2008年 11月 12日 ( 1 )
2008年 11月 12日
問題発言発見器はいらない
兵庫県知事が「関東大震災はチャンス」と口を滑らせてしまったことについて、
(日経)新聞を読んでいたら比較的大きく載っていた。

わざわざ、他の知事のコメントまである。横浜市幹部の「阪神大震災で救援したのに」というコメントまで。近畿ブロック知事会議という席だったそうだが、その会議の内容にはほとんど触れられていない。

マスコミとは、「政治家の問題発言発見器」なのだろうか。
**

今ウェブセキュリティの本を読んでいて、そこで、「ブラックリスト」という考え方がある。
ウェブアプリケーションのセキュリティの要はユーザから受け取ったデータが、悪意を持ったものであり得る、ということにつきる。

だから、それを防止する一つ目のアプローチとして、危ない表現(悪意あるコード)のブラックリストを作って、その中に含まれるものがあればはねる、というのが「ブラックリスト」の考え方。

ただし、これでは、悪意ある人々がリストに無い抜け穴を考え出すいたちごっこになってしまうので、安全な(意図した回答)だけを許す「ホワイトリスト」の方がより安全である。
もちろん、ホワイトリストの場合は、善意のユーザの使い勝手を考えると100%安全、というわけにはいかない、などなど・・

それで、こういう発言にばかり大きく反応するメディアって、このユーザから送られたデータをフィルタリングするプログラムみたいだなーと思った。

プログラム自身が目的をわかりえない、とかいうところも・・?
**

言葉は大切だけれど、行動の方がもっと大切だ。そして、その結果。
発した言葉に「ブラックリスト」があれば、騒ぎ立てて、あわよくば「辞任」ですか、とちょっと悲しくなる。都知事も何か言ってるらしい。

そういうやりとりより、もっと伝えるべきことはたくさんあると思う。
[PR]
by taiji_nakao | 2008-11-12 23:41