか・・・


「おがたQ、という女」 藤谷 治

これも、ブックオフにて。
おがたQ、というタイトルに惹かれて。
これも引き込まれました。

引き込まれると、「降りた」駅のベンチで座って読んでしまう。
これが最近のマイブーム?
[PR]
by taiji_nakao | 2009-09-15 22:46 | にっき
2009年 09月 13日
中小大学が生き残るには
今日は、OBIIのイベントでした。
「あなたのinnovationが作る大学の未来 大学が生き残る10の方法」

少子化が進む中で、国は大学を競争させてきたけれど、このまま行くと大きいところの寡占が進んで、小さいところはみんな潰れてしまう。
中小の大学はいかにして生き残るか。

中小大学実践コミュニティの方が話題提供。
今日も参加されていたメンバーには、異業種から転職されてきた方も多く、まだまだ大学内には危機感がないようなのですが・・・

メモ

大学をめぐる4つの現状

少子化
大衆化
グローバル化
知識社会化

文科省は30年後の日本に危機感をいただいている。

小さな(特に文系)大学は、「後期中等教育」=あいさつができる・読み書きができるなど
を教えているのが現状。

今後は、中小の大学は専門性・独自性を高め、単位交換制度をより進めていくべき
社会人をいかに受け入れていくか
大学時代は楽しかった・
出張講座が都市部の便利な場所であったら行くかも
あるいはグランドで若い人といっしょに運動できるとか

大学が会社運営に乗り出す。
転職活動の際に、いったん大学の在籍して、大学のインターンや研修・授業で実践的に企業と運営するとか。

本来、大学とは学問の最前線の研究の場であるはず。
大衆化する中で、なんでも間でも求められている。

でも、あいさつとか読み書きは義務教育ですべきことでは。

国際化

進学率だけみれば、先進国の中で際立って高いわけではない。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-09-13 01:27 | 参加したイベント