<   2009年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2009年 12月 31日
ことしもおしまい
なんで、
var input = document.createElement('input');
input.name = XXXでダメなんだ、IE・・

そんなことを悩んで、結局scriptaculous.jsさんのお世話になって解決させる。
(原因は不明・・)
そうやって、深夜でやってるくせに、昼間に漫画を読んだりしている。

ぜんぜん、自分をうまく制御できていない。
かつてに比べたら、ましかな、とは思うけど。

明日から実家へ。
お正月は、ネットはみないことにする。
液晶テレビが来たらしいから、テレビでもみることにしよう。

その前に、2009年を少しだけ振り返ると。

悩んだりしながらだけれど、時間が進むにつれて、より仕事に強くコミットするようになった。

勤め先は小さな会社だし、学生時代からのつながりとかで、仕事以外で人に会うことの方が圧倒的に多い。
京都つながりとか。意図的に、会おうとしているのもあるし。
いろいろな人に会ったな。まあ、もっとずっとたくさんの人に会っている人もいるし、もう少し欲張って動けた気もしていますが。

去年なら、それが仕事と結びつく可能性は限りなく小さかった。
今だって小さいし、いつも仕事(商売)の話をするつもりはないけれど、その可能性を考えるようになって、うっすらした線が、少しずつ見えてきたりもする。

自分が、やりたいんだ。ということはわかった。
というより、そういう心境になったのか。
いろんなことがそうだけど、しゃべってばかりいるのは、もういいや。と。
自分が参加する活動の目的は本気で考えたいし、本気で考えるなら、達成したい。

最終的に、何をどうするんだ?っていうことは正直わからない。
でも、少なくとも、今、ぜんぜん、自分に足りてないものが多いことは明らかなわけで。

では、2010年を楽しみにして。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-12-31 01:52 | にっき
2009年 12月 20日
読書会忘年会に参加する
今日は、OBIIで知り合ったKYさんに誘われて、読書会忘年会なるものに参加。

読書会、という形式の勉強会は最近出てきたみたいで、関西でも今年あたりからいくつか出てきた、という感じらしい。そして、その3つのコミュニティが合同の忘年会、という会でした。

読書会、といっても、本が決まっていて、それを輪読する、というのではなくて。
各自が自分の好きな本を持ってきて、それを紹介する、ということが、いろいろな流派はあるにしても、中心となる。

本好きにはたまらない。

ということもあって、2つ返事で参加。
で、持って行く本をどれにしようか、というところで悩む。
テーマは、今年の一番、ないし、今まで読んだ中での一番。

今まで読んだ中で一番といったら、やっぱり、ケン・ウィルバーかなあ、と思うが、実は、これと似た趣旨の会でそうしたら、ややしらけてしまったということがあって、もう少しさきに出すことにする。

後は、野中郁次郎の「知識創造の方法論」あるいは、小説で、いしいしんじ、ないし、イッセー尾形の人生コーチング。あるいは、暮らしの手帖の松浦さんの「今日もていねいに」

または、最近、というより、今週読んだ、「ご冗談でしょファインマンさん」
最後のにすれば良かったかな。

で、勉強会だし、最近は読んでないけど、大好きな野中さんかな、とか思って、それにする。

忘年会なので、飲み会。
30人も集まっている。読書会で30人とは、なかなかである。というより、すごい。
しかも、話を聞いていると、今回共催の3つのコミュニティは全部、今年誕生したらしい。

活動の拠点はmixiが中心らしい。

自分の好きな本について語りたい、という人は必ずいるはず。
だって自分がそうだから。そして、参加して思ったけど、本の紹介と交流会はとても相性がいい。
普通に異業種交流会をやれば、当然ながら、まずは名刺をみて、「お仕事は?」となるし、まずは当たり障りのない話から、ということになる。もちろん、今日もそういう話は何度もした。

でも、面白いのは、本を持って移動するので、まずは、「あなたの持ってきた本は?」となる。
本という、かっこうの、そして、本好きならいくらでも話せる話題が、そこにある。

マニアックな本でもいい。今回のように時間があるなら、全然、ウィルバーもありだった。
ユニークな本は、その人の興味を浮き彫りにする。

それで、たくさん、いろんな人と話した。

ディベートをやっている方のお話。
関西でのディベートの活動はちょっと元気がなくて、もっと若い人を呼んで、元気にしていきたい、それで、50近い方なのだけど、mixi経由で初参加で来たという。

とても、熱心な方でした。
初めての人にもとっつきやすいディベートのイベントをやって、若い人を取り込んでいきたい、ということ。
私もぜひ、行きたいと思った次第。しかも、京都、ということです。

本、の紹介でした。
いくつかのグループにわかれて、一人3分くらい説明。
私のグループはみんな小説で、いしいしんじにすれば良かったと少し後悔。

中島らもを持ってきた方は、
中島らもは、松田聖子が大好きな友人が「聖子ちゃんが見ている空と同じ空を見れるだけで嬉しいから。そのために上京する。」という話を聞いて感動して涙した、というエピソードに、「大人であっても、年齢でなく、純粋な人はいるんだ」と思い、また、その内容に共感したと。
その対象が、松田聖子、というところに違和感があるものの、「人が純粋であるかどうかは、年齢に関係ない」ということにはとても共感。

席が隣の隣だったロミーさんは、宮部みゆきの「火車」
宮部みゆきのミステリーは大好きな私は、ほぼ全部宮部みゆきのミステリーを読んでいるけど、内容はあんまり覚えていないと知った・・・

法律事務所で働くロミーさんのお話は新鮮でした。
宮部みゆきも法律事務所で働いていた、というのは初耳でした。

いろんな方がいて、ECサイトのコンサルをしている方は、社会学が好きで、宮台真司の本でした。
これはもう、最近、野口研のゼミで勉強してきていて、興味ありな私は話しがはずむ。
で、宮台の言う、主知主義と主意主義についての説明を聞いていて、ゼミで勉強してきた内容と全く同一で(まあ、あたりまえなのですが)、厳密に書かれている書物、あるいは学問というものが、共通言語を提供している、という意義を学んだのでした。

次の移動先では、まず、「歴史に興味ありますか?」ときかれて、どうも相手は「飛鳥時代」が好きだという。
まあ、ピンポイントですね。で、続く話を聞いていたら、大阪市立科学館はいいですよ、という話で。
180度転換してますから!

で、彼女はそこの「友の会」のメンバーであり、つい最近、科学館で開かれた実験ワークショップで、金箔をメッキする実験に参加して、楽しかったことを話し始めた。
それが楽しそうなこと!
科学館の隣の美術館には、何度か行ったことがありますが、今度は、科学館もいいなーと思ったのでした。

それにしても、研究者が聞いたら、喜ぶ話ですね。

そして、特許の翻訳を仕事にされている方と話す。
そういう仕事をしていると、どこの世界情勢がわかるという。
今は、とにかく中国が多いという。次いで、アメリカ。そして、日本。
でも、アメリカでなくて、中国だという。それはもう、そういうのがはっきりわかると。
なるほど。

そして、日本における、翻訳家の地位について。
海外に比べ、給料が安いという。それは、いってみれば悠久マダムの職と見なされているところがあって、それで相場が低いらしい。
これは、国が専業主婦を定義してきたことの、一つの犠牲なのかなーとか、帰りの電車で思った。
たとえば、そろそろ廃止されるらしいけど、扶養手当というのは海外にないらしいし。

とまあ、いろんな人と話ができて、楽しかったです。

こんな会が今までなかったのはなぜかと思ったら、やっぱり、インターネットだと思う。
そしてmixi.
本好きが集まって、運営する人まで現れ、ちゃんと回る。
会を作って一年目にして、同じことをやっている人どおしがつながってしまう。

先日、ひさびさにフィリピンにNGOで働いている学生時代からの友人と薪く炭くのメンバーと飲んで、楽しかったけど、そこで、コンピュータの外の話があった。
コンピュータが導入されて、みんな「ゲームをやるようになって」、会話がなくなったということは、そうらしい。働かない人が働かないのは、コンピュータとは関係ない次元の話だが、ゲームの増加と会話の減少がセットになるのは想像がつく。
その話はいいとしても、何度かPC=悪の論調が出てきたときは納得できず、その場は何も言わなかった。

技術の進歩は止められない。これは、真理だと思う。
過去にすがりつくだけでは、時代遅れになって「抵抗勢力」となり、それも一つの役割と思うが、時代が進むにつれ、荷物以外の何者でもなくなってしまう。これも真理だと思う。

だから、コンピュータを危惧する人は、感情とか偏見でなくて、現物の進行しているものを見て欲しいと思う。たとえば、mixiのコミュニティとか。良いニュースは、たとえば、読書会コミュニティの成功など。
悪いニュースは、たぶん、今も行われている思われる、未成年者の、いわゆる出会い系のコミュニティなど。

最後は蛇足でした。

主催者のみなさま、ありがとうございました。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-12-20 01:50 | 参加したイベント
2009年 12月 19日
Jetpack
先々週、Kanasan.JSのJetpackワークショップに参加する。

Jetpackというのは、次世代のFireFoxのアドオンのプラットフォーム、のようなもの。
ほとんどJavaScriptでアドオンが簡単にかけてしまう、というしくみだ。

実際、当日2人ひと組で作ったが、これはかなり手軽につくれる。
もっとも、jQeryベースで、すこしクセがあるので、慣れない僕らのグループは苦戦しましたが。

ちなみに、「フォーム内に記入された内容を逐次ローカルに保存して、もう一度そのサイトを訪問したときにフッターのボタン「Remember」を押すと復活する」というのの、作りかけ、を作りました。

これは、ちゃんと作ったら、便利だと思う。
誰しも、ブログを書きかけて消してしまったこととか、入会情報を書いてたら期限切れになったりすることはままあるから。

でも、他のグループはもっとハイレベルで、すごかったな。
集合知プログラミングの技術=PCに学習させるような考えを使って、ニュースサイトから鉄道関係の記事のみを大きく表示させ、他の文字を小さくする、というのは、インパクトありでした。

これは、まさに「色眼鏡」
ブラウザ自身をこうしてしまったら、面白いな、と。
まあ、人間の目はそんなもんかもしれんと言う意味も込めて。

それにしても、参加者のレベルが高いですね

jQueryという,JavaScriptというプログラム言語のライブラリが大変便利で、よくできている。
私は、Prototypeを使っていて、こっちはこの種のライブラリとしては先駆者だったのだけれど、現状をみると圧倒的にjQueryで、そろそろjQueryも使っていかないと、と思う今日この頃。

ところで、今、HTML5.0の話が進んでいる。
知らない人には、なんのこっちゃ、ということですが、htmlダグの新しい標準の話で、アニメーションとかがhtml+cssでできちゃうと言う。
さらには、ローカルデータベースなんかも充実する。

そうすると、今までのローカルで動くアプリが、どんどんブラウザでできちゃうわけで。
ウェブ屋としては嬉しい流れです。

マイクロソフトもIE9では、かなりHTML5を取り込むみたいですしね。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-12-19 00:26 | 参加したイベント
2009年 12月 05日
「渋滞」の先頭は何をしているのか
小学生の頃、まさにこのタイトルのことを考えたことがあった。
「最終的な原因としては、道路に車が入りきれないからだ」というのが親の説明だった気がするが、よくわからなかった。たぶん、先頭は信号とか事故とかで止まっているのだろう、と考えることにした。

筆者が言うには、これはボトルネック渋滞というタイプに属するらしい。
事故とか、料金所とかが原因だ。

しかし、これらに各種の対策が立てられている今渋滞の原因の一位でないという。
一番多いのは、特定のボトルネックの存在しない「自然渋滞」だというのだ。

これは直感に反する。
ただ、私も渋滞を抜けた後、特定の原因となる、事故などが見あたらず、あれは何だったんだろう、と思ったことはあり、なるほど、あいつが自然渋滞だったのか、と知る。

自然渋滞はどのように起こるのか。というと、その原因は増幅する連鎖反応にあるらしい。

車間距離が狭い場合、前の人が減速すると、すぐに後ろの人も減速する必要がある。そうしないと、追突してしまいますから。

すると、さらにその後ろの人も減速して、・・が続いていく。
そして、人間の性質からして、後ろに行くほど、減速の度合いは強まり、最終的には停止してしまう。
こうして、渋滞が発生するというのだ。

そう言われてみれば、なんとなく理解できる。

ここでのポイントは、「車間距離が狭ければ」という前提である。当然ながら、十分な車間距離があれば、前の車が減速(ないし停止)したとしても、こちらが減速や停止する必要はない。

だから、筆者は渋滞が起きそうな場面では、車間距離をとりなさい、とすすめる。
そして、その距離は40メートルほどがよいという。これができれば、この間がクッションとなって、渋滞の波がやってきたときに、減速しないで済む=自分の後ろに伝播されない、という。

だれしも、前に距離があれば詰めたくなるものだから、心理的に難しいものがあるし、
理論上、この防波堤の役の車自体は、詰めた方が若干走行時間を縮められるという。
しかし、道路全体でみると、こういう車が存在する方がスムーズな動きとなるらしい。

以前、経営をシミュレーションするMITで開発された「ビールゲーム」をやったことがある人なら、まさにあの現象である。このゲームでは、ここが全体の情報を持つことで最適化がはかりやすくなる、としている。

渋滞でも同じかもしれない。
普通、渋滞情報は、自分の前の情報を知らせるが、後ろの情報を与えて、運転にフィードバックしてもらうシステムが必要かもしれない。
単純に、渋滞の先頭にいる人にそれを知らせることは有用かもしれない。

「渋滞学」の対象は、交通渋滞にかぎらず、例えば人の混雑時などにも応用できるという。
人間の場合も、1.2メートルほどの間を持って動くのがもっとも効率がよくなるという。


・・
3日(火)から訪問者数が増加して、4日には120人を超えるという、本ブログでは最高値(ちょっとしょぼいですけれど)を更新したものの、ページプレビューをみると、28とかになっている。
エキサイトのエラーだろうか。
どこか有名なサイトに紹介していただいたのかと思いきや、残念です。
[PR]
by taiji_nakao | 2009-12-05 14:14 | お勧めの本