<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧
2009年 11月 29日
FREE <無料>からお金を生み出す新戦略
商品を無料にする、というビジネスには胡散臭さがある。
そりゃそうで、だって、そのお金をどこで稼いでるんだ、とおもうから。

だが、無料=胡散臭いというわけではない。
なぜなら、特にデジタルでは商品を生産・配布するコストが劇的に低下したここと、それ以外で稼ぐ方法があるからだ、と本書は説明する。

本書を読んで思ったのは、フリーというビジネスが成立する背景にはいろいろな要素が絡んでいるということ。
以下、メモ。

別のところで稼ぐのは今でもあるモデル
お金が払われる、ということは今でも広く行われている。
喫茶店やバーでの飲み物代など。

配布コストが0に近づく
現物を配布するにはコストがかかるので、流通が大きなお金を動かしてきた現実があって、そこがいらなくなっていく、というのが大きい。

フリーミアム
フリーとミレニアムの合成語。
今までは、5%の無料版(ないしプレゼント)と95%の有料版(通常製品)で運営していたが、
95%の無料版利用者と5%の有料版利用者で運営する。

潤沢さ
今までは、商売は基本的に「希少さ」を前提に設計されてきたが、今は「潤沢さ」が前提になる。
という主張は、なるほど、と思わせる。
たとえば、グーグルのデータセンター。膨大なサーバ群を持つ巨大なデータセンターを運営するから、そのおかげでその費用が非常に安くなる。それが、多くのサービスを無料で展開できる力となる。

寡占
無料の世界では、一位が圧倒的になりやすい。
潤沢さの源泉はスケールメリットによるコスト削減にある。
フリーミアムを成立させるためには、分母が十分に大きく5%の層で十分稼げる必要がある。

95%のユーザの大部分は、それまでなら別の有料サービスの利用者だった、ともいえる。

プロシューマ
これは、アルビン・トフラーの「第三の波」で消費者=生産者という概念。
本書で言ってるわけではないし、トフラーの直接言及している内容と直接の方向は違うが、思ったこと。

本書のレコードアルバムでの無料配布の例をちょっと長いけれど、抜粋。

自慢のアルバムだったのに、レコード会社がマーケティングに金をかけられなかったのでさっぱり売れなかった。そこで、レコード会社を説得してアルバムを無料配信できるようにした。ただ、そこである仕掛けをしたんだ。アルバムをダウンロードするには氏名、電子メールアドレス、そして郵便番号を入力してもらうことにして、さらに、このアルバムに興味を持ちそうな5人の友人のメールアドレス(これは保存しない)も入力してもらった。そして、その友人たちにダウンロードをすすめるメールを出した。3ヶ月間で8万人以上に無料で提供した。それから郵便番号で電子メールの一覧をフィルタリングして、僕のファンがどこに住んでいるか調べ、ライブ情報を電子メールで送ったら、ライブハウスに来てもらえるようになった。今は、ライブチケットを売り、たくさんのグッズを打っているよ。そしてぼくは音楽で食べていけるようになったんだ。


この箇所を読んで、この人は無料版をダウンロードした人を「パートナー」として扱っている、と思った。
それは、ビジネスでの態度に近いと思う。
ビジネスに限らないけど、世の中は、ギブアンドテイクの世界。
それで、生産者が顧客に協力を仰ぎたいとき、まず何ができるだろうと考えると無料で配布という形は最もあり得る形と思われる。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-11-29 16:13 | 考え事
2009年 11月 23日
日本のダブルスタンダード
昨日・今日と、OBIIの創発手帳開発合宿に参加してました。

参加者の特性によるところが大きいのですが、異分野の人とがっつり話すのは楽しいですね。
特に、私は企業向けの仕事なので、消費者むけの視点はまた違って、とても刺激的。
その内容は、ちょっと今はまとまらないので、観光で寄った、海上自衛隊の、
パンフレットにあって、教えてもらって知ったことについて。

今日は、イージス艦の、「あたご」が停泊していて、中を見学したのですが、
「あたご」は、「第三護衛隊」なんですね。

で、護衛隊って何を護衛しているの?という話から、
パンフレットを見ると、英語は、「Detroyer」とある。
全然、日本語と英語が対応していない。

ああ、これが話として聞いたことのある、日本が国内への説明と海外への説明を分けているという、「ダブルスタンダード」というやつか、と知った次第でした。

海外では、基本、Destroyerなんですから、全然、護衛、じゃないのに、
国内だと、某新聞などに批判されるから、「自衛隊」の「護衛隊」なんだと説明するわけですね。

う~ん・・・
[PR]
by taiji_nakao | 2009-11-23 21:06 | エッセイ
2009年 11月 15日
自分ではどうしようもなかった失敗はネタになる
仕事への情熱の源泉って、やっぱり認められる、っていうフィールドバックだよね。
という話の中で、でも、失敗はいくらでもあるわけで、それをどう捉えるか、という文脈で出てきた話。

「笑うしかない状況」

自分ではどうしようもなくて、もう、笑うしかない、という状況。
そういう時、笑えるのは、強い。

笑う為には、自分を客観視する必要がある。その状況にコミットしている視点ではなくて、離れた視点から見れている必要があって、だからその状況を笑えている、ということは、自分を客観的に見れている証拠。
この時の視点が、ネタとして話す時の視点となる。


「人は自分の仕事を他の人に理解してもらいたい、と思っている」

人は、理解されたいと思う生き物で、自分が多くの時間をかけている仕事についてはなおさら。
でも、
自分でどうにかできたはずの失敗を語るのは、自分やあるいは自分を取り巻く環境の悪口を語ることになり、それはつまり愚痴となる。
あるいは、うまくいったことを語るのは、つまり自慢話になってしまう。
どちらにしても、聞く方はあまり面白くない。

以前、カウンセラーの人の書いた本に、

よく、上司が部下を飲みに連れて行って、長々と話すことがある。説教とか、自慢話とか。
で、支払は上司なのが普通です。あれは、「カウンセリング代を払っているのです」

のようなことが書いてあって、なるほどな、と思った。
あるいは、

日本でカウンセラーが流行らないのは、スナックのママや占い師がいるから。

という話もどこかで読んだことがある。
愚痴なんかは、こういうところで吐露されたりしているらしい。

でも、自分ではどうしようもなかった失敗は、ネタとなる。
これは、ありがたいことに、聞いている方も楽しい。その上で、話す方も自分の仕事を理解してもらえる。自分が仕事でどんなことを考え、悩んでいるかをわかってもらえる。これは Win-Winの関係だ。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-11-15 20:35 | エッセイ
2009年 11月 15日
そだてるワールド・カフェに参加する
そだてるワールド・カフェに参加してきました。
運営をしている、田邊さんには4ヶ月くらい前にhome's viのセミナーでお会いして、その時のワークのペアの相手であったこともあり、今回お誘いがあって、参加してきました。

内容は、ワールドカフェ(参考記事)という、会議の一手法でした。
これは、いくつかのグループに分かれて、それぞれでテーマについて自由に話し、今度は一人がそのテーブルに残って、他はばらばらに別のテーブルに行き、そこでテーブルに残ったホストから、そのテーブルで話し合われたことを聞きつつ、自分たちのテーブルで話したことも付け足します。

今回は、4グループで、4回のセッションでした。テーマは、「仕事に取り組む姿勢」ということでしたが、かなり自由に話が進みました。

参加者は、中小企業診断士の方や、事務職の方から研究職の方、学生と多様で、多くの気づきがありました。

以下、心に残った、メモ。

*一生懸命やった結果の失敗は、ネタになる。
 これは今回の一番の収穫な気がします。これは、次の投稿で詳しく書きます。


*仕事への情熱の源泉は2種類ある
 1.創造:最初。日本初。世界初ならベスト。あるいは、新しいことを始めること。
 2.人から認められること:
   営業・・今すぐには、ないんだけど君には何か仕事を頼みたいんだ
   事務・・やり方がわからなくて聞かれてきたとき。
    本当は、そういう非定型の仕事はめんどくさいから、ルーティンワークの仕事だけの方が楽。
    でも、自分の仕事のやりがいはそういう風に頼られている時に生まれる。

エンジニアと営業では、共通部分もあるけれど、少し違うかもしれないという話から。
確かに、上記のようなことはあるかも。

*もらったお金以上の仕事をして返すのがプロ
 何もお金をもらわずに仕事をするのは、そういうプロ意識が働かなくなりがちかもしれない。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-11-15 20:15 | 参加したイベント
2009年 11月 14日
現代の「また会いましたね」
ずいぶんひさしぶりの投稿。

youtubeに、あなたの知り合いというのが出てくるようになった。
自分が登録したわけでないのに、自分が知っている書き方で名前がでてくるとインパクトがある。

gmailのアドレス帳-そのアドレスでID登録している人。
とう紐付けで、アドレス帳で登録している名前でててくる。
いかにもグーグルらしい、全くの自動だ、と言うわけ。

例えば、パーティーで名刺交換して、その帰りに、タワレコに寄って視聴してたら、その人もいて、
あれ、また会いましたね、ミスチルとか好きなんですね、
とかいう展開を期待していると思われ。

でも、そうはうまくいかないですよね。
まず、データを登録している人が少ない。 
・・・これは登録している人だけ取ってくれば解決する面もある

あくまで、コミュニティ機能を使っていない者の私見だけれど、シェアという感覚がなくて、「覗いている」感じで、ちょっと気が引ける。
それにそこまで、見たくもないかな。

でも、やっぱり新鮮だった。
「また会いましたね」の新しい感覚。

※もちろん、もっとよく知った友人同士での利用も想定しているのだろうけど
[PR]
by taiji_nakao | 2009-11-14 18:41 | ITのこと