<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧
2012年 10月 28日
傘立てとビニール傘をめぐる出来事

ー入口の傘立てを利用する時に注意すべきこと
1.店に入る時雨が降っていて、店を出る時雨が止んでいたら、傘を忘れないように注意しなければならない。
2.店に入る時雨が降っていなくて、店の中にいる時に雨が降り出したら、誰かに傘を持っていかれないように注意しなければならない。


喫茶店に入ると、坊主頭の男がちょうどレジに立ったところだった。店員はとりあえず水を運んできたが、注文を受けるのはレジが済んでからということになった。
常連なのか男はチケットを買っている。
そして、外をじっと見ている。雨あしが強いことに困惑しているようだ。しばし、逡巡している。店には、男の他にもう一組客がいるのだが、傘立てには自分の傘を含めて2本しか入っていない。男は傘を持ってこなかったに違いない。

この男、怪しい。取るつもりじゃなかろうか。
案の定、外に出た男はしゃーしゃーと傘を手にして広げようとしたので、駆け寄って睨んだら謝ったのだが、別の傘を広げて去って行ってしまった。

<<<<<<<<<<<

2時間ほども長居したら、雨あしが強まったようだ。よく見ると、ずいぶんと激しい。ああ、めんどくさい。この喫茶店はお気に入りで、モーニングで2時間ほど粘って本を読むのが週末の楽しみの1つになっている。店のマスターは面白い人のようなのだが、まだあまり会話をしたことはない。で、ちょっとコミュニケーションをとりたい気持ちもあって、あれれ、雨が強くなってしまって困ってしまいました、という気持ちを込めて外を眺めていた。その続きで会話をするでもなかったのだが。

傘立てにビニール傘は2本。1本は細い黒のテープが巻いてあるタイプだ。今、家にビニール傘は3本あるのだが、そのうちの1本はこのタイプだった。今日このタイプを選んだかは記憶が定かでなかったが、置いた場所がこの位置だった気がしたので手にとって開こうとした。その時、さっき店に入ってきたおじさんが迫ってきた。凄い形相だ。どうも自分は傘を間違えたらしい、と思って、とっさに謝って、別の傘を持って行った。

傘を差しながら、自分は傘を持ってきただろうかと自問する。間違いない、差してきた。朝からそれなりに雨は降っていたのだからいくらなんでもこれは間違いない。

そう考えると、あのおじさんの反応はちょっと不自然だ。2本の傘はどちらもビニール傘で、代わり映えがするとも思えないから、それを取り違えたことに対する抗議にしては大げさだ。
そもそも奥のほうに座った彼がその判別をできたのか怪しいものだ。

彼の反応は不当である、と言えるだろう。あの場面ですぐ謝るのは良くなかった。「あら、傘を取り違えてしまいましたか?」とにこやかに語りかけるべきだった。

>>>>>>>>>>>

店に残された、おじさん、マスター、もう一組の親子連れがどんなことを思っていたのか興味深いのだが、詳細は不明だ。ただ、家に黒いテープが巻いてある傘がなかったことからして、紛らわしい行動と思い込みとミスコミュケーションが引き起こした喜劇ということに落ち着くようだ。
[PR]
by taiji_nakao | 2012-10-28 12:50 | エッセイ
2012年 10月 20日
ヘブン 川上未映子
自転車の後輪がガタガタになってしまって、本当は千里山を超えて緑地公園を下り部屋に戻ってから京都に行く予定が、ガタガタして常にブレーキ状態の自転車に力つきて、そのまま阪急に乗って京都に行くことにした。

それで、時間ができたので、南千里の田村書店で本を物色して目についたのが、川上未映子のヘブン。

どうしようもなく虐められる、中学生のお話。
ちょっと読むのもげんなりするような場面もちらほらある。ここに書かれているようないじめも存在するのだろうなとも思う。

小説で特徴的なのは、同じクラスに酷く虐められている男女が一人ずついて、密かに手紙をやり取りしたり、夏休みには「ヘブン」にデートに行ったりする。

この二人の物語だと思って読んでいたのだが、最後、女の子がどうなるかわからないで終わる。
これはあくまで、主人公である僕の物語なのだ。

物語の形式通り、主人公の僕は異界へ行き、そこからこちらの世界に戻ってきた。

終盤、虐める側に回っている一人がものすごい極論を言う。みんな、利己的に生きてるだけなんだから、お前もなんとかしたいと思うなら、自分でなんとかしろよ。おれは、お前に酷いことをしているとは思うけど、そのことを何とも思わない。お前のことは知らないよ。みたいなことをいう。

この種の理屈は、私も考えたことがある。これはもしかしたら時代性なのかもしれない。
自己責任論。ちょっとこの中学生頭よすぎだろ、と思ったけど。。

2人で理不尽な状況を耐え、ともに闘っている同志と無言で励まし合っているさまは、自己責任論を振りかざす男子に対して、そうじゃないんだ、弱いものが助け合うのが世の中なのだ、と主張しているようにも思える。

でも、その彼女は自滅の道を歩んでいき、そして僕も一緒に来るように手招きする。

とても重要なことは、一番最後いじめが発覚した時、初めて登場したかのような主人公の義理の母親が、主人公をこちらの世界に引き戻したことだと思う。

私はあなたが言うことしか信じないから、と言って。
そして、ちゃんと気持ちに理解を示した上で、控えめながら建設的に生きることを提案する。
生きるということは極論でないことや、そのほか大切なことをわかっている大人。

阪急の河原町の駅のベンチで最後まで読み終えて、つくづく、そういうことをわかっている大人になりたいなと思った。
[PR]
by taiji_nakao | 2012-10-20 01:47 | 本を読んで考え事
2012年 10月 08日
三連休
ソフトバンクからWILLCOMに変えようと思って、相談に行く。
江坂駅前には両方の店が隣の隣の隣の隣の隣の隣くらいに近接しているので、つまり、同じ通りに面しているので、便利である。WILLCOMの店内に入ると2人のお店のお姉さんがいるだけだ。

料金プランは基本的に一つのようだ。わかりやすい。
私に説明してくれたお姉さんは料金を説明する際に、紙に基本料金××円、掛け放題××円と数字を書いていくのだが、対面の状況でこちらに向けた状態で書いていく。つまり数字を反対向きに書いていくのだ。器用なことをするなあ、そういう教育なのかなと思ってみていたのだが、これが下手なのだ。

一生懸命に書いているので突っ込むのもどうかと思って逡巡していたが、あまりに進まないので、ついに横に置いてもいいですよ、と言ってしまった。しかし、言った時が最後の記入だった。

そのせいか一通りの説明をおえ、帰るときお姉さんはやや不機嫌だった。
もしかしたら、サンダルだったのがいけなかったかもしれない。いや、その場で契約の話がなかったからか。

ちなみに、ソフトバンクは11人待ちだったのであきらめた。がんばれ、WILLCOM。

* * *

靴の中が蒸れてしまって、靴を脱ぐともわんと臭いが漂うようになってしまったので、消臭スプレーを買おうと思って入ったドラッグストア。一通り散策したものの、どこに置いてるかわからないから、店員のお姉さんに聞いた。一瞬考え、無言でその場所に歩き出した。さすが店員と感心するが、一言も話さないばかりかこちらを見もせず指差して去っていった。無愛想なことだ。で、その道を戻ってレジにいき、商品を置いたら、そのコンマ1秒後に営業モードになってにこっとしてお辞儀した。お化粧がきれいな人だと思った。

* * *

5階に住んでいるのだが、道行く人の声がはっきり聞こえたりする。遮るものがないと、通るものなのだろうか。帰って窓に面している机に向かって座ったら、「了解」というトランシーバーの声がうっすらながら聞こえた。最初、iPhoneからなったのかと思うくらいすぐそばで聞こえたように思った。あるいは風呂場の換気扇づてに離れた場所の音が響いてくるような感じなのかもしれない。だけど、外にはそれらしき人の姿もなかった。

* * *

祝日の月曜日の今日は、第2月曜日だからビン/カンの日。ちょっと溜まっていたので、今週こそ出すことにする。今日は出かけるので、そのタイミングでもいいのだけれど、洗濯機は当分回っていそうで、家事もずいぶん溜まっているように思われたから、めんどくさいけど、ゴミ出しだけのために一階に下りることにする。しかし部屋に戻ると、洗濯は終わっていたというオチ。そして考え直すと、特に他にやることがないので、爪を切って、さらに爪切りの掃除というものをしようとしたら、外に回収車が来ていた。小さくよろこんだ。

* * *

我が家の爪切りは、爪切りの鉄の部分とプラスチックの部分がある。プラスチックの部分に収納する、というイメージだ。よくみるとプラスチックの部分の内側が汚れていたので掃除することにする。でもどうやって拭くのか。考えるのがめんどくさくなって、ティッシュで拭いた。乾いていると汚れは取れにくいので水を少しだけつけて拭いた。奥に届くように箸で押し込んだ。

こんなことをすれば、詰まってしまうと思ったが、そのまま作業を続けて案の定詰まった。取り出すのは容易でない。100均で買った爪楊枝はすぐに折れてしまうので使い物にならない。3本くらい折ってあきらめた。こんなときくらいしか使われないくせに、みっちりと蜂の巣の小さい版のように詰まっている爪楊枝はすこしかわいそうである。

箸の先にフックがついているのようなモノがあればいいのだが、と何度も思ったが、そんな都合の良い道具などない。押し込んでいるのか、取り出しているのかわからなくなるが、「こうやって自然にきれいになっていくという仕掛けなのだ」と思うことにして箸でつついては取り出そうとすることを続けた。

ティッシュがちぎれるばかりなので、下向きにしてとんとんと叩くことで振り落とす作戦にでてみた。失敗。落ちる気配なし。今度はえいやと水をもっと含ませる。これで箸でつつくといよいよ奥に押し込む作業になってしまう。

・・・ここまでか。
と思って、下向きにしてどんどんと叩いたら、すぽっときれいに落ちた。計算通りだ。

* * *

初めての喫茶店。喫煙席のほうには人がいなかったので、そちらに行こうとしたのだが、おタバコは吸わないと応えてしまったため、禁煙はこちらですと案内された結果、別の客のいる隣の席に座ることになった。

主婦の二人がドラマの話をしている。熱心に登場人物と話の筋を長々と説明している。俳優女優の名前を上げ、設定について一つずつ細やかに説明していく。たまにこういう場面に出くわすことがある。その週のジャンプのONE PIECEについて熱心に語る男性の声が聞こえたこともある。だいたいは二人組で一人が熱を込めて語っている。

勝手に聞こえている私はなんだか勝手に恥ずかしさを感じてしまう。誰にでもアクセスできる他人が作った物語を10分とかいう時間熱意を持って説明するというのはどういうことだろうか。聞いてる方は面白くないんじゃないのかなとか。

でも、チラ見すると聞き手は自然体である。たぶん、よくあることなのだろう。だとしたら、そんなふうに時間を過ごせる関係というのは悪くないなとも思う。いや、すばらしい関係なんじゃないか。
[PR]
by taiji_nakao | 2012-10-08 22:48 | にっき