<   2010年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2010年 01月 30日
Viewerの進化と電子出版について考えてみる(1)
しないで済むならタイピングはいらない、という人が大半

とは、ずっと前から思っていた。
就職する前に、紙copyの制作者の洛西さんが、今のコンピュータは使いにくい、ということを語っているのを聞いた影響が大きく、以下の文章はほとんどその影響の延長にあるかもしれない。

「コンピュータは難しすぎて使えない」とか読んで、そうだそうだ、と思っていた。

今でこそ、タイピングはもちろん、コンピュータの管理設定、
例えば、Windowsの「コントロールパネル」を開いてもなんと思わない。

でも、ほんの4年前は、「Administrator」の意味さえ知らなかった。
LAN経由で別のパソコンのフォルダを開いているのを見て、驚いていた。
その設定とか、さっぱりわからなかった。

そういう「むずかしさ」がパソコンにはつきまとっている。
もちろん、ウェブアプリケーションを管理するというなら、コントロールパネルのようなものを避けて通れないだろうけれど、単にネットサーフィンしてメールするくらいならもっと簡単でいいはずで。

キーボードも、その延長で捉えてみて、ほんとに一般的なユーザに必要なんだろうかは疑問がある。
コンピュータの設計が、まだまだ、一部の研究開発機関や大手の情報管理部門でしか使われていなかった時代を引きずっていると思う。

現在ですら、開発者の中には、「正しい使い方をしないユーザが悪い」という考えを持った人がいるようだ。もちろん、そうではない。
「正しくない使い方ができてしまうアプリの方が問題」なのだ。

でも、エラーが起きたときにユーザが「私が変な使い方をしてしまったんでしょうか」とか言ったりする。
本来はそんなエラーを可能にしてしまった開発者に問題があるのだけれど、そういうやりとりが通用するほどに、「むずかしくて、気を付けて使わなきゃいけないもの」として、コンピュータが認識されている。

こんなに普及しているのに。

エラーが起きないことはもちろん、より直感的に使えるように、そう、アフォーダンスが重要だ。
「誰の為のデザイン」に、
「駅の構内にガラス戸があり、度々それが割られて駅員は困っていた。それで、素材をガラスでなくて合板に変えた。そうしたら、もう割られることはなくなって、かわりに落書きが書かれるようになった」
という例が紹介されている。
ガラス→ 割りたい 合板 → 落書きしたい
これは人間が自然に考えることで、行動を誘発している。それがアフォーダンス。

このアフォーダンスを活用して、エラーが不可能にすることはもちろん、設計者が意図している行動を誘発するようなインターフェースが必要で。

そういう考え方に、技術者になる前から、共感してきた。
就職後もその考えに基づいてアプリを見て批判していたから、前の会社では「クレーマーだ」みたいなことをいわれたこともあった。まあ、難癖をつけているように聞こえますけどね。

iPadは何がどうイノベーティブなのかについてご説明します
を読んで、iPadはそういう考えの延長にある、キーボードを無くした具体的な製品なんだという説明になるほどと思った。

私はiPadはおろかiPhoneもろくに使ったことがないので、その具体的な点については何ともいえないものの、画面を見る限りその可能性を感じさせる。
(スマートフォンはあと3ヶ月ほどの「しばり」がなくなったら買う予定です。)

ただし、実際に普及するとなると、機能面だけでなくて、マーケティングの要素で正否が変わってくるから、iPadが現在のコンピュータを置き換えていくかは不明ですが。

ところで、文字入力の効率性、という点でいえば、やっぱりキーボードはすぐれていると思う。
音声入力もあるけど、例えばプログラミングを音声入力するのは、非効率じゃないかな。

しかし、ネットサーフィンをするのと、それほど長くないメールを書く程度なら、タッチパネルでも十分だろうし、他にいい方法があるかもしれない。

最も効率的だからといって、その用途にそのやりかたが合うわけではない。

素早く膨大なメモを取る為には、速記法は有効だろう。
だけど、ほとんどの人は速記法を使えない。存在すら知らない人もいるだろう。
そういう必要性がないから。たぶん、キーボードも本来はそういう存在であるべきなんだろうと思う。

長くなったので、電子出版のこれからについては(2)で。
[PR]
by taiji_nakao | 2010-01-30 09:52 | ITのこと
2010年 01月 24日
立った状態で本に付箋をつける方法
1時間弱の通勤時間は、読書時間。
ここは大事だなと思ったとき、付箋をつけたいのだけど、たとえばポケットに入れといても取り出すのは手間。しおり代わりにはさんでおくと、油断すると落ちてしまう。

付箋をあきらめて、めんどくさいからページを折ってしまえ、という流儀でいたけれど、やっぱり本が悪くなる。
付箋がついている台紙が2つ折になっていて、それを本にはさむ事ができるタイプがある、と教えてもらったことがあるが、結局見つからず。

そんなこないだ、ロフトでDemi-Clipなるものを発見。
これは、紙の束を簡単にとじられますよ、というものですが、これをつかって付箋をとじるとこれはいい感じで、お勧めです。

c0043368_2142329.jpg

[PR]
by taiji_nakao | 2010-01-24 22:05 | にっき
2010年 01月 09日
ナレッジワーカーが活用するウェブアプリは、B2Cであっても、企業にとっても重要だからB2B的である
ウェブアプリと情報リテラシー

ここ3ヶ月くらいFirefoxのアドオンのfeedlyを使っているが、これがすばらしい。
基本は、RSSリーダーである。Googleリーダーに登録されたのを引っ張ってきている。
もちろん、feedlyの画面から登録できる。
そのGUI、使い勝手が半端じゃない。ほとんどの場合、登録元のサイトよりfeedlyで読んだ方がはるかに読みやすい。メールをチェックしている感覚に近く、使い始めてインターネットの体験が変わった。というのは言い過ぎでもない。

feedly twitterとも連動している。

Googleリーダーを使い始めたのは、1年半前くらいでしかない。
そういうものがあるのは知っていたが、「情報収集に熱心な人」が使っているものと認識していた。
だから、ブログは「お気に入り」に追加された20くらいのサイトを「人間クロール」していた。
蛇足だけれど、ブログの更新頻度を上げると訪問者数が増えていく最初の原因は、この「人間クローラー」の巡回頻度が上がるからだと思う。つまり、「この人は最近よく更新しているな」と思って、頻繁にチェックするようになるということ。
人間クロールしていて問題なのは、サイトにいってみて更新していないと無駄足になってしまうことである。

RSSリーダーだと、更新された情報しかみなくなるから、この点が効率化される。
そして、feedlyがよいのは、1ページにたくさんのサイトの情報を一度に載せることにあり、便利機能として1ページまるごと既読にするとかできる。
読んだ記事は当然既読になるし、個々の記事にも×ボタンがついていてすぐに既読にできるから、一度目にしたものは必ず既読にするようにすると、ページを開くたびに今まで目にしたことにない情報だけが表示されるようになる。同じ情報をみるという無駄がなくなるから、情報のチェックが格段に効率化する。
今、だいたい200くらいのブログを登録している。
20サイトくらいのお気に入りを人間クロールしていた時とは、比べ物にならない情報に接するようになった。

などというものの、私はせいぜいRSSリーダーくらいしか活用していない。
twitterもぜんぜん使ってないし。
RSSリーダーにしたって、登録サイト数が1000とか2000という人もいるようだ。

とにかく、リテラシーによって情報収集にものすごい差がついてしまう時代になっている。
以前からそうだったんだろうけど、インターネットがそれを加速している。
その技術の進歩のスピードが早いウェブアプリが、どんどん便利になっている。

アプリの進化もさることながら、発信元も進化している。
最近、すごいと思うブログが、publickey
情報の質と新しさがすばらしい。IT関係の最新の情報を発信しているが、ほぼ毎日更新で、一日に数回更新することもある。スピードという意味では、たとえばベンダーのイベントがあったら、その次の日にはその情報がアップされる。
田舎にいても、最新の技術動向を確認できる時代になったということの具体的事例。

ナレッジワーカーと企業

先日、野中郁次郎の「知識創造の方法論」を読んでいたらナレッジワーカーのわかりやすい説明があった。
以下、少し長いですが引用。

かつては工場(ハード、製品)が経済的価値を生んでおり、ホワイトカラーやサラリーマンは生産業務以外の「間接部門」でした。しかし、現在、価値を生み出しているのは必ずしも工場設備などのハードでなくなり、製品を媒介にした問題解決(ソリューション)、サービス、情報提供、あるいはそれらを組み込んだ新たな生産プロセスに移行しています。これは業種・業態を問いません。つまり、人々や組織が作り出す知識、そしてそれらの知識資産が価値の源泉となっているのです。そこではもはや「間接部門」としてのホワイトカラーでなく、価値を生み出す「直接部門」としてのナレッジワーカーが主役となります。ナレッジワーカーは一人一人が個性的に働く。その彼らがネットワークで知を結集する。


知識は基本的にナレッジワーカー個々がつくりだす。だから、企業価値は個々人に強く依存していることになる。

ドラッガーは、このような価値の源泉たるナレッジワーカーを集める・引き止める魅力を持つことが企業にとってもっとも重要だ。とどこかの本で書いていた。

ウェブアプリのB2BとB2C

そういう文脈でみると、ナレッジワーカーが活用するウェブアプリは、B2Cであっても、企業にとっても重要だからB2B的である、といえるかもしれない。
あくまでも、使っているのは個人という視点ならB2C。
でも、それを活用して生み出される価値は企業にとっての価値の源泉という視点ならB2B的。

で、基本はB2Cとして今と同じように提供されるが、今後は、企業が社員の情報リテラシーの底上げとして、B2Cとして提供されているアプリを活用する、という方向に行くのではないだろうか。

そのあたりにシステムインテグレーションの需要があると思う。

たとえば、feedlyを活用する。
会社で使うPCにはあらかじめFirefoxをインストールし、Googleアカウントも取得し、feedlyをインストールする。
業界情報として有用な主要サイトはあらかじめ登録しておく。
さらに、favoriteにすると優先的にページ上部に表示されるようになるから、部門ごとに重要なサイトが違う場合は、部門ごとに別々のサイトのリストをfavoriteにしておくとよいかもしれない。
[PR]
by taiji_nakao | 2010-01-09 10:55 | 考え事
2010年 01月 03日
お正月のことなど
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

お昼過ぎまで、栃木県にいて、8時頃に帰ってきました。

カメラを持って行こうと一瞬思って、いいや、結局持って行かなかったことを少し後悔。

新幹線から、見ていたら、大宮駅近くに立つビルが、灰色で、見るからに不気味で、都市の不気味さとしてステレオタイプに表現されるそのままの不気味さがあって、なんであんなものが立つのか不思議なくらいだった。

那須塩原駅は、混んでいて、でも、大阪駅の日常なのだけど、階段は狭い階段しかなくて、ここはやっぱり田舎だった。ホームの駅員の部屋の入り口に、「泥棒進入禁止」のシールが貼ってあった。

31日の夕方、家につくと、月がものすごく大きかった。
地上にちかいと大きく見える、ということなんだろうけど、それはもう大きな満月で、しばし見入ってしまう。
携帯では、まったく映らない。。

高校の友人と集まっていたら、斜め向かいの部屋にも別グループで集まっていた。
8年ぶりに会う人も。

お笑いを目指してたとかいう話とか。
ちなみに、「U字工事」は母校が誇るタレントなんだけど、「U字工事さん」っていってるのが、なんだかリアリティがあった。

みんな就職していて、電話で呼んだりして、地元ではそういうことはしてこなかったのでなんか新鮮だった。
高校の時の友人の話というのは、同じ業種に就職した人の話でもなんだか意味合いが違うようで、自分の生活を見る目が相対化された気がする。少し離れた視点でみれるというか。
[PR]
by taiji_nakao | 2010-01-03 22:32 | にっき