<   2012年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2012年 07月 24日
「男のロマン」についての考察
少し前に、戦後の時代小説が好きという人に勧められて「羊の目」(伊集院静)を読んだ。 とても強く、忠誠心の高いやくざが主人公の話である。
こういうのは、任侠ものというのだろうか。そういうジャンルがあるということを今まで知らなかった。
ただ、振り返ってみれば、観たことはないが、TSUTAYAなんかにも、ヤクザっぱいタイトルのDVDはいっぱいある。

本で出てくる象徴的なセリフはこんな感じである。

「ついていくと決めた人に命をかける。」
「あの人を悪く言う事は決して許さない」
「男の器量をあげる。」
「あの男が部下とは、うらやましい事だ。」
「お前がいれば、百人力だ。」

また、最後の方などは、主人公は無敵に近く、どんどん人を殺して伝説を作ったりする。

このノリはどこかでなじみのあるものだな、と思ったら、これは漫画ワンピースの空気感にそっくりである。
ワンピースは、ジャンプの王道を行くとともに、任侠ものの系譜を受け継いでいるようだ。
海賊とは海のギャングであり、ヤクザなんだから、ある意味当然かもしれない。

あからさまに醒めた書き方をしているけれど、この種の感覚をぐっと感じることは私自身もある。
おそらくは、群れの中でボスザルになりたいと思い続けた頃から脈々と続く、「男のロマン」なのだと思う。

こないだ海外旅行に行ったときに、ふとパスポートの最後のページの本人写真がある箇所の文章が目に留まって、
どういうわけか、そのとき、その文面をちゃんと読んだ。こう書いてある。

「日本国民である本旅券の所持人を通路故障なく旅行させ、かつ、同人に必要な保護扶助を与えられるよう、関係の諸官に要請する。」

その時、この一文を書いている明治の高官を想像して、ちょっとだけ胸が熱くなった。

その政府高官は、
「我々は貴殿が国外での大事な目的を、問題なく達せられるよう、関係の諸官に伝えておく。
貴殿も日本国を代表する事になるのだから、振る舞いには気をつけるように。」

みたいなことを考えている設定である。
なんとなくわかるでしょうか。。

ただこの、「男のロマン」はくせものだ。
視野が狭くなって独善的になりがちだし、
そのくせ、自分は選ばれし者なんだという発想を根底に持っていたりする。

ワンピースもそうだけれど、先の本を読んでいても、親分とオレの関係、あるいは、オレと誰それの関係が第一にあって、他の人たちの扱いはけっこう酷いシーンが多い。ワンピースのルフィの兄エースの救出作戦も、1人のために犠牲を出し過ぎであり、あんな作戦を実行する船長は最低である。

パスポートの例で言えば、文章を文字通り解釈しパスポートというものが登場した時代を想像するのは結構な事なのだろう。しかし、その妄想の中では、わざわざ、政府高官が私の旅立ちに際してコメントしているのだ。単なる一人の観光旅行者にそんなことを言う理由などない。実際には、外務省の職員が極めて事務的に判子を押すだけなのだ。

陰謀論の本とかあるいは高額な情報商材は、この「男のロマン」をくすぐっている商売だ。
歴史には事実としての陰謀はあるし、あまり知られていないが知っておくと良い事は存在するので線引きは難しいところもあるが、基本的にこの種の匂いがするところには近づかないようにしている。

「みんなは知らない真実」なんてフレーズで煽っているのはまず、アウト。
歴史は好きだし、そういう陰謀論を読んでみたい気持ちがあるのはわかっているけれど、そういう方向にこの「男のロマン」を肥大させたくない。

しかし、エネルギー源になることも事実だ。
それに、やっぱりロマンは持ちたい。夢とか、野望などともいうもの。

小説「プリンセストヨトミ」に、以下のようなセリフがある。

「女はね、知っていても放っておくの。また、男がアホな事してるなって。」

そういう風に見ることができる人が、自分も含めて身近にいれば大丈夫だと思う。
[PR]
by taiji_nakao | 2012-07-24 21:33 | 本を読んで考え事
2012年 07月 08日
キュレーションは人がすると精度が高いならその人を支援するのが良いのでは
Twitterで自分のフォローワに声をかけてオフ会をしたという話を聞いた。その話の中で、この会は出会い目的ではないですからね、と念を入れた、というエピソードから連想したのが、

やってみよう研究所のブログ、
学生街のニュービジネス
いきなり声をかけて異性のマッチングを商売にしているという人に会った体験談。

オフ会の企画もそうだけれど、その場が良いものになるかはひとえにオーガナイザーのセンスと力量に掛かっている。

それで、そこからまた思い出したのが、
人材業界 と零細ブロガー【採用マッチングパーティーの人集め】
人材マッチングのビジネスは現在非常に高額だが、ある程度の力のあるブロガーは一定層を集める事ができる。
そんなブロガーが力を発揮すれば人材業界では価格破壊が起こるだろう、ということ。

これはそうなりそうな気がします。

同じ理屈で、結婚紹介サービスも変わるかもしれない。

ちょっとここに書くのは恥ずかしいのだが、以前、某大手の結婚紹介サービスに登録した事がある。
どんなシステムになっているか興味があったのと、広告のバナーはいかにも少しの情報を登録するだけで完了するようであったからなのだが、実際は相当に詳細な情報の登録を要求され、ちょっとやめようと思いつつ登録した、と言い訳。

そうしたら、郵便で資料が送られてきたのだが、中にあなたにマッチするであろうというA子さんの情報があった。
もちろん、匿名なのだが、住んでいる市町村、職業、年齢、そして身長までが書いてあり、なるほど、こうやって妄想、もとい、想像をさせてイメージを鮮明にしていくのだなと思った。

そのまま放っておいたら、おばさんから電話があった。
いかがですか、という営業電話である。システムとしては、その後に実際にこのおばさんと面談して自分の状況や望みなどを話すのだろう。そして、実際に紹介してもらうためには確か5万とか払う必要があった。行きませんでしたけど。

各種サポートのしくみがあると予想されるにせよ、このシステムの要はおばさんであろう。
だから、このブログの文脈で行けば、おばさん、個人紹介サービスとなる。こう書くと、昔から自然にあったことのようにもおもえる。
でも、人材系なら情報を持っているアクティブな人の元に若者(=転職候補)は集まるのは自然だが、このようなおばちゃんの元に自然に若者が集まる事はちょっと想像しにくい。
いや、「私は400組を成立させました」というカリスマが出てくるかもしれない。ちょっと気持ち悪いけど。

少し考えてみると、飲み屋の店主なら、このキュレーターというかコーディネーターになりそうななので、最近流行の街コンと組み合わせて、街コンの参加者のエントリーを店経由として、対象を絞って小さめに開催するとマッチングだけを考えるなら効果的かもしれない。

それともう一つ。これは先日のワークショップで自分たちのチームで話していたこと。

最近、キュレーションサービスというのがある。
TwitterやFacebookのIDを登録し、興味のあるキーワードを入れるとそれに関連するニュース記事を抽出してくれるものだ。
VingowやGunosy、Flipboard、Ziteなんかがある。
最近、私は、英語の学習も兼ねてZiteをチェックするのと、日本語のニュースはFlipboadでいずれもiPadからみている。Gunosyは登録すると毎日メールを送ってくる。
そこではTwitterやFacebookで、私のフォローしている人や友人間で話題になったニュースが中心に紹介されている。

Vingowなんかをみても精度はとても高いと思うが、しかし集めだすと情報はそれでもたくさんになるので、これらのキュレーションサービスから情報を拾ってフォローワーに渡すという形は理にかなっている。

佐々木俊尚さんのように、情報を探して紹介する事をしている人はいるが、佐々木さんクラスに有名どころだと、日刊佐々木新聞なわけで、フォローしている人にマッチするかではなく、フォローする人が佐々木さんの情報を欲しいと思うか、という世界。

ならば、フォローワーが関心を持つと思われる情報を収集し、キュレーターが自分のフォローワーがその中から自分のフォローワーが関心を持つ情報を抽出し、かつ関心のある人だけに情報を発信する、ということを支援できればなお精度の高い情報を取得できる。これは便利では。

ちょっとだらけましたが、

人材紹介、異性紹介、情報の配信
のどれも、人間(コーディネーター)が介した方が精度は高いので、
システムはそのコーディネーターを支援する方向に進化していくのもありなんじゃないかな、というお話。最後の結論は、以前少し手伝っていた、京都府内の地域SNSでの会議でも議論した内容なことを思い出した。
京結び
[PR]
by taiji_nakao | 2012-07-08 12:41 | 考え事
2012年 07月 01日
世界展開は文化の伝播
Tech Waveという主にIT系のニュースサイトがあるのですが、そこが主催している

「Let’s give a toast in the world! あなたのプロダクトを、セカイへ!
〜 世界の入口、SXSWの魅力とその活用方法 〜」

というイベントに参加しました。

たまたまTwitterで流れているのをみて、なんかよくわからないが、登壇者が豪華そうだったので会費5000円だったけど参加したのですが、SXSWなるイベントも知らず、登壇者もほとんど知らなかったのですが、圧倒されました。

■South By Southwest とは?

音楽と映画、インターネットのサービスの3つの分野のコンペンション、巨大な見本市。

マネージメントやレーベル以外の音楽出版会社関係、ブッキングエージェント、ラジオ局関係者、ライブハウス関係者等、音楽に関係する仕事に携わる様々なジャンルから20,000人を超える参加者あり、日中は会場ホテルでのSeminar、パネル(勉強会)とTrade Show(見本市)夜は期間中5日間に渡り、1000組以上のライブが行われます。
SXSWは音楽コンベンションに加え1994年にはフィルム・フェスティバル、1998年にはインターネット時代を踏まえてインタラクティブのコンベンションもスタートし、3月の2週間にこの2つのフェスティバルが開催されています。
特にインタラクティブはその後参加者の数を急激に増やし、昨年はついに音楽を超えるほどの参加者を集め、毎年1億ドル近い経済効果をオースティンにもたらしています。

http://sxsw-asia.com/about.html

テキサス州のオースティンという街で開催され、期間中は街全体でイベントが開かれお祭り騒ぎになるということ。
街全体がお祭りになるので、どこで何をしているかの情報の共有方法が課題になるのですが、そこでTwitterが役立ち爆発的に普及するきっかけにもなったという。

IT関係でいうと、普段はメディアに出てこない人も含め、有名どころが大勢集まる。
また、投資家やGoogleなどの大手のマネージャー、トップも集まるのでここで注目されると話が早い。

そんなイベントに出展した企業、または類似の海外のイベント/コンペンションで発表してきた企業のトップたちが集まったイベントなのでした。これは熱かった。以下はそのメモです。

■紹介されたサービス

Beautecam.. 独自のカメラレンズをつけてiPhoneで自分の肌の写真を取ると、分析してどんなタイプなのかを教えてくれる。そして、自分と似た肌の人とつながり、使う化粧品の情報などを交換できる。

Beatrobo.. かわいい系のロボットアイコンをアバターにして、音楽をほかのユーザーとつながりながら楽しめるサービス(と理解)

Feel on!..Twitterのタイムラインのつぶやかれた内容を言語解析して、その時の感情などの情報を取得し、マンガで表現するTwitterクライアント。

ChatWork.. メールにかわるビジネスで使うコミュニケーション手段としてのチャットサービス。コピーは「メールの時代は終わりました」

Peatix.. 決済までできる、イベント管理システム。TwitterやFacebookと密に連携した集客効果も特徴。

Compath Me.. 「行きたいを 行くにつなげる。」あの人のおすすめのお店ならまちがいない、そんな人単位でフォローして、その人の行ったお店の情報を取得できる。そのお店の近くに来たときに知らせる機能もある。

■海外展開のお話

*日本語対応は、ローカライズのタイミングで
Beatrobo..音楽を使うサービスである時点で著作権の問題で日本では不可能。会社はアメリカにあり、現在動いているのは英語版のみ。近く、日本語に対応。

Compath Me..構想段階から海外のコンペンションで高く評価され、英語版からスタート。お店の情報なのでまずは都市部から。シンガポールなんかではユーザーが多いらしい。

*文化の伝播
Feel on!..マンガ文化、Beautecam..コスメ文化、Beatrobo..かわいい系(たまごっちをよく研究しているという事)と特に日本が強い分野を、そうした習慣がない地域に持って行く、という考え方。
ITの分野では、先進地アメリカで流行ったサービスをいち早く日本に持ってきて成功させる「タイムマシン経営」という言葉があり、Yahoo! Japanはそれを上手くやってきた会社とされているが、そうではなくて、他でも流行るであろう文化・習慣を、それがまだない場所に持ち込む、という考え方。

*伝播の方法論
コンペンションで発表すること。大勢の人が集まる場所で素早いフィードバックが得られる。

例えば、肌の写真をとるBeautecamは黒人の写真をとるとすべてシミと認識してしまった。そこで、対応版を開発。
Beatroboでは、iPhoneにつけるガジェットを開発しているが、当初1000円で考えていたが、アジアでは高すぎる。アジアでも、シンガポール、マレーシア、インドネシアではそれぞれ価格感が異なるなど。

ベンチャーでは信頼できる現地パートナーと組む事も重要。

コンペンションで手応えをつかむ → パートナーと組む → 現地に乗り込みコミットを強める
というような段階を踏む形がいいのではないか。というお話

*海外展開の考え方
アジアが狙うべきマーケットであるというのは共通認識。
最先端をシリコンバレーで学び、日本で開発し、アジアに売りたい(ChatWork)
欧米でブレイクさせた後に逆輸入という形で展開したい(Beauticam)

*画面設計の考え方の違い
日本は鮮やかな色に慣れている。地下鉄の広告など。日本人がみると、アメリカはもっと地味に見えるが現地の人に取ってはそれが目立つ色という認識。だから、色のチェックは日本版の時からやっている(ChatWork)
ミニマニズム。どれだけ情報を少なくするか、が大切。

■その他
*ガジェットで参入障壁
カメラレンズ(Beauticam)、ユーザー情報を持たせたかわいい端子(Beatrobo)

*強み
すべての企業について聞けたわけではないが、画像解析技術のBeauticam、
つぶやかれた文章を分析して、感情を読み取る言語解析が強みのFeel on!
Amazon社員が立ち上げたPeatixは、顧客対応重視が強みということで、それぞれに違いがあって面白い。

この他、大阪の会社、「人間」(会社名です)、「トンガルマン」(これも会社名)、「つながる科学研究所」のプレゼンもとてもユニークで面白かった。

こんなイベントを準備してくれた主催者に感謝。
[PR]
by taiji_nakao | 2012-07-01 11:33 | 参加したイベント