<   2012年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2012年 01月 14日
人口の流動性が高い時代のコミュニティ(1)
先週、京都シェアハウスサミットというイベントに参加しました。

コンセプトを先に決めて、その後に住む人、住む物件を決めるという流れをサポートするサービス、コリッシュの代表小原氏と、京都の6つのシェアコミュニティ(共有オフィスも含む)の人たちが参加するイベントでした。

コリッシュのサービスは非常に刺激的でした。
たとえば、トキワ荘プロジェクトでは、漫画家志望の人だけが一緒に住むスペースが提供されています。
本気の人限定で、すでに最低ひとつの漫画を書き上げていることが入居条件の一つということです。

この他にも、農園つきの家で毎週、農家の方を呼びつつとれた野菜でパーティーをするシェアハウスなど非常に興味深い事例が盛りだくさんでした。

また、シェアハウスの住人、管理人の人たちと話していて、非常に面白かったです。

イベントについては、以下のページが詳しい報告があります。
1/8 京都シェアコミュニティサミット、開催しました

私自身は、大阪の一般的なマンションに一人暮らしですが、京都のシェアハウス「お結び庵」には月に一度くらいは泊めてもらっていて、とてもお世話になっています。

このイベントを契機に考えたことを、まとめてみます。

近所づきあいが変わったことの根底にあるもの

 モラルの低下という話なのか

 私は住んでいるマンションの人たちとは全くといっていいほど交流がありません。引っ越したとき、結局挨拶のしなかったですし、ごくまれにすれ違うときも、軽く会釈するか、しないか程度です。

 大きな声で挨拶する、引っ越したら何かとお世話になるんだから、挨拶する、というのはマナーのひとつと言われてきました。なので、私はマナーがなっていない、と言われてもしょうがないとは思っています。

 でも、以前は当たり前だとされていること、あるいは、田舎では当然とされている、挨拶だとかを含めた近所づきあいがなくなってきているのは、「モラルが低下したから」なくなってきていると言えるのかは疑問に思います。

 鶏と卵のような話ですが、私が今まで読んだり聞いたりした中で一番納得したのは、人口流動性が高くなったことが原因、という説明です。

  うるさい飲み会を静めるモチベーション
 
 Aさんがすんでいる家に、Aさんのお兄さんが友達数人を連れて遊びに来て、飲み会をはじめたという状況を想定してみます。AさんもAさんのお兄さんの友人たちと面識があり、一緒飲んでいる、というような想定です。

 さて、深夜にもかかわらず、若いAさん兄弟と友達で盛り上がってしまったとします。Aさん、ちょっとタイミングを見計らいつつも、「もういい時間なんで、ちょっと静かにお願いします。」みたいなことを言うでしょう。
しかし、よくあることですが、10分もするとまた騒がしくなってくる。

 ここでのAさんが注意するモチベーションを考えてみます。

その1として、Aさんが生まれ育った土地で、いわゆる実家だったとします。Aさんの祖父の世代からこの土地に住んでいて、両親も近くに住んでいる。Aさんもずっと住むつもりだし、その子供、孫もこの土地に住むであろうという場合。

その2は、Aさんは都会で暮らしている。1年前に引っ越したが、2年契約で更新時はもちろん、その前に他に引っ越すかもしれない場合。

1と2では、注意するモチベーションは、全く違ってくるのが人間というものでしょう。

その1のケースの場合、ずっと生活する自分はもちろんですが、自分の親や祖父、下手をすれば子供にまで悪影響が出る可能性があります。静かにさせるでしょう。

しかし、その2のケースでは、隣人たちとは数ヶ月後には別れる可能性が高く、そして、おそらく一生会うこともないのです。

あまりいい例でないかもしれませんが、しかし、これはあらゆる「近所づきあい」と呼ばれるものに共通します。例えば、旅行へ行った時のお土産を買うか、なども同じ構図にあるでしょう。何世代にもわたってお世話になる人と、数ヶ月後には二度と会うこともない人とでは、相手にコミットする動機が変わるのが人間というものです。
(つづく)
[PR]
by taiji_nakao | 2012-01-14 18:00 | コミュニティ
2012年 01月 09日
コミュニティが広がっていくための条件
田舎にIターンして、強い思想を持って活動している方と飲んでいて、君の思想は中途半端だと、叱られることが今までは何度かあった。

その方々は、現代社会に強い問題意識を持ち、それだけでなく、例えば、飲み屋で語っているだけでなくて、あるいはイベントで理想を話しているだけでなくて、具体的に自分の生活を含め、実践していた。だから尊敬するし、基本的な問題意識も共感するものだ。

だけど、自分が第三者として関わるなら、別の視点も持つだろうし、そういう人は多いですよ。と、私は主張した。
あるいは、実践するのは、大変ですよね。とか。それは、一般的に「普通」と呼ばれる人が持っている、あるいは持っているであろう考え方だ。

しかし、マイノリティであること自体は、反対する理由にならないし、「大変」という言葉は、状態をさすものであって、理由そのものではない。何が大変なのか。そのことをちゃんと言わないと理由にならない。

だから、私が叱られたのはそういうところに問題があったのだと今は思っている。

しかし、多く人が持っている感覚をあり得ない、という前提に話すことには問題だ。

それまで普通だと思っている人に対して、いきなり全否定されてはいい気持ちはしない。そんな人しかいなかったら、居心地が悪い。その考え方が正しい(※)としても、段階というものがある。

普段はあまり問題意識を持っていなかった人がその場に来た時、居心地が悪いということは、その人はもう来ないだろうから、コミュニティにとっての損失となる。コミュニティが多様性を持つ機会を失ったとも言える。そういうことが続くと、コミュニティは活力を失っていく。

大切なことは、異なる考え方を持った人の立場に立って考える余裕であり、その人たちへのリスペクトだと思う。
これは心に余裕がないとできない。

場の雰囲気・習慣は、人数(割合)×  その人の影響力で決まると思う。10人の構成員がいて、9人がテキパキと片付けをする人であれば、だらけた性格の1人も大抵テキパキせざるを得ない。7人がテキパキ、3人がだらけていても、大抵は、
3人はテキパキすると思う。が、4人がだらける人だとあやしくなってくる。

ただ、人によっては影響力が強く、テキパキする人が1人、9人がだらける人であっても、テキパキした場にしてしまう。

魅力あるコミュニティは、核となる価値観を共有している必要がある。一方で、コミュニティが広がっていくためには、異なる価値観を持つ人のことを想像でき、かつリスペクト出来る雰囲気を持つことが重要だと思う。

※正しいとは、絶対的な正しさではなく、選択している本人が本当に望んでいることを達成しようとした時、最善な選択であるという意味で。
[PR]
by taiji_nakao | 2012-01-09 12:03 | コミュニティ
2012年 01月 02日
自分の関心領域と今年の目標
書いているとあれこれ出てきてしまいましたが、自分の関心領域と今年の目標、2012年版

■仕事
DAノーマンの最近の著作を読んでいるけれど、面白い。

私はもともと農学部で、学生時代は全くと言っていいほど、プログラムを知らなかった。当時「西海岸」という町家コミュニティによく遊びに行っていたが、そこの主要メンバーである、NOTAなどの開発者である洛西さんが、「今のコンピュータは、インターフェイスが全く人間向きになっていない。」と力説していたのを何度か聞く機会があった。
それですっかり感化された。

アラン クーパー「コンピュータは難しすぎて使えない」、DAノーマンの「だれのためのデザイン」を読んで、私のプログラマとしての基本的な考え方が固まった。

真に人間のことを考え抜かれて作られたソフトウェアは少ない。人間が本来持っているアフォーダンスをうまく活用して、真に使いやすいソフトウェアを開発すべきである。

全くその通りだと思った私は、そういう目で身の回りの製品をみた。実際、酷いものが多いように思われた。そして、それは自分たちが開発するものにもむけられる。最初の会社では、同僚に呆れて「クレーマーだ」と言われたりもしたが、それを誇りと思っていた。

現在仕事で取り組んでいる業務用アプリの世界では特に、まだまだソフトウェアは人間に優しくないことが多い。本当にユーザーにとって使いやすい、そんなソフトウェアを世に出していきたい。

もちろん、ソフトウェアが優れていてもそれで使ってもらえるわけではない。そもそも使ってくださる方に価値を提供できなければお話にならない。そして、どうやって届けるのか。さらには、利益をあげる構造も必要だ。こうしたものがセットになって初めて普及する。今年は、その第一歩の年にしていきたい。

■暮らし
大学一回生の時、サークルの先輩の部屋入った瞬間のことを今でも覚えている。部屋に入ると、空気感が違った。シャンとした気を感じた。古いアパートで狭い部屋だったけど、綺麗に片付けられていて、物が少なく、家具も決して高級品というわけでもないが部屋に馴染んでいた。その雰囲気の生活感に憧れた。

物をできるだけ持たない、持つ物にはこだわる、できるだけ掃除をする(できるだけ・・)。一定以上まできれいにすると、あの「シャン」とした空気感を感じられるようになる。雑多でものに溢れた部屋とを比べると、それは心のあり様が変わってくると思う。

その先輩に、「近所に神社があるよね?」と言われた時、家の周りをほとんど知らなかった私は、「ありましたっけ?」と答えた。私は、一人でいるときは主にテレビを見ており、近所のことに関心を持っていなかった。「近所のことは知ってなきゃ」、と言われ、そうだよなあ、と思ったことをよく覚えている。

普段暮らしている身の回りを観察できるのは心の余裕だと思う。

テレビを持たないで生活して8年以上になる。テレビを持たなくなったことで、たとえば散歩に時間をかけられるようになった。テレビのことで学んだことは、文句を言うくらいなら相手にするな、ということ。8年以上前の話だけど、よくテレビに悪態をついていた。なんと馬鹿げたことをしていたんだろう。嫌いなことに自分の時間を費やすことはない。これは、マザーテレサのいう「愛情の反対は無関心」という言葉の裏返しだろう。

■エンターテイメント
SCRAPというフリーペーパーがある。

創刊の時から、ここの編集長(今は違うのかな?)の加藤隆生が好きで、5年以上ブログも読んでいる。http://keeponmusic.com/katotakao/
最近は東京で大規模な脱出ゲームを数々と仕掛ける売れっ子になっているようだ。この人が、どこかのインタビューで「大人のエンターテイメントは、カラオケ以来ずっと昔のまま進化していない。だから自分たちは、自分たち自身が楽しいと信じている脱出ゲームという新しいエンターテイメントを創っているのだ」というようなことを語っていた。この感覚に共感した。

学生時代から、山仕事サークルだとか薪く炭くKYOTOだとかいった団体、あるいはその他いわゆる環境問題に焦点をあてた活動に参加していた。こうした団体ではつねに「普段興味を持っていない人に感心を持ってもらうこと」が優先度の高いミッションになっていた。

大阪府吹田市で暮らす、会社員としてみるとこうした活動に参加するということは、数ある余暇の過ごす中から選択するということになる。それは言い方を変えると、エンターテイメントということになる。

だから私の今までの興味関心を総合すると、山で遊べるエンターテイメントの場を創ることなのだと思った。去年自分が体験したエンターテイメントで楽しかったのは、いろいろある。初めてのゴルフもなかなか面白かったが、お化け屋敷ワークショップは、本格的に仮装して面白かったし、知り合いの改装中の家の漆喰塗りもなかなか面白いし、水の飲めるくらい綺麗な鷹峯の小川での流しそーめんは最高だった。

今年は、それからいろんな人を巻き込んで、いろいろと遊びたい。コンテンツも豊富にあるので、愉快な仲間たちとあれこれ遊ぶ一年にしたいと思う。第一弾は、1月に鷹峯で、囲炉裏のある小屋での飲み会の予定です。

■食生活
昨年、いろいろな会に紹介していただいている方から予防医学の普及をされている方とお話するようになった。そうした中で、 こんな記事 「食改善で健康になれば、消費税増税は必要なし?」  を見つけた。
(2ページ目からは会員のみ) 実際、この活動をしている自治体では20億といった単位の支出削減効果がでているという。

記事の中で、「最近のコンビニなどをみると炭水化物と脂肪ばかりだ」、という記述がある。
今住んでいるマンションから会社まで、歩いて五分ほどだが、その間にコンビニとマクドナルドがある。どちらも24時間空いている。直ぐに、私は買って食べることができる。レジでほんの30秒待たされることに苛立ちを表明することが当たり前のものとして認識されている。

それで、もう一度みてみる。パン、お弁当、それからハンバーガーなど。見事なほど炭水化物と脂肪だらけ。後は、肉と、そして、食品添加物である。
こんなこと書きながら、週に何度もコンビニのお世話になっている。今年の目標は、脱コンビニです。(ビールを買うのもスーパーの方が安いし)

■身体性と精神の世界
禅には昔から関心があったけれど、特に何もしていなかったが、去年、呼吸法の教室に月に一度くらい行くようになった。それから、モコモコカフェの朝座禅。 http://mocomococafe.jugem.jp/?cid=8 和尚さんDJもしているというユニークな方でとてもいい感じ。二回ほど参加。京都の朝からですが、今年も参加したい。昨年参加した、ダンサーの方が講師の身体のワークショップ、よかった。自分の体のことももっと知りたいと、思う。


いろいろ書きましたが、今年、一番力を入れたいのは仕事。
今年は、広げます。

そして普段は、集中力を高めて、密度の高い仕事ができるように。


それでかつ、ここに書いてあることを実践したいと思います。欲張りですね

ここまで読んでくださった方とは、何かの機会でお話しできれば、なんて思います。


今年もよろしくお願いします。
[PR]
by taiji_nakao | 2012-01-02 17:10 | エッセイ